平成芭蕉プロフィール

はじめまして 私は「平成芭蕉(heiseibasho)」と申します

私は、三重県伊賀市上野にある俳聖松尾芭蕉の生家の向いで生まれ、伊勢街道に面した三重県名張市で育ったことから、芭蕉さんに憧れて幼少の頃より放浪の旅を続けてきました。

大学卒業後は芭蕉さんと同様、旅に生きるために旅行会社に就職、一時的に親の仕事を手伝うことがありましたが、基本的には旅一筋で生きてきました。

そして感じたことは、旅は「出会い」の場であると同時に「究極の学び」の場であり、「旅行から人生が変わる」ことが多いということです。

「可愛い子には旅をさせよ」という言葉があるように、人生を豊かにするには、大いに旅に出るべきなのですが、目的のない旅であれば学びも少なく、旅行の満足度も上がりません。

そこで、平成芭蕉を自称する私こと黒田尚嗣は、「芭蕉さんの旅行術」を研究し、旅の楽しみ方や旅の満足度を向上させる知恵をお伝えすることにより、「旅行から人生が変わる」体験を共有していただきたいと考え、平成芭蕉の旅語録を始めました。

平成芭蕉の「平成」という言葉は、中国の歴史書からの引用で

『内(内平らかに外成る)』、『地(地平らかに天成る)』

という「平穏で周囲と仲良くする」といった想いが込められています。

そこで、私の旅のコンセプトは、旅で出会った人と良い関係を築き、同じ時間を過ごすことによって、感動を共有することです。

また、旅を愛する方に世界遺産旅行講座や「日本遺産旅行講座で国内外の文化的知識を深めていただき、さらに「旅行+知恵=人生のときめき」を体験していただくために、平成芭蕉おすすめのテーマの旅についてもご紹介しています。

『奥の深い細道』で究極の格安旅行術を学ぶ

私はこれまで世界各地を訪ねて多くの人と交流すると同時に、訪日観光客を迎えるインバウンド事業にも携わってきましたが、私自身、日本人でありながら日本の歴史文化に対する知識が不十分であったり、相手国の文化的背景を知らなかったために、誤解を招くことが多々ありました。

20世紀の偉大な歴史学者アーノルド・ジョセフ・トインビー博士

「人間とは歴史に学ばない生き物である」

と明言を残していますが、私も誤解や争いの原因の多くは、この歴史を学ばないことだと思います。

そこで、私は日本という国を正しく理解し、海外旅行では買い物以外の「心の土産」を持ち帰るための知恵を身につけることによって、「日本人としてのプライド回復と真の国際人を目指すべきであると切に感じます。

また、私は生きる上において「心のときめき」が大切で、旅行は知恵を伴ってこそ「心のときめき」を感じる場になると考えます。

そこで、「旅行+知恵=人生のときめき」をテーマに、旅する前や旅した後にも「ときめき」を感じていただくテーマ旅をご紹介しますので、平成芭蕉独自の旅の楽しみ方を共有していただきたいと思います。

すなわち、通常の旅行では味わえないテーマ旅の奥深さに触れる『奥の深い細道』の旅です。この細道では日本国内はもちろん、元禄時代に生きた芭蕉さんが経験できなかった海外の旅も世界遺産を中心にご紹介しています。

世に格安旅行を求める人は多いのですが、旅先での学びや気づきを増やす方法を知り、想い出に残る旅をすれば、それが究極の格安旅行にもなるのです。

すなわち、旅行を価値あるものにするには、積極的に出会いを求め、知恵を身につけ、ときめきを増やすことです。

「旅行+知恵=人生のときめき」を実践し、この『奥の深い細道』の価値ある旅行から人生が変わる体験を味わっていただければ幸いです。

デジタル社会で楽しむ旅行記『奥の深い細道』

1998年に設立されたGoogleという会社の登場により、インターネットのサイバー空間という『情報の海』に「地図」がつくられました。

すなわち、Googleという羅針盤(検索)によって目的とする港(情報)にたどり着くことが可能となったのです。

そしてFacebookという企業は、『情報の海』でしかなかったサイバー空間に現実世界とリンクした『戸籍』『住民票』を用意してくれました。

そこで私は「芭蕉さんの旅講座」というブログの中に、デジタル社会で楽しめる『奥の深い細道』の旅を実現させたのです。

これは、従来の街道マップを使った現実的なルートではなく、目に見えないサイバー空間をGoogleという新しいツールを使って愉しむがごとく、訪れていない場所に私と一緒にワープして感動体験していただくイメージです。

すなわち、サイトの「平成芭蕉の旅語録」や「世界遺産旅行講座」の内容は、検索すれば得られるような旅情報ではなく、私が訪れた場所で私がどうのように考え、感じたかを中心に語っています。

デジタル社会の旅行記は、旅行情報よりも旅に対する想いや感動を伝えるべきだと考えたからです。

「平成芭蕉」こと 黒田尚嗣(Naotsugu KURODA) 

三重県伊賀市(松尾芭蕉生家の向かい)出身。
トラベルコピーライター、総合旅行業務取扱管理者、旅の文化研究所合同研究員。

慶應義塾大学経済学部卒業後、近畿日本ツーリスト株式会社銀座海外旅行支店勤務。

現在、同じ近鉄グループのクラブツーリズム㈱テーマ旅行部顧問旅の文化カレッジ講師として「旅行+知恵=人生のときめき」をテーマに旅の講座や旅行の企画、ツアーに同行する講師や添乗員の指導育成、また自らも「世界遺産・日本遺産の語り部」として活躍中。
最近は「日本遺産」認定地への誘客指導や、地方創生のお手伝いとして各地のボランティアガイドに対する指導も行っている。

一般社団法人日本旅行作家協会会員、一般社団法人日本フォトツーリズム協会参事。
文化庁「日本遺産国際フォーラム」パネリスト

著作:旅行読売「こんな旅がしたい」、KKベストセラーズ一個人「日本遺産を旅する2」、ZakZak by 夕刊フジ「世界遺産旅行講座(自らの旅行体験に基づくアドバイス)」連載中     黒田尚嗣 Facebook

更新日:

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.