「空」をテーマとした旅~ナスカの地上絵と空の世界遺産「テカポ湖」 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉のテーマ旅行

「空」をテーマとした旅~ナスカの地上絵と空の世界遺産「テカポ湖」

更新日:

Pocket


世界遺産ランキング

快適な空の旅は城達也「ジェットストリーム」と「兼高かおる世界の旅」

空の旅を広めた城達也さんと「兼高かおる世界の旅」

今日、機内で「快適な空の旅をお楽しみ下さい」とアナウンスがあれば、音楽を聴きながら安眠する人が多いのではないでしょうか。
しかし、私は若い頃に聴いていた東京FMの「ジェットストリーム」の冒頭、達也さんが語る「遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時…」という名ナレーションが忘れられず、夕刻に出発する飛行機の窓から地平線に沈む夕陽と夜空、そして到着地の夜景を眼下に眺めることを「空の旅」の楽しみとしています。
私が「空の旅」に関心をもつようになった契機はこの城達也さんのナレーションと『兼高かおる世界の旅』でした。
列車の窓から移りゆく風景を眺め、地上から青空に映える新緑や紅葉を鑑賞する旅も楽しいですが、空から眼下に展開する世界を楽しむのは航空機で旅する時代に生まれてきた私たちの特権だと思います。

「空の旅」の代表的な観光地:「ナスカの地上絵」と星空保護区の「テカポ湖」

この「空の旅」でしか楽しめない代表的な観光地は、ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」でしょう。
この地上絵が発見されたのは1927年、航空機が地上絵上空を飛行するようになったことがきっかけだとされていますが、最近ではグーグルアースで地上絵に引かれた線を延長すると、それらの線がカンボジアのアンコール・ワットで交差することが証明され、私はナスカからその対蹠点にあたるアンコール・ワットへ飛んでみたくなりました。
逆に地上から眺める「空」のお勧めは、ニュージーランドにある「テカポ湖」周辺の夜空です。この付近の空は晴天率が高く、空気も澄んでいるので美しい星空が見られ、星空保護区に認定されているだけでなく、空が世界遺産としても検討されています。
かつて「旅の空」と言えば不安な「旅先」を指し、「辛い旅」そのものを表現する言葉で、故郷を離れた寂しさや空(むな)しさを意味していました。
しかし、現代の便利な交通手段を使った旅先では、「空」は太陽光線や雲の状態で変化するする楽しみの風景であり、夜空も煌めく星座のキャンパスかと思います。

<具体的な旅先>

ナスカの地上絵…南米ペルーの世界遺産で広大な平原に無数の直線や幾何学模様、そして空からでなければ全体像が把握できない動植物の地上絵で有名。

テカポ湖近くの羊飼いの教会…晴天率が高く、空気も澄んでいるので、開拓者のために建てられた石造りの「羊飼いの教会」付近からは世界一美しい星空を堪能できる。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】


世界遺産ランキング

 

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉のテーマ旅行

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。