「黄葉」をテーマとした旅~カナダのローレンシャン高原か耶馬渓 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉のテーマ旅行

「黄葉」をテーマとした旅~カナダのローレンシャン高原か耶馬渓

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

「紅葉(黄葉)」の名所「談山神社」と「耶馬渓」を訪ねる

談山神社の「黄葉」

旧暦9月9日の重陽節になると、北からの冷たい風が吹き始める韓国では、日本より先に木々の葉が色づき、「丹楓遊び(タンプンノリ)」という風習が行われます。
韓国語の「丹楓」とは「紅葉」の意味で、「丹楓遊び」は日本での「紅葉狩り」という秋の定番娯楽なのです。
すなわち、重陽節を迎えたソウルの人たちは、思い思いに近郊の南山(ナムサン)や北岳山(プガクサン)へ登り、「菊」で造った菊酒や菊茶を飲み、菊餅などの「時食」を食べて紅葉狩り(タンプンノリ)を楽しんでいるのです。
一般に秋の花と言えば、楓や秋桜を連想しますが、秋は古来、黄色の花である「菊」の季節だったのです。すなわち、秋のシンボルは、紅葉や丹楓のような赤色ではなく、菊の黄色がより深い秋を象徴していたのです。
そもそも秋に木々の葉が変色することを「黄葉つ(もみつ)」と呼び、これがなまって「黄葉(もみぢ)」、しかし日本では赤がおめでたい色とされた関係で「黄葉」が「紅葉(もみじ)」と表記されるようになったと言われています。
その紅葉の名所ですが、私は海外ではカナダのローレンシャン高原、日本においては「大化の改新」で中臣鎌足と中大兄皇子(後の天智天皇)が話し合った談山神社が印象に残っています。
しかし、今年は大分県中津市にある山国川の景勝地で新日本三景や日本三大奇勝だけでなく、日本遺産にも登録された耶馬渓がお勧めです。
なぜなら、今年は「旅を生きた学問」と考え、全国各地を遍歴した江戸時代の儒学者であり文豪としても知られる、頼山陽が「耶馬渓」と命名して200年に当たるからです。
旧耶馬渓鉄道跡のサイクリングロードを自転車で走ると、頼山陽が感嘆したであろう真の「黄葉」を満喫することができます。

<具体的な旅先>

談山神社…、藤原氏の祖である中臣鎌足の死後の678年、長男で僧であった定慧が唐からの帰国後、父の墓を摂津からこの地に移し、十三重塔を造立したのが発祥とされる。

耶馬渓…頼山1818年、山国谷と呼ばれた山国川流域を遍歴し、その天然の渓谷美に魅了され、「耶馬渓」と名づけ、柿坂での絶景を『擲筆峰(てきひっぽう)』の景と命名、『耶馬渓図巻記』に「耶馬渓山天下無」の詩を残している。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉のテーマ旅行

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.