日本人の心の故里、中山道の追分と宿場町 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

日本人の心の故里、中山道の追分と宿場町

更新日:

Pocket

平成芭蕉の旅語録「中山道と宿場町」

街道講師と共に旧街道を歩く旅

私の今の主要な仕事の一つに旧街道を歩いて案内する街道講師の育成事業があります。

慶長5(1600)年の関ケ原の戦いの後、天下を握った徳川家康が、まず手掛けた事業は街道の整備でした。

すなわち、翌年の慶長6(1601)年には、東海道53次を定め、同7年には中山道、引き続いて奥州道中、甲州道中、日光道中の5街道を幕府の直轄地としましたが、

この5街道や脇街道を中心とした旧街道を道中案内しながら、忠実に先頭を歩くのが街道講師の役目です。

よって、ツアー催行前に、案内していただく先生と共に、教育委員会が編纂した「歴史の道調査報告書」、江戸時代の「分間延絵図」と現代の「2万5千分の1地図」、さらには当時の宿場町のことを記した「宿村大概帳」などを参考にしながら、実際に旧街道を歩いて下見調査をするのが私の仕事です。

最近ではスマホで検索しながら、旧東海道を歩く人が増えていますが、中山道や脇街道ともなれば、スマホの情報だけでは不正確で、「歴史の道調査報告書」や「岐蘇路安見絵図」をもとに、山や川の位置から当時の街道を推測し、地元の人への聞き込み調査も必要となります。

中山道の追分と宿場町

私は数ある街道の中でも中山道が大好きで、暑い日には陣中見舞いを兼ね、お客様を案内されている講師の先生を励ますという名目で、軽井沢の先にある追分宿や木曽路の贄川(にえかわ)宿等で待機し、お客様や先生に冷たい麦茶やスイカを提供していました。

追分とは宿場町の名前でもありますが、信越本線の信濃追分駅に近い「分去(わかさ)れ追分」は地名ではなく場所としての追分で、中山道と北國街道との分岐点です。

実は中山道は江戸時代に初めて制定された街道ではなく、その前身を「東山道」と呼ぶ古代から西国と東国を結ぶ重要な官道で、追分に立つ「道しるべ石」には「さらしなは右、みよしのは左にて、月と花とを追分の宿」と有名な歌が彫られています。

このような「道しるべ」がある追分では道を間違えることはありませんが、旧街道を歩いていると、追分以外に標識のない分岐点が現れ、下見をしていても迷うことが多々あります。

すなわち、人生の選択のような気分で先生には決断が求められるのです。

このときに大切なことは、過去の経験に基づく直感で「旧街道のにおい」を感じた方を選べるかどうかがポイントです。

旧街道には旅人の無事を祈った道祖神や一里塚古い宿駅の面影が残されており、道幅や微妙なカーブから「旧街道のにおい」があるのです。

講師同行の街道歩き旅で「旅行+知恵=人生のときめき」を体感

中山道を歩くツアーは、東京の日本橋から京都の三条大橋まで毎月約12㎞ずつ歩いて3年近くかかります。

その間、先生は先頭を歩きながら、分岐点では選択と決断を迫られるので、街道講師の仕事はまさしく人生そのものです。

しかし、この講師の解説があってこそ街道歩きもより楽しくなり、「旅行+知恵=人生のときめき」が体感できるのです。by【平成芭蕉

 

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.