芭蕉さんの俳諧道を求める旅の原点は『野ざらし紀行』 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

芭蕉さんの旅行術

芭蕉さんの俳諧道を求める旅の原点は『野ざらし紀行』

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

★平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

芭蕉さんの旅の真髄は『野ざらし紀行』にあり

伊賀上野の菅原神社天神宮

伊賀上野の菅原神社天神宮

芭蕉さんの旅としては『奥の細道』に記された東北への旅が有名ですが、芭蕉さんに旅心が生まれたのは母が亡くなった翌年の『野ざらし紀行』の旅からだと思います。
この旅は亡き母の墓参りと伊賀上野の実家にいる兄への挨拶が目的でしたが、41歳になった芭蕉さんは望郷の念にかられていたのです。
芭蕉さんは伊賀藤堂藩の藤堂新七郎家に武家奉公に出て、当主の息子で俳諧をたしなむ藤堂良忠(俳号:蝉吟せんぎん)に可愛がられて、俳諧に興味を抱くも、良忠が享年25歳で亡くなったため、新七郎家への奉公は辞退せざるを得なかったのです。
しかし、良忠の俳諧の師匠であった北村季吟にはその才能を認められて、寛文7年に北村季吟が監修した『続山井(ぞくやまのい)』という句集には「伊賀上野松尾宗房」という名前で28句もの発句を載せてもらっています。
それから5年、江戸へ出て俳諧で生きていこうという志を立てた芭蕉さんは、寛文12年、29歳になった時、伊賀上野の同好の人たちの協力を得て「貝おほひ」と題する三十番発句合わせを本にして、1冊は伊賀上野の菅原神社天神宮に奉納し、一冊は自ら携えて江戸に出たのです。

江戸で「俳諧」宗匠を目指す

そして江戸で苦労を重ねつつ、「桃青」の名前で俳諧宗匠への道を歩み始めました。
ところが、世が天和の時代になった頃、桃青こと芭蕉さんは自分の俳諧の在り方について深く考え直すようになりました。
これまでの俳諧は単なる言葉の遊戯に過ぎなかったのではないか、宗匠という立場は言葉遊びの指導に甘んじて稼ぐことだけが目的のようになってはいないかと疑問をいだくようになりました。
これではいけないと気がついた桃青は、住まいを江戸都心の小田原町から江東深川村の小さな庵に移しました。そこに一人の門弟がバショウの木を植えて、それが枝葉も茂らせたので、桃青の住まいは芭蕉庵と呼ばれるようになったのです。

「桃青」から「芭蕉」と名乗り、新しい俳諧の世界を模索

「旅人と我名よばれん」句碑

「旅人と我名よばれん」句碑

そこで、芭蕉さんも俳号を「桃青」から「芭蕉」と変えて、いわゆる天和調の俳句作りに専念するようになりました。
この頃の芭蕉さんの頭の中には、日本古来の詩歌や古典文学がいっぱいつまっており、さらに中国の唐をはじめとする古い時代の詩や「荘子」などの思想書も勉強していたので、人生のわび・さびなどの従来の言葉遊びの俳諧とは異なる俳諧の世界を模索していたのです。
すなわち、新しい俳諧の道をさぐるべく、日本の古典文学や中国の古典からいろいろ学び、自分なりの新しい世界が見えつつありましたが、まだ何かが足りない、それは何かと考えた時、自分の尊敬する宗祇西行法師、中国の李白杜甫もみんな旅に出て、旅の中で彼らの歌や詩が磨かれていったことに気がついたのです。
そこで、芭蕉さんは「旅の中でこそ自分の俳諧は一層磨かれるだろう」と郷里の亡き母の墓参りを兼ねて、伊勢、大和、吉野などを巡ってこようと決意したのでしょう。
冒頭の一文には、芭蕉さんのこの旅にかける想いが、悲壮感と気負いとともに吐露されており、それが「野ざらし」の表題となっています。
しかし、この旅の進行とともに芭蕉さんの肩の力はぬけて、芭蕉風俳諧への一大転機をもたらす契機になったことは間違いありません。
実際、次の芭蕉さんの『笈の小文』の旅では「旅人と我名よば初しぐれ」という一句から芭蕉さんの心にゆとりが感じられます。




芭蕉さんが旅の覚悟を決めた『野ざらし紀行』

「野ざらしを」の句碑

「野ざらしを」の句碑

芭蕉さんは『野ざらし紀行』の冒頭で
千里に旅立ちて、路糧(みちかて)を包まず、三更(さんこう)月下無何(むか)に入ると言ひけむ昔の人の杖にすがりて、貞享(じょうきょう)甲子(きのえね)秋八月、江上の破屋を出ずるほど、風の声そぞろ寒げなり」
と書いており、「江上の破屋」は深川の芭蕉庵ですが、「千里に旅立ちて、路糧を包まず」とは、旅に没頭し、旅に生き、旅の中で何かをつかもうと思えば、路銀や食糧などの準備はさておき、今までの人生で背負ってきたもろもろの荷物はここで全部おろし、一度、頭の中を空っぽにして旅立とうという決意です。
「野ざらしを 心に風のしむ身かな」
この句の季語は「身にしむ」秋で、芭蕉さんは今度の旅の中で、本当に自分の俳諧の真髄をつかもう、つかまなければならないと覚悟を決めたのです。
すべてを捨て去って旅に出たら、ひょっとして旅の中で何も得るものがなく、自分の詩心までがのたれ死にするかもしれない、その不安を「野ざらし」生き倒れと表現したのでしょう。
私に言わせれば、芭蕉さんの旅は今の「観光」旅行ではなく、風の心と風景を観る「観風」の旅だったのです。
現実の東海道の道中でのたれ死ぬようなことはなくても、自分の俳句の心が失われることを恐れ、風と心を感じる気持ちで旅に出たのです。

「野ざらしを」の句碑に秘められた郷里の想い

この芭蕉さんが蕉風俳諧の確立を目指して覚悟のほどを詠んだ「野ざらしを」の句碑は、私と芭蕉さんの生まれ故郷である伊賀上野の郊外にある長田山の「芭蕉の森」公園にあり、29歳のときに志を立てた「貝おほひ奉納」の碑と共に郷里の地に建っているのはとても意義深いことだと思います。
この「野ざらしを」の句碑にある俳句の文字は、石の大きさに比してとても小さく刻まれています。
石は人を動かし、人に語りかけてくれますが、それは、石が容易には動かず、形が変わらない永続する姿を持っているからです。
そんな変わらぬ石、動かぬ石に文字を刻んでその永続を願うのが石碑であれば、文字を刻む意図は石碑を立てた地元の人たちの想いの現れで、文字を小さくして刻んだのも意味があってのことだと考えます。
私はこの緑色に輝く石の句碑は、「芭蕉さんの旅の真髄は、故郷を訪れた覚悟の『野ざらし紀行』(小さな文字)が芭蕉さんの偉大な功績(文字に比して大きな石)の出発点である」と語りかけているように感じるのです。

ふるさと芭蕉の森

ふるさと芭蕉の森

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-芭蕉さんの旅行術

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.