関西の新名所「宝塚北SA」と手塚治虫 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

関西の新名所「宝塚北SA」と手塚治虫

更新日:

Pocket


世界遺産ランキング

宝塚北SAの手塚治虫特設コーナーで知る手塚作品の魅力

「宝塚北サービスエリア」の手塚治虫特設コーナー

先日、今話題の兵庫県宝塚市にある新名神高速道路の「宝塚北サービスエリア」に行ってきました。
この施設は宝塚市の「花のみち」周辺の南欧風景観をイメージした建物とパティオ、そしてお洒落なお店に加えて宝塚ならではの宝塚歌劇OGによるイベントが定期的に行われていることが特徴です。
また、メイントイレは高級会員制ゴルフ倶楽部のロッカールームを思わせるほど素晴らしく、ぜひとも利用してみて下さい。
しかし、私にとって最も興味深かったのは、宝塚が生んだ偉大な漫画家、手塚治虫の特設コーナーがあって、サファイア姫(王子)像や鉄腕アトムのトピアリーが設置されていることです。
私は、子供の頃から手塚作品および手塚治虫という漫画家に関心があって、多くの作品を読んでは、宝塚の手塚治虫記念館にも足を運びました。
このサービスエリアにはその手塚治虫のキャラクターグッズも販売されており、私はブラックジャックの名言が書かれたトイレットペーパーを買ってしまいました。

手塚治虫作品の魅力

そこで改めて感じるのは、手塚治虫の作品の魅力のひとつは『ブラックジャック』の「生か死か」と言ったパラドックスです。
例えば、他の代表作品も
『鉄腕アトム』 人間かロボット
(人間の心をもつアトム)
『ジャングル大帝』 人間か動物か
(人間の言葉を話すレオ)
『りぼんの騎士』 男性か女性か
(王子として振る舞うサファイア姫)
のように相反する問いかけがテーマです。
手塚治虫はこのような作品はレコードを聴きながら描いていたと言われ、私もそのまねをして「ながら勉強」してきましたが、曲が終わるまでに区切りをつけないといけないという気持ちから、集中力を鍛えるには良い方法でした。
しかし、天才漫画家手塚治虫の偉大さは、創造力や記憶力もさることながら、失敗しても他人の責任にしないで、自らの意思を貫き、自ら責任を取るという姿勢です。

「虫プロダクション」と手塚治虫

『鉄腕アトム』のアニメーション映画を世に出した、漫画の虫による「虫プロダクション」が倒産した際も、手塚治虫はすべての赤字を自ら負担して責任を取りました。
しかし、その倒産に至る2年前の6月、会社の方針を決める社員総会で「初心に基づく作家集団として進むか、利益追求を求めるか」といった会社の方針決議の結果、大多数の社員が利益追求を主張したため、これに失望した手塚治虫はこの時点で経営意欲を失ったのではないかと思います。
なぜなら、彼は漫画界で初めて徒弟制度的な独自のアシスタント制度を取り入れて作家集団を意識していたからです。
しかもそのアシスタントには赤塚不二夫、石ノ森章太郎、横山光輝、藤子不二雄など豪華な顔ぶれでした。

「漫画の神様」手塚治虫の偉業

しかし、虫には「無死」の意味もこめられており、虫プロ倒産後も不死鳥のごとく甦り、死ぬ直前まで漫画を描き続け、「漫画の神」として活躍されました。
もし、手塚治虫がいなければ、今日の漫画文化やアニメ文化は存在しなかったと思います。
漫画の神様であると同時に日本初の連続TVアニメ『鉄腕アトム』の創始者、日本初のカラーTVアニメ『ジャングル大帝』の作者でもあります。
今日は偶然、その手塚治虫作品の初版本を入手できて、新婚当時のときめきを覚えました。
しかし、人生においてはパートナーも重要ですが、漫画と結婚された手塚先生のように、成功の秘訣は「すべては自分の責任」と考えて生きることだと思います。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】


世界遺産ランキング

旅を楽しみ旅で学ぶ「平成芭蕉倶楽部」通信のご案内

いよいよ「平成」も残すところわずか数か月となりました。
そこで、旅を楽しみ旅で学ぶ「平成芭蕉倶楽部」では、このブログでは語れない「人生100歳時代」を楽しく生きる「芭蕉さんの旅行術」のノウハウ平成期間限定無料公開します。
この機会に平成芭蕉倶楽部通信にご登録下さい! 登録は無料です。
ご登録いただきますと、私が実践している「芭蕉さんの旅行術」「旅で元気を回復する方法」など、有益な資料を平成芭蕉倶楽部通信で配信します。
先着500名様には平成芭蕉ことシャーロッキアン黒田尚嗣「シャーロックホームズに学ぶ 旅を楽しむ旅行術」をプレゼントします。

ご希望の方は今すぐ下記よりお申込み下さい。

お申込みはこちら

 

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。