芭蕉さんの格安旅行術~俳句という技で「西行」に出た職人 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

芭蕉さんの旅行術

芭蕉さんの格安旅行術~俳句という技で「西行」に出た職人

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

★平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

芭蕉さんの錬金術~職人として旅する

芭蕉さんはなぜ「仙台」でいい句を残さなかったのか

芭蕉さんの眠る義仲寺

芭蕉さんの眠る義仲寺

私は、芭蕉さんは俳人でありながら格安旅行の達人であると考えていますが、これは俳句を詠むという職人芸を披露しながら旅をして、旅先で俳句を愛する仲間に世話になることが上手であったということです。
すなわち、旅先で暖かく歓迎され、現地の人にお世話になれる人が旅の達人で、その有力な武器が「技」や「芸」なのです。
私は「おくの細道」のツアーを企画する際、芭蕉さんの足跡を訪ねて、旧街道の残っているところは出来るだけ歩いて芭蕉さんの気持ちになって旅してみました。
そして気がついたことは、芭蕉さんは日光街道、奥州街道、羽州街道、北国街道など、各地ですばらしい句を残していますが、不思議なことに伊達藩の仙台ではいい俳句は詠んでいません。
なぜだろうといろいろ考えてみましたが、その理由は仙台においては芭蕉さんを迎えて、句会を開いてくれる人がいなかったからだと思います。
あてにしていた人はいたかもしれませんが、あいにく留守であったのか、泊めてくれる人もいなかった様子で、やむなく高い宿に泊まらざるを得ず、長居しても相手をしてくれる門人もいなかったことから、早々に仙台を旅立ったのだと思います。
伊達藩の城下町であり、大都会であった仙台ならば、本来、ゆっくり滞在して、多くの俳句を作っていたはずです。
実際、「おくの細道」のルート上の東北各地には、芭蕉さんの思い出が数多く残されており、芭蕉さんが詠んだ句碑も多く建てられ、今日でもそのその跡を訪ねる人が絶えません。

俳句は対話というダイアログの芸術

しかし、旅人の芭蕉さんと触れ合う人がいなかった仙台では、芭蕉さんらしい句が残されていないのです。
このことは、俳句が個人の独白的なモノローグではなく、対話というダイアログの芸術であることを示唆しています。
旅する俳人は、旅先で俳句を愛する仲間に迎えられて句を詠むのですが、俳聖松尾芭蕉も門人仲間にお世話になっていい句が詠めたのです。俳句とは旅先でお世話になる御礼の挨拶でもあったのでしょう。
芭蕉さんの旅は、俳句で通じ合える仲間を見つけていく旅でもあったわけですが、仙台ではその同好の仲間を見つけることができなかったのです。
芭蕉さんは俳句を詠むという技をもって日本を巡った旅の達人なのです。
芭蕉さんは旅を住処としましたが、俳句を詠む技があれば、どこに行っても人々に迎えられ、句会をひらいては旅費を稼げたのです。
しかし、仙台では俳句という同じものを共有できる仲間を探し出すことができず、句を残せないまま立ち去ったのでしょう。
芭蕉さんにとって俳句は、旅における人と人をつなぐコミュニケーションツールであり、この俳句という技(アート)を以て旅先の人を仲間というより門人とすることができたのです。

俳句という技で「西行」に出た芭蕉さん

芭蕉さんは西行法師の跡を追って旅をしていましたが、「旅をする職人」「渡り職人」のことをかつては「西行」と呼んでいました。
職人は、親方の下で修業を積んだ後、旅まわりをして腕をみがきましたが、これを「西行」に出るといったのです。
俳句に限らず、料理人や建築士のような職人は、芭蕉さんのようなコミュニケーション術があればきっとどこに行ってもやっていけるはずです。
旅をして珍しいものや見たことのない物に出会うのは、ある意味では当然であり、不思議なことでもありません。
むしろ同じものを見つけることの方が珍しく、難しいことだと思います。ここで私が言う「同じもの」とは、自分が知っているもの、親しんでいたもののことです。
旅において異文化に触れ、見知らぬ世界に入った際、それを理解するためには、自分と同じものや共通したものを探す必要があるのです。
そして、自分の知っていることや自分と自分と共通したことなどから未知の世界が見えてくるのです。
私にとって芭蕉さんの「おくの細道」が面白いのは、芭蕉さんが俳句という自分の技を通じて、みちのくの異文化を教えてくれているからです。

令和記念プレゼント! 平成芭蕉のテーマ旅『奥の深い細道』

平成芭蕉のテーマ旅

平成芭蕉のテーマ旅

5月1日から令和の時代が始まりましたが、平成の芭蕉を自称する私は、これまでの旅行体験を活かして、令和の時代も「旅行から人生が変わる」新たなトラベルライフ「令和の旅」に挑戦します。
そこで、本ブログの訪問者であるあなたには、平成時代に私が実践してきた「旅行から人生が変わる」旅行体験を知っていただきたく、先着500名様に私の旅行記「平成芭蕉のテーマ旅『奥の深い細道』」の電子本をプレゼントさせていただきます。
ご一読いただければ、旅行を楽しむコツだけでなく、世界遺産や日本遺産等に関しても、ガイドブックには書かれていないような情報を得ることができます。この機会に下記フォームにお名前、メールアドレスをご登録の上、『奥の深い細道』をご一読下さい。
そして、この平成芭蕉の体験を共有していただき、今後は私と「令和の旅」をご一緒に楽しんでいただければ幸いです。

下記フォームにお名前、メールアドレスをご登録の上、お受け取り下さい。

名前   
メールアドレス

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-芭蕉さんの旅行術

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.