チュニジアの世界遺産 カルタゴはなぜ滅びたか | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

チュニジアの世界遺産 カルタゴはなぜ滅びたか

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

令和の時代を迎えて、昭和の時代は歴史となり、日本が敗戦国であったことを認識する人も少なくなってきています。
1945年の敗戦によって日本は軍隊・交戦権を奪われ、神道や神話の教育も禁止されましたが、有難いことに今日、国は存続しています。しかし、歴史上では致命的な敗戦によって、繁栄していた国が滅んでいるのです。
そこで、今回は日本と同様に領土を没収され、武装解除、対外戦争の禁止など致命的な敗戦を喫したカルタゴについてご紹介します。
「すべての道はローマに通ず」という言葉がありますが、ローマはフェニキア人が建てたカルタゴとの三度のポエニ戦争(BC264~BC146に勝利して躍進しました。

チュニジアの「カルタゴ遺跡」&「ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡」

カルタゴ時代の軍港跡

カルタゴ時代の軍港跡

カルタゴはアルファベットの基礎を作ったフェニキア人が建国した海洋国家で、当時、世界一の造船技術を持ち、紀元前250年頃には現在のチュニジアを中心に地中海貿易で富を蓄え、ローマ帝国と並ぶ強国となっていました。
ポエニ(ラテン語でフェニキア人の意)戦争はそのローマとカルタゴとの間で地中海の覇権を賭けて争われた3度の戦いです。
第2次戦役では有名なカルタゴの名将ハンニバルが象を率いてアルプス越えでローマ軍を撃破するも、本国との連携が悪く、最終的には宿敵スキピオに敗北し、カルタゴはローマに無条件降伏しました。
しかし、軍事的野心を捨て平和主義を掲げたカルタゴは、敗戦後、貿易や商売に専念し、奇跡の復興を成し遂げて経済大国となっていきました。
いくら叩いても不死鳥のように蘇るカルタゴ人の底力にローマ人は羨望と恐怖心を抱き、ローマの元老院指導者マルクス・カトーの「わがローマから海路3日のところにこのような見事なイチジクを産する国がある。この財力によって兵を備え、わがローマの強敵になるであろう。カルタゴは滅びねばならぬ(デレンダ・エスタ・カルタゴ)」の扇動で第3次戦役が起こされました。
これは戦争というよりローマによるカルタゴの民族浄化であり、ここに700年続いた経済大国カルタゴは完膚なきまでに滅ぼされたのです。

カルタゴの遺跡とケルクアンの墓地遺跡

ケルクアンの古代カルタゴ遺跡

ケルクアンの古代カルタゴ遺跡

すなわち、非武装だったフェニキア人のカルタゴの街はローマによって徹底的に破壊され、街は17日間も燃え続けたため、現在残るカルタゴ遺跡は、カルタゴの廃墟跡に再構築されたローマ時代の遺跡です。貿易によって豊かになったカルタゴはパレスティナの死海から採れた高価なタールを屋根にふんだんに塗っていたからです。
かつては地中海の覇者として軍船や商船が出入りしていた港は静かな漁港となっており、目立つ遺跡はローマ時代のアントニウスの大浴場跡円形劇場です。
しかし、「ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡」はローマ人ではなく、フェニキア人が造ったカルタゴ時代の貴重な遺跡です。
当時の墓地群もあり、興味深い場所で、何よりもどこか日本に似た貿易立国カルタゴに想いを馳せることができます。ローマはカルガゴを滅ぼした時点で地中海を「我らが海」とし、国から帝国への道を歩み始めたのです。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.