「地図」をテーマとした旅~伊能忠敬と松浦武四郎の足跡巡り | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉のテーマ旅行

「地図」をテーマとした旅~伊能忠敬と松浦武四郎の足跡巡り

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

貴重な「地図」と旅行案内書を残してくれた伊能忠敬と松浦武四郎

地図こそが国の重要機密

2018年は江戸時代に正確な日本地図を描いたことで有名な伊能忠敬の没後200に当たります。
彼は佐原の伊能家の跡取りとなるも50歳を過ぎて隠居した後、天文学に関心を持ち、その第一人者であった高橋至(よし)時(とき)の門下生となって測量と天文観測を学びました。
当時、門下生の間における興味の対象は地球の大きさで、伊能忠敬も当初、地球の直径と地球上での日本の位置を調べることが目的で測量の旅に出、結果的に『大日本沿海輿地全図』という日本地図を完成させたと言われています。
今日ではカーナビやグーグルマップを活用することが多く、地図を軽視しがちですが、昔は地図こそ国の重要機密であり、そのために『大日本沿海輿地全図』の縮図を持ちだそうとしたシーボルトが国外追放されるといった事件も起きています。
また、地図は夢と憧れの書であり、その影響でアジアを旅行したヴェネツィア商人マルコポーロ『東方見聞録』の中で日本を「黄金の国ジパング」として紹介しています。
中国の徐福『和漢三才図絵』に描かれた不老長寿の島・蓬莱山は日本にあると考え、不老不死の霊薬を求めて実際に和歌山県新宮に上陸したと伝わっています。
また、徐福は新宮を蓬莱の地であると信じて、大陸からの文化や農耕、漁業に関する技術を伝えたとも言われています。

「北海道」の命名者、松浦武四郎と伊能忠敬の足跡を追う

北海道の命名者「松浦武四郎」

旅の進化は街道の整備と共に道案内となる地図や旅行案内図絵刊行の影響が大きく、江戸時代に盛んとなった「お伊勢参り」も歌川広重の『東海道五拾三次』『伊勢参宮西国巡礼行程之図』という出版物の果たした役割が大だと思います。
実際に旧東海道から伊勢本街道に出て街道筋の松阪市内を歩くと三井家を始めとする松阪商人の館が往時を思い起こさせてくれますが、この松阪出身の松浦武四郎も2018年は生誕200年という節目を迎えます。
彼は「北海道」という地名の命名者であり、アイヌ民族の理解者として蝦夷地を踏査、『東西蝦夷山川地理取調図』という地図を出版しているだけでなく、今日の旅行ガイドブックとも呼べる貴重な資料も残してくれました。
2018年は没後200年の伊能忠敬及び生誕200年を迎える松浦武四郎の足跡を追って「地図の旅」を楽しむ絶好の機会だと思います。

<具体的な旅先>

松浦武四郎記念館

伊能忠敬記念館…千葉県香取市佐原にあり、日本全国を測量して歩き、わが国初の実測日本地図を完成させた伊能忠敬の生涯とその結晶である伊能図を紹介してある、地図マニアには必見の場所。

松浦武四郎記念館…三重県松阪市小野江にある。伊能忠敬が没した年に生まれ、若い頃から全国を旅して北海道の命名者となった松浦武四郎の直筆の旅日誌や地図など、貴重な資料が展示されている。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-平成芭蕉のテーマ旅行

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.