アフリカ「野生の王国」でのサファリ体験 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の旅語録

アフリカ「野生の王国」でのサファリ体験

更新日:

Pocket

アフリカの「野生の王国」での体験

セレンゲティ国立公園でのサファリ体験

私は動物が大好きで、以前は毎年アフリカのマサイマラセレンゲティ国立公園ンゴロンゴロ自然保護区に行き、心の洗濯をしていましたが、今も当時の動画を見ながら気分転換をはかっています。

特に「セレンゲティ国立公園」では、アフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ山の裾野に広がる広大なサバンナでサファリを満喫することができ、地平線に動物の群れを眺めながら夕陽鑑賞というぜいたくな時間を過ごすこともできます。

この国立公園では東アフリカに生息するほとんどの動物を観ることができ、数多くの草食動物とそれを追う肉食獣など、60種類以上の哺乳動物が暮らす文字通り「野生の王国」です。

ヌーの群れと自然界での生と死のドラマ

ちょうど今頃に訪れると、セレンゲティからマサイマラへ新鮮な牧草を求めて大移動するヌーの群れを見ることができますが、ヌーはウシカモシカとも呼ばれ、大きな群れを作り、ライオンなどの肉食動物だけでなく、川を渡る際にはワニのエサにもなります。

そして危険な川渡りでは、絶対絶命のヌーを川の支配者カバがワニの攻撃から守ったりする感動的なシーンを目撃することもあれば、川を無事に渡り終えたヌーがライオンに襲われる刺激的なシーンを観ることもできます。

すなわち、ここでは自然界での生と死のドラマが観察でき、集団から離れて行動すると襲われ易いことや、肉食獣は生きるためのハンティングはしても無駄な殺生はしていないことなど、多くの学びがあります。

アフリカの自然から学ぶ

また、数日滞在すると曜日だけでなく、時間の感覚も失われ、日の出とともに活動を開始して、日没で1日が終わるという自然環境に順応していきます。実際、この地に暮らすマサイ族の暦は深夜0時ではなく、日没で日にちが変わります。

日本での日常生活では、生きているという感覚やときめきを感ずる機会は少ないですが、この大自然の中に身を置くと、老後の心配や商売のことなどは忘れて、人間も自然界に生きる動物であることが分かってきます。

そして、生命体は太陽からエネルギーを得ているという感覚や、水分と塩分補給の重要性も動物が教えてくれます。

また、私は象を怒らせて追いかけられた経験があるので良くわかるのですが、不思議なことに、よからぬことを考えて不意に近づいたりすると彼らには伝わります。

百獣の王はライオンですが、怒らせるとこわいのはやはり地上最大の象で、彼らこそ生態系の中心にいることもよくわかりました。

都会の生活に疲れて、いろいろな悩みをかかえている方にはアフリカの国立公園がお勧めです。

自然に対して謙虚になれると同時に価値観も変わり、感謝の気持ちと新しいマインドセットが生まれます

★平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.