「花」をテーマとした旅~西行が詠んだ「桜」と道真の「梅」 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉のテーマ旅行

「花」をテーマとした旅~西行が詠んだ「桜」と道真の「梅」

更新日:

Pocket

日本を代表する花は「桜」と「菊」

人を旅へと誘う「桜」~桜と言えば吉野山

今年は改元の年ですが、日本を代表する花と言えば、やはり皇室の紋章にある「菊」と日本の木とされる「桜」でしょう。

特に桜は最も多くの人を旅へと誘い出す力を持ち、私は幼い頃に住んでいた所が三重県名張市桜ケ丘という桜の名所でしたので、今でも開花情報の花だよりが聞かれる頃になると気もそぞろ、どこへ花見に行こうかとあれこれ悩みながら時を過ごします。

桜の花は人の心をとらえ、人を動かし、旅の世界へといざなってくれるのです。

西行法師も桜に心を動かされて旅をした一人で、彼の『山家集』には桜の歌が多く収められおり、

吉野山 こずゑの花を見し日より 心は身にもそはずなりにき   西行

と吉野山を桜の名所として詠っています。

吉野は桜を代表する地名で、桜と言えば吉野、吉野と言えば桜、春になれば吉野が人気の旅先になったのは、桜が旅心を誘うからでしょう。

実際、百人一首でも桜なら吉野紅葉なら竜田川と『古今和歌集』以来の定番となっています。

万葉時代には「梅」~梅と言えば太宰府天満宮の「飛梅」

一方、『万葉集』では遣唐使たちが持ち帰ったとされる「梅」が多く詠まれており、天平時代には太宰府の帥(そち)であった大伴旅人が、梅花をめでる宴を催し、そのときに詠まれた「梅花の歌32首」は有名です。

わが園に 梅の花散るひさかたの 天より雪の流れ来るかも  大伴旅人

など、梅の花も咲き方、散り方、雪への見立て(白梅)、恋する人への想いなどを連想させ、太宰府の大伴旅人邸に集まった人々は、宴に誘われたというよりも、梅の花に心を動かされて足を運んだのだと思います。

太宰府と言えば、受験シーズンにはやはり天満宮に参拝し、

こちふかば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ  菅原道真

と詠んだ「学問の神様」菅原道真公に合格祈願をするのですが、これは有名な「飛梅」を鑑賞する「花」の旅でもあるのです。

<具体的な旅先>

吉野山…吉野の桜はシロヤマザクラで本来は「花見」のためではなく、山岳宗教と密接に結びついた「信仰の桜」として大切に保護されてきました。

太宰府天満宮…約200種、6,000本あまりの白梅・紅梅が咲き、ご神木の「飛梅」は早咲きの白梅で、毎年、境内で一番に開花します。

★平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉のテーマ旅行

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.