平成芭蕉の世界遺産~北海道・北東北の縄文遺跡群が世界文化遺産へ | 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産~北海道・北東北の縄文遺跡群が世界文化遺産へ

更新日:

Pocket

日本の縄文時代の遺跡が世界文化遺産登録へ

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

2021年夏、北海道・青森県・秋田県・岩手県に点在する17ヶ所の遺跡で構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、世界文化遺産に登録される見込みです。長期間継続した採集・漁労・狩猟による定住の開始,発展,成熟の過程及び精神文化の発達を示し,農耕以前における人類の生活の在り方と精緻で複雑な精神文化を顕著に示すものとして評価されました。

北海道から北東北にかけての地域は、全国に約9万3千か所ある縄文遺跡のうち、約5分の1が分布する「縄文遺跡の宝庫」ですが、その中で今回、世界遺産登録される17ヶ所の遺跡とその集落の変遷について所見を述べてみます。

北海道と北東北の縄文遺跡群17

まず、「大平山元遺跡」の調査から、紀元前1万3000年頃に日本で居住地の形成と土器の使用が開始されたことがわかりました。そして続く紀元前7000年から紀元前5000年になると、「垣ノ島遺跡」のように集落が形成されるも居住域と墓域が分離されていきます。

「北黄金貝塚」「田小屋野貝塚」においては、紀元前5000年から紀元前3000年にかけて、集落内に貯蔵施設や「捨て場」が設けられるようになりました。

そして紀元前3000年から紀元前2000年になると、拠点集落が生まれ、祭祀場が発達したことを「大船遺跡」「御所野遺跡」「三内丸山遺跡」が示しています。

その後、紀元前2000年から紀元前1500年には、集落は分散するも、集落間の結びつきを強化するために共同の祭祀場や墓地が形成されるようになりますが、その代表は「大湯環状列石」「伊勢堂岱(どうたい)遺跡」、そして「小牧野遺跡」です。

紀元前1500年から紀元前400年では、祭祀場と墓地が分離されていますが、この種の遺跡としては、「キウス周堤墓群」「高砂貝塚」「是川石器時代遺跡」、遮光器土偶(しゃこうきどぐう)で有名な「亀ヶ岡石器時代遺跡」があります。

1.北海道の縄文遺跡

北海道と言えば、唯一の国宝である中空土偶(ちゅうくうどぐう)が有名ですが、これは北海道旧南茅部町(現・函館市)の著保内野(ちょぼないの)遺跡で出土した土偶です。著保内野遺跡は私有地にあり、掘り出された遺物は、近くに建てられた「函館市縄文文化交流センター」に展示されています。中空土偶は名前のとおり、精巧な中空の土偶で、今から3500年前の縄文後期後半の墓から出土し、高さ41.5cm、重さ1.7kgで中空の土偶としては最大の大きさです。

函館市縄文文化交流センター

しかし、この土偶は国宝ですが、動産なので世界遺産にはならず、世界遺産の対象は、センターに隣接する「垣ノ島遺跡」などの北海道各地に散在する縄文時代の遺跡です。これら北海道の縄文遺跡の多くは、祭祀・儀礼などの高い精神文化を示す遺跡で、これらの遺跡や出土品からは、縄文人が自然に敬意を払いつつも、「神」は自分の中に存在すると考えていたことがわかります。

私は、縄文人が争いごとをしなかった一番の理由は、縄文人が「神」は人それぞれの「自分の心の中にある」と信じていて、お互いの「神」を尊重しあっていたからだと考えます。今日のように「神」が自分の外に創造されると宗教争いが起きるのです。

2.青森県の縄文遺跡

 青森県は縄文遺跡の宝庫であり、縄文時代の各時期にわたる重要な縄文遺跡が数多くあります。中でも三内丸山遺跡は我が国を代表する縄文遺跡であり、縄文時代における集落の全体像や変遷、社会構造、自然環境や精神性などの縄文文化を知る上で極めて重要な遺跡です。

縄文時代は平等社会と言われていますが、私は三内丸山遺跡を訪ねた際、長期間の定住生活を物語る数多くの土坑墓と約20基の環状配石墓を見て、縄文人にも階級があったのではないかと思いました。なぜなら、環状配石墓は土坑墓に比べて石を配置するなどの手間もかかるため、環状配石墓にはそれなりの人が埋葬されたと考えられるからです。

三内丸山遺跡の土坑墓

三内丸山遺跡の土坑墓

しかし、縄文時代の階級の差は、弥生時代以降のそれとは異なります。縄文時代には組織的な戦争は起こっておらず、また強い権力者を求めていた様子もないからです。私が考える縄文社会の階層化の根拠は、出土している祭祀に使われたであろう土偶の存在にあります。 

これらの非実用的工芸の発達は、環状配石墓に埋葬されるような祭祀主宰者がいたことを示唆します。すなわち、縄文社会には自然界との儀礼的関係を司る神職のような階層が存在したと推察されますが、それは単純な権力社会ではなかったはずです。

大型掘建柱で知られる三内丸山遺跡

「三内丸山遺跡」は青森県青森市に所在し、沖館川沿岸の標高約20メートルの海岸段丘上に立地しています。縄文時代前期から中期にかけて、長期間にわたり定住生活が営まれた、東京ドーム9個分にあたる大規模な集落跡です。集落には、竪穴建物、掘立柱建物、列状に並んだ土坑墓、貯蔵穴、道路、大型建物などが計画的に配置されています。

