平成芭蕉の心の旅 「写真」~記念となる貴重な1枚の撮り方 | 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の旅語録

平成芭蕉の心の旅 「写真」~記念となる貴重な1枚の撮り方

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って「共感」する旅をしています(サイトマップ参照)

平成芭蕉のテーマ旅行

平成芭蕉の旅語録

旅先での想い出となる写真

旅行に写真撮影はつきものです。しかし、旅先での自分自身の記念撮影は、通常はプロではなく、家族や友人に撮ってもらいます。しかし、アマチュアが撮ると、その写真は目をつむっていたりしてがっかりすることがよくあります。

そこで、私は先日、写真の先生から写真撮影のコツとかポーズの取り方を教わりましたので、ここでご紹介したいと思います。

今はデジタルカメラが主流で、昔のフィルム写真のように残りの枚数を気にすることがないので、ぜひともこのコツを試してみましょう。やはり、旅の想い出に素敵な写真が必要不可欠だと思いました。

セビージャでの記念写真

セビージャでの記念写真

私はこれまで風景写真の撮影が中心で、人物を撮る奥深さを知りませんでした。そこで、私が教わった写真写りが良くなるコツをお伝えします。自然な感じの素敵な 写真が撮れるかどうか、 ぜひこのコツを試してください。

素敵な1枚を残す! 写真写りが良くなるコツ

1.カメラに向かって 必ず斜めに立つ
その方が写真に動きがでて、 体型もほっそりと見えます。そして少し上のアングルから、 顔は斜めに向いた状態で 撮ってもらうのが 間違いのない角度です。そして、前方の肩は少し下げて、 首は長く伸ばします。

2.写真を撮る前に、 唇を上下に何度か軽く合わせて血行を良くする
唇の血行を良くすることで、 唇がより大きく、唇の色もよくなります。

3.顔の表情を良くする
女性は、少し上を向いて眉を わずかに上げると、目が大きく写ります。
男性は、少しだけ顎を突き出すと、 表情が力強くなり、 二重あごの防止にもなります。
また、女性、男性を問わず、頬を軽くつまんで赤味を出すと、表情はよくなります。

4.目をつぶらないためには、 タイミングが大切
写真を撮る人に3つ数えてもらい、2で瞬きをすると、 3で目を開けた時には キラキラと大きな目になっています。

5.写真を撮る場所に気を配る
自然光や光が十分に当たる場所や背景を選びます。写真を撮る場所は やはり光を意識して積極的に探してください。

6.下の アングルから撮ることは厳禁
自分より下のアングルから撮ると全体的に太って写ります。

7.リラックスして写真撮影を楽しむ
写真を撮られるのが 嫌だと思っていると、その感情がしっかり写真に現れます!写真用にかしこまった顔をせず、リラックスして自然な笑顔、何かを見ている顔、 楽しんでいる顔が最高の写真になります!

8.写真は1枚だけではなく 何枚か撮ってもらう
縦横、何枚か撮ってもらうと「平均の法則」が働いて、 1枚は必ず、素敵な写真になっているはずです。

記念の1枚を大切に保管する

旅を終えた後の写真整理はすみやかに行いましょう。そして、気に入った写真を見つけて保存し、忘れないうちに撮影場所、撮影日も記録に残します。どうしても気に入った写真がなければ、フォトショップのような画像ソフトで 修正して保存します。

いつの日か、昔の写真を眺めて「なかなか素敵に映っている!どうして当時は気に入らなかったのか」と思うはずです。これは世の中の 誰にでも当てはまる真理です。

自分の写真があまり気に入らなくても、旅先での写真はやはり大切な思い出になります。 そして年が経つと共に、当時に戻れたら、と懐かしい思いと共に写真で「心の旅」ができるのです!だからこそ旅に出たら大いに写真を撮って楽しみましょう。 写真はその時のことを 思い出させてくれる貴重なものです。

ワシントンでの20代記念写真

ワシントンでの20代記念写真

人生や時間を思い出深いものにしてください。平成芭蕉も今後は風景だけでなく、私を含む人物写真に挑戦します。人生という旅は天からの贈り物です。写真はその大切な意味を教えてくれる気がします。

★関連記事:平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.