オーストラリアの世界遺産 ウルル=カタ・ジュタ国立公園 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

オーストラリアの世界遺産 ウルル=カタ・ジュタ国立公園

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

ウルルはオーストラリア先住民にとっての神聖な場所で、ウルル=カタ・ジュタ国立公園内には36個の赤い奇岩が連なっていますが、表面に出ている岩はごく一部と言われています。
有名なウルル(エアーズロック)はノーザンテリトリーの乾燥地帯「レッドセンター」の中心にある大きな一枚岩です。




オーストラリアの世界遺産 ウルル=カタ・ジュタ国立公園

アボリジニの聖地「地球のヘソ」の異名を持つ巨岩エアーズ・ロック

アボリジニの聖地ウルル

アボリジニの聖地ウルル

日本標準時の基準となっている東経135度と北緯35度の経緯線が交差する地点は、「日本の中心地点(へそ)」として兵庫県西脇市が観光の目玉にしています。
私は今回、その「日本のへそ公園」を訪ね、「日本のへそ」がここだとして、「世界のへそ」はどこかと思いを馳せれば、片山恭一氏の「世界の中心で、愛をさけぶ」というベストセラー小説を思い出しました。
“アキ”なる登場人物がオーストラリアの原住民アボリジニの世界観に惹かれ、彼らの神聖なる場所「ウルル(地球のヘソ)」に憧れていたという設定でした。そこで今回は「日本のヘソ」に対して「地球のヘソ」と呼ばれるウルル(エアーズ・ロック)で有名なオーストラリアのウルル=カタ・ジュタ国立公園をご紹介します。
共に先住民族アボリジニの聖地であり、ウルルは西オーストラリア州にあるマウント・オーガスタに次いで世界で2番目に大きな単一の岩で、「世界の中心」という意味あいで「地球のヘソ」と呼ばれています。
私が初めてこの地を訪れた時は、その迫力に圧倒され、世界には自分のスケールでは測ることのできない存在があることに衝撃を受けました。
その頃、ウルルはまだ「エアーズロック」と呼ばれていました。この巨大な岩を発見したイギリスの探検家が、当時の植民地総督ヘンリー・エアーズの名をとって命名していたからです。
しかし、実際には先住民のアボリジニが住んでおり、彼らにとってはこのオーストラリアの大地そのものが神聖な存在で、そこに命を宿す岩、土、動物、植物など、すべてがそれぞれの起源と役割があり、文字を持たないアボリジニは歌や絵、儀式を通じてそれらの物語を受け継いでいるのです。
そのため、エアーズロックは世紀の発見などではなく、オーストラリア政府はアボリジニの権利を認め、彼らの主権を尊重し、エアーズロックから彼らの呼称である「ウルル」と改めたのです。

カタ・ジュタとアボリジニの世界観

形成する砂岩は鉄分を多く含んでおり、外観は赤色を呈していますが、日の出から日没までの太陽の当たり方でその色が変化する様は、まるで生き物をみているようで、私は宮崎駿監督の映画「風の谷のナウシカ」に登場した「王蟲」を思い出すのです。
一方のカタ・ジュタは「多くの頭」という意味があり、通称オルガズThe Olgasと呼ばれる36の巨石群(礫岩)からなります。こちらは一枚岩のウルルと異なり、重なり合う岩のコントラストが美しく、空気が乾燥しているだけに朝焼けや夕焼けは見事です。
“アキ”が関心を抱いたアボリジニの世界観は、このような乾燥した砂漠地帯で生き抜くために生まれた彼らの知恵ではないでしょうか。すなわち、食べ物を取り尽くさない、限りある食料を分けて助け合う集団規範などは、この厳しい環境で生きる上で必要な社会システムかと思います。
人が土地を所有するのではなく、土地に人が属している。したがって地上に生きる生命は全て一体のものであり、大自然や土地、動物などあらゆるものに精神が宿る」というアボリジニの世界観は、古代の日本の森羅万象に神の発現を認める考えに似ているように感じました。
「大地に生まれて、大地に戻る」という生命の営みを見守り続けて来たこの地に対しては、単なる聖地という理由からではなく、このウルル=カタ・ジュタのスピリットに対して敬意と感謝の気持ちから訪れたいものです。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.