「川」をテーマとした旅~「川の旅」の代名詞ライン下り | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉のテーマ旅行

「川」をテーマとした旅~「川の旅」の代名詞ライン下り

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って令和時代を旅しています。

平成芭蕉のテーマ旅行

平成芭蕉のテーマ旅行

「川」をテーマとした旅

「川」と言えば日本最後の清流である四万十川に架かる沈下橋観光、カヌーやカヤックを使ったアクティビティを連想しますが、川は歴史的にも重要な役割を果たしてきました。

世界史で学んだ四大文明も、ナイル、黄河、ティグリス・ユーフラテス、インダスのいずれも大河に沿っています。

なぜ大河沿いに古代文明が興ったのかを考えれば、人類にとって「川」とは何かを知る手がかりになります。

川は砂漠や野を切り、海へと流れ出る過程で、人々の暮らしを分断するような氾濫を起こしては、農耕に適した土壌をもたらしました。また河川は船による交通にも利用されましたが、人は氾濫しては流れを変える川を嫌い、治水工事によって川の流れと戦ってきたのです。

「川の旅」の代名詞「ライン下り」

ライン川クルーズ

ライン川クルーズ

私にとって「川の旅」としてすぐに連想されるのは、ハイネの詩「ローレライ」で知られる「ライン川クルーズ」です。

ライン川は昔から物資を運ぶ重要な交通路で、ゲルマン人にとっては「父なるライン」でしたが、19世紀初頭のドイツ・ロマン主義文学によって、ロマンチックなライン川のイメージが与えられました。

すなわち、船下りをする旅行者は、ローレライの巨岩を眺めながら、ジルヒャー作曲のメロディを口ずさみ、美しい景観と民族の歴史の調和を賛美するのです。

また、日本における主な川の旅も「ライン下り」と呼ばれることが多いのですが、私のおすすめはやはり、俳聖松尾芭蕉が「五月雨をあつめて早し最上川」と詠んだ「最上川ライン舟下り」です。

父なるラインに対して最上川は「母なる川」として山形の歴史や文化を育んできました。

美しい最上峡を堪能しながら、船頭の最上川舟唄と案内を聞けば、日本人の心の奥に潜む美意識がかきたてられ、ローレライとはまた違ったロマンの旅を満喫できます。

私が敬愛する松尾芭蕉の『奥の細道』は、西行や源義経の足跡を訪ねる旅でした。

松尾芭蕉は最上川を下り、義経は最上川を舟でさかのぼって、ともに仙人堂を訪れており、私は時空を超えたロマンを感じます。

松尾芭蕉は『奥の細道』に「このたびの風流、ここに至れり」と書いており、みちのくの旅が「川の旅」である最上川でピークに達したと自ら語っています。

義経弁慶上陸記念碑

義経弁慶上陸記念碑

<具体的な旅先>

ライン川クルーズ…ドイツ人には「父なる川」と呼ばれており、ドナウ川とともにヨーロッパを代表する国際河川で、川沿いの美しい街並みや古城など素晴らしい景観が楽しめます。

最上川舟下り…季節ごとに表情を変えていく最上峡の雄大な自然を楽しみながら、船頭の軽快な語りと最上川舟歌が訪れる人をもてなしてくれます。

*旅行読売2019年6月号に掲載されました

旅行読売2019.6「こんな旅がしたい」

旅行読売2019.6「こんな旅がしたい」

★平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉のテーマ旅行

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.