遠藤周作『沈黙』の舞台「外海から五島列島」 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

遠藤周作『沈黙』の舞台「外海から五島列島」

更新日:

Pocket

人気ブログランキングへ

祝世界文化遺産登録「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

2018年7月6日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録が決定しました。

私は、2012年4月から毎月、夕刊フジに「世界遺産旅行講座」を連載し、また、クラブツーリズムの旅の文化カレッジでも世界遺産や日本遺産の講座を行っています。

そこで、近々、今回登録された長崎のキリシタン関連遺産についても話題にする予定です。

しかし、私は検索すればすぐに得られるような情報は、あえて私が語る必要はないと考えています。

すなわち、私の情報は、これまで実際に私が現地を視察して感じたことや、現地をよく知る人から直接聞いた話を私の言葉で述べる、という形で提供してきました。

遠藤周作『沈黙』の舞台「外海」                                           

外海の出津教会

そこで、今回も世界遺産登録されて現地の受け入れ環境がどのように変化するかについても調査すべく、来る7月13日から長崎の外海と五島列島のキリシタン関連遺産を巡るツアーに同行します。

外海は昨年、公開された遠藤周作の映画『沈黙』の舞台になったところで、この地には信仰が自由になってからも潜伏時代からの信仰を守り続ける「かくれキリシタン」がいます。

昨年、私が現地でお世話になった外海観光ボランティアガイドの松川隆治会長は、黒崎地区のかくれキリシタンで、外海に伝わる伝説を分かり易く解説してくれました。

200年以上におよぶ禁教時代を通じ、神父のいない状況で数千人との言われるキリシタンが信仰を守り得た力の源の一つは、

「七代あとにはコンヘソーロ(神父)が船でやってくる」

という伝道師バスチャンの予言にあったそうです。

そして、予言から約七代を数える頃、大浦天主堂で信徒発見、外海の出津にもプチジャン神父がやってきたのです。

豊かな自然と信仰が生きるキリシタンの里「五島」

また、外海から五島に渡ったキリシタンについては、五島列島の五島家第35代五島典昭当主が、当時の大村藩との関係を踏まえて興味深い話を聞かせてくれました。

1797年に五島藩から大村藩に開拓移民の正式要請があり、第1回目の移民として外海から農民108人が五島へわたりましたが、その理由は貧しさから逃れたいという希望的な理由だけではなかったそうです。

当時、大村藩では間引きを強制しており、キリシタンたちはそのような罪を犯したくないという理由もあったと言われています。

「五島へ五島へと 皆行きたがる 五島はやさしや土地までも」

と歌われたほど、当時の外海では五島はあこがれの土地でした。

しかし、現在五島にある教会堂の多くが、かつては舟でしか行けないような不便な場所に多いことからもうかがえるように、信者たちは「五島は極楽、行ってみて地獄」と現実の厳しさを嘆いたのです。

にもかかわらず、移住者たちは希望をもって五島のやせた土地を開拓し、五島の土地を豊かにするのに貢献したのです。

今回登録された世界遺産情報も方々で発信されていますが、私はやはり自ら現地に赴いて、現地をよく知る人から直接得た情報こそが真に価値あるものだと考えます。

よって、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の講座や記事もこのツアーを終えてからにしたいと思います。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.