遺跡からはヒョウタンやゴボウなど栽培植物の種子が見つかっていますが、出土したクリをDNA鑑定した結果、クリも栽培・管理されていた可能性が高いことが分かっています。さらに、糸魚川産のヒスイや岩手産のコハク、北海道、佐渡、信州産の黒曜石、秋田産のアスファルトなど、広範囲の交流や交易を示す遺物も出土しています。

中でも、クリの巨木を使った大型掘立柱建物跡や東西に420m以上も延びる大規模な墓地は他に例を見ないものです。大型掘立柱建物跡は、柱穴が4.2m間隔で3ヶ所、これが2列ありましたが、この建物には35cmを基準とする「縄文尺」が用いられています。

日本を代表する縄文遺跡「三内丸山遺跡」

3.岩手県の縄文遺跡

岩手県内の世界遺産に指定される縄文遺跡は、一戸町の御所野遺跡だけですが、この遺跡では焼けた建物跡の調査が行われました。これまで縄文時代の竪穴住居建物は、茅葺き屋根で復元されていましたが、御所野遺跡においては、茅が確認できず、焼けた木材の上に焼けた土が載っている状態で見つかったため、屋根に土が載っていたことがわかったのです。

屋根を土で覆った御所野遺跡の竪穴式住居

そこで、平成11年10月、復元した土屋根の建物を実際に燃やすという焼失実験を行い、実験後の燃えた竪穴建物跡は、その後の風化状況を確認するため、そのまま現地に保存されています。この実験からは、竪穴住居の出入り口は天窓にあったのではないかと推察されています。

そして、現在ではこれらの実験や調査をふまえて復元された建物が公開されていますが、その竪穴住居は、それぞれの建物が発掘された場所に盛り土をし、竪穴の大きさや柱の位置、太さも発掘された建物跡にもとづいて建てられています。

また、復元した後も屋根の土をたたいて締めたり、炉に火を入れたりするメンテナンス作業が行われています。世界遺産登録を契機にさらなる調査が実施され、ますます本来の縄文時代の姿に近づいていくと思われます。

縄文人が生活の糧を得るために、手を加えた環境を「縄文里山」とすれば、この御所野遺跡では、調査で明らかになった縄文人の活動を体験しながら、縄文人の生活と当時の環境を復元するという、現代人による「縄文里山づくり」が行われています。

4.秋田県の遺跡

ストーンサークルと言えば、イギリスの世界遺産「ストーンヘンジ」が有名ですが、日本にも立派なストーンサークルが存在していたのです。それは、秋田県の大湯環状列石伊勢堂岱(どうたい)遺跡の環状列石です。

特に鹿角(かずの)市十和田大湯にある、大湯環状列石は縄文時代後期に作られた日本最大級のストーンサークルで、野中堂環状列石万座環状列石を主体とする配石遺構です。環状列石には遺跡から東に約7キロメートル離れた安久谷川から運ばれた石が使われており、完成までには多くの人力と年月がかかったと思われます。

大湯環状列石のストーンサークル

大湯環状列石は近年パワースポットとして人気を集めていますが、この近くには標高280mの黒又山(クロマンタ)という古くから信仰を集める三角形の山があり、環状列石と黒又山を結んだラインは、大地のエネルギーが流れる場所だとも言われています。

なお、この黒又山は人工的に作られたピラミッドという噂もあり、実際、石で造られた階段状の遺構や頂上付近に空洞なども発見されており、山に人の手で装飾を加えていた形跡があるのです。また、黒又山山頂にある本宮神社では、大湯環状列石と同じ石が使われており、この山と環状列石の関係が強く示唆されています。興味深いことに、大湯環状列石から見ると確かにピラミッドのようなシルエットが確認できるのです。

祝!日本の縄文文化「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産登録

「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されることを記念して、私はみちのくを旅した芭蕉の研究本『松尾芭蕉の旅に学ぶ』と共に『縄文人からのメッセージ』というタイトルで縄文文化を語り、平成芭蕉の『令和の旅指南』シリーズ(Kindle電子本)として出版しました。人生100歳時代を楽しく旅するために縄文人の精神世界に触れていただければ幸いです。日本人の心に灯をつける『日本遺産の教科書』、長生きして人生を楽しむための指南書『人生は旅行が9割』とともにご一読下さい。

★平成芭蕉ブックス
 ①『日本遺産の教科書 令和の旅指南』: 日本人の心に灯をつける 日本遺産ストーリーの旅
 ②『人生は旅行が9割 令和の旅指南Ⅰ』: 長生きして人生を楽しむために 旅行の質が人生を決める
 『縄文人からのメッセージ 令和の旅指南Ⅱ』: 縄文人の精神世界に触れる 日本遺産と世界遺産の旅 
 ④『松尾芭蕉の旅に学ぶ 令和の旅指南Ⅲ』:芭蕉に学ぶテーマ旅 「奥の深い細道」の旅 

平成芭蕉「令和の旅指南」シリーズ

参考記事:世界遺産の旅における「へー、そうだったの」

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.