旅の健康”五浴” | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

旅の健康”五浴”

更新日:

Pocket

リラクゼーションの旅

健康のための"五浴"

旅に出る目的のひとつに気分転換や療養があります。

すなわち、旅は心身の健康にも効果的で、私はかねてより、旅の「健康五浴」を提唱しています。

それは「観たい」、「食べたい」等の欲望の“欲”ではなく、次の5つの“浴”です。1.

  • 日光浴
  • 森林浴
  • 温泉浴
  • 海水浴(潮風浴)
  • イオン浴 

    日光浴は新陳代謝を促進する太陽光線を浴びるのですが、できれば午前中が理想です。森林浴は新鮮な酸素と森のフィトンを吸収してリラクゼーションを得ることができます。

    温泉浴はもちろん地球のエネルギーを体内に吸収する日本人好みの温泉療養です。

    海水浴は大磯や伊勢の二見が皇室の療養地であったことから分かるように、人の体液に近い海水や潮風から塩分を吸収することです。
    熱中症予防には水分だけでなく塩分も必要です。

    イオン浴は今日のように電化製品に囲まれ携帯電話やスマホを使う環境では体もプラスに帯電し、体調を崩しがちです。これを滝やせせらぎの水しぶきから出るマイナスイオンで中和するのがイオン浴です。
    もちろん靴をぬいで裸足で地面に触れてもかまいません。

    以上、5つの“浴”は昔の旅では意識せずとも行われていました。

"五浴"を実践する旅

私は三重の出身ですので、

伊勢神宮の早朝参拝にて日の出と共に日光浴と森林浴、
大正天皇が療養された誉れなる二見浦で海水浴(潮風浴)
清少納言が枕草子で称えた「お伊勢さん湯ごりの地」榊原で温泉浴
そしてマイナスイオンが豊富な赤目四十八滝でイオン浴

を楽しむコースを平成芭蕉「五浴の旅」として実践してきました。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.