令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の旅語録

平成芭蕉の旅語録~西行法師終焉の地 桜の名所「弘川寺」

投稿日:

Pocket

松尾芭蕉が敬慕した西行法師終焉の地「弘川寺」

私が敬愛する松尾芭蕉の旅の師匠である西行は、花と月をこよなく愛した平安末期の歌人で、中でも桜に心を惹かれ、230もの桜を題材にした和歌を残しています。そして自然や心情をありのまま歌に詠み、
「願はくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月の頃」
(できれば春、桜の花の下で死にたいものだ、ちょうど釈迦が入滅した2月の満月のころが望ましい)

西行法師の遺言めいた歌碑

と遺言めいた歌を生前に残し、歌の通り1190年2月16日、河内の国の弘川寺で西方の浄土へと旅立たれました。

史跡 弘川寺境内の碑

百人一首でも知られる西行は、文武両道で美形、しかし23歳の若さで出家し、吉野で庵を結び、29歳のころに陸奥へと旅立ちます。西行は出家したものの、特定の寺院に属したり、階級を求めることはせず、各地で山里に小さな庵を作って、仏堂の修行に励みました。

静かなたたずまいの弘川寺境内

そして京都の鞍馬山や嵯峨野、東山、伊勢の二見浦、高野山や四国など、日本全国を放浪しながら、多くの歌を詠み、晩年に訪れたのが弘川寺でした。伊勢参拝記念 【三重】 | 手ぬぐいショー私は特に西行法師が伊勢神宮で詠んだと伝わる
「なにごとのおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」
という歌が印象に残っていますが、西行は、当時の座主であった空寂上人を慕って、弘川寺の裏山に庵を結び、ここを自分の死に場所と決めて73歳で最後の眠りについたのです。

弘川寺本堂

弘川寺には西行法師の墓や桜山、紅葉谷、本坊庭園などがあり、桜や紅葉の穴場スポットです。

「隅屋桜(すやざくら)」

護摩堂の横にある「隅屋桜(すやざくら)」が有名ですが、「桜山」も山桜やソメイヨシノ、八重桜、枝垂れ桜、霞桜などを見ることができる桜の名所で、本坊庭園付近は色鮮やかで美しい紅葉を見ることができる紅葉の隠れ名所でもあります。

桜の名所「桜山」

似雲(じうん)法師が発見した「西行墳」と西行の歌碑

しかし、私は参拝客の少ない午前中、ひっそりとした弘川寺を参拝し、本堂の横にある石段を登って何となくかたじけなさを感じる西行堂を訪ねてきました。

西行坐像を祀る西行堂

西行の坐像をまつる西行堂をさらに奥へと進んだ丘に、西行の墓(西行墳)がありますが、西行の墓を見つけたのは、江戸時代の僧で歌人の似雲(じうん)法師です。

西行法師の墓「西行墳」

似雲法師が西行の墳墓を発見した後に、弘川寺は西行の史跡として整備され、今日、私たちが西行ゆかりの地として訪れることができるのは、似雲法師のおかげです。

史跡 弘川寺境内の碑

西行墳のそばには、自分が死んだら桜を供えてほしいという意味の歌碑
「ほとけには 桜の花を たてまつれ 我が後の世を 人とぶらはば」
が建っていますが、西行の願い通り、歌碑のそばには似雲法師が三本桜を植えています。

西行墳そばの歌碑

西行堂は似雲法師によって建てられ、西行の墓のそばには生涯を西行の顕彰に尽くした似雲法師の墓(似雲墳)もあります。

似雲法師の墓「似雲墳」

境内にある「西行記念館」は、西行法師八百年遠忌の1989年、長くその遺徳を顕彰するために開設され、文武両道に優れ、仏の道と歌の世界に生きた西行法師の貴重な資料が数多く展示されています。

西行記念館

また、境内には69歳の西行が東国再訪の際に詠んだ歌
「年たけて 又越ゆへしと おもひきや いのちなりけり さやの中山」
の歌碑が建っていますが、さやの中山とは遠江国(静岡県)の「小夜の中山峠」のことで、徒歩で越えるには険しく、鈴鹿峠と箱根峠に並ぶ難所でした。西行は各地で感傷的な歌を残しながらも、屈強な精神で道を歩んでおり、年老いても旅を続ける西行の強さを物語っている歌です。

西行が東北再訪で詠んだ歌碑

人はどんな生き方をしていてもやがて年老いて、ひとりで死ななければならない存在です。西行法師は花や月を愛し、限りある命を深く見つめ、飾らない気持ちで孤独や哀しみ、生きることの苦しみを歌い続けましたが、この年老いても旅を続けた生き様が松尾芭蕉にも影響を与えたのだと思います。

日本の縄文文化「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産!

「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたことを記念して、私はみちのくを旅した芭蕉の研究本『松尾芭蕉の旅に学ぶ』と共に『縄文人からのメッセージ』というタイトルで縄文文化を語り、平成芭蕉の『令和の旅指南』シリーズ(Kindle電子本)として出版しました。人生100歳時代を楽しく旅するために縄文人の精神世界に触れていただければ幸いです。

また、日本人の心に灯をつける『日本遺産の教科書』、長生きして人生を楽しむための指南書『人生は旅行が9割』、感情の老化を防ぐ私の旅日記である『生まれ変わりの一人旅』とともにご一読下さい。

★平成芭蕉ブックス
 ①『人生は旅行が9割 令和の旅指南Ⅰ』: 長生きして人生を楽しむために 旅行の質が人生を決める
 『縄文人からのメッセージ 令和の旅指南Ⅱ』: 縄文人の精神世界に触れる 日本遺産と世界遺産の旅
 『松尾芭蕉の旅に学ぶ 令和の旅指南Ⅲ』:芭蕉に学ぶテーマ旅 「奥の深い細道」の旅
 ④『生まれ変わりの一人旅 令和の旅指南Ⅳ』: 感動を味わう一人旅のススメ
 ⑤『日本遺産の教科書 令和の旅指南』: 日本人の心に灯をつける 日本遺産ストーリーの旅

平成芭蕉「令和の旅指南」シリーズ

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って日本遺産を旅しています。

平成芭蕉のテーマ旅行

平成芭蕉の旅語録

平成芭蕉は「検索すればわかる情報」より「五感を揺さぶる情報」を提供します。旅とは日常から離れ、いつもと違う風、光、臭いなど五感を通じて自分を見つめ直す機会です。そしていつもと違う人に会い、いつもと違う食事をとることで、考え方や感じ方が変わります。すなわち、いい旅をすると人も変わり、生き方も変わり、人生も変わるのです。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の旅語録

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.