バオバブが群生する不思議な島「マダガスカル」 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

バオバブが群生する不思議な島「マダガスカル」

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

映画アニメ「マダガスカル」で有名になった島

固有種の多い自然遺産マダガスカル

私は訪れる土地の歴史にも関心がありますが、幼少の頃は山の中に住んでいたこともあり、夏になると旧街道に沿った森や山を探索して自然界に生きる動植物の観察もします。
そしてこの自然界の生命体の観察に最もふさわしい場所こそ、マダガスカルだと信じており、数年前はしばしばマダガスカルを訪ねていました。
マダガスカルは映画アニメで有名になりましたが、アフリカではなくモザンビーク海峡をはさんだインド洋上に浮かぶ島国で、どちらかと言えばアジアに近く、実際、彼らの主食は日本人と同じ米です。
そしてモザンビーク海峡に沈む美しい夕陽はマダガスカルに訪れた人の楽しみの一つでもあります。
そのマダガスカル島は日本の約1.6倍で、グリーンランド、ニューギニア、カリマンタンに次ぐ世界で4番目に大きい島で、1億年以上も昔にアフリカ大陸と分離したと考えられ、島に棲息する動植物の3分の2が固有種です。

有名な「星の王子さま」に登場するバオバブ

植物ではサン・テグジュペリの「星の王子さま」に登場するバオバブ、動物では横っ飛びが特徴的なシファカキツネザルが有名です。
そのバオバブは植物分類学上では「木」ではなく「草」ですが、樹齢は500年以上と言われ、死者の魂が戻る場所と考えられているためか生命力を感じます。
私はマダガスカルを訪れた際には、「モロンダバのバオバブ並木」はもちろんですが、「ベレンティの森」にも宿泊し、ベローシファカの横っ跳びやワオキツネザルの動きをじっくりと観察していました。

 

マダガスカルの魅力は元気な子供たち

しかし、一番の目的は動植物もさることながら、現地で元気な子供達の笑顔に出会うことでした。
そもそも当時、私が同行したツアーは「世界の笑顔に出会う旅」という名称で、ツアー中、アウトリガーカヌーに乗ってベタニア漁村という小さな村で出会ったベズ族の子供達の表情は忘れられません。
マダガスカルのような日本から遠い国の手配が面倒なツアーは、最近は敬遠されつつあるのかもしれませんが、現地には日本人を温かく迎えてくれる強力な助っ人がいるので、私はもっと現地を深く知るマニアチックなツアーを企画すべきだと思っています。
いつも周囲の批判を浴びながらも特殊なツアーを実践してきた私ですが、現状、なかなか後継者が現れないのがつらいところです。
しかし、批判を恐れず、私のようにチャレンジングなツアーを企画したいという新人が現れることを信じて、旅を続けたいと思います。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

新元号「令和」発表記念プレゼント「平成芭蕉の格安旅行術」

4月1日に新元号「令和」が発表され、いよいよ「平成」も残すところわずかとなりました。
そこで、残された平成期間中、私、平成芭蕉が「セカンドライフを楽しむ講座」で利用した「平成芭蕉のセカンドライフ講座~テーマのある旅を~」のテキストを本ブログの読者に無料プレゼントします。

このテキストは定年退職された年金生活者にも旅行を楽しんでいただくために解説した「平成芭蕉の格安旅行術」入門編でもあります。

日本人の将来における関心事は、統計的に①健康②お金③旅行です。

経済的には年金以外の収入でお金を得ることですが、最終目標は、そのお金で健康を維持しながら旅行に出ることがセカンドライフの理想的な姿です。

本ブログ「芭蕉さんの旅講座」から、セカンドライフの「理想的な姿」に関心をもたれたあなたは、是非とも人生100歳時代を元気で楽しく生きる

「平成芭蕉の格安旅行術~セカンドライフを旅で楽しむ」術を身につけて下さい。

セカンドライフで旅を楽しむ平成芭蕉

ご希望の方は必ず平成期間中に下記より「平成芭蕉のセカンドライフ講座~テーマのある旅を」をお受け取り下さい。

平成芭蕉と共にセカンドライフを旅で大いに楽しみましょう!

ご希望の方は今すぐ下記よりお申込み下さい。

お申込みはこちら

 

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。