沖縄旅行の世界遺産「琉球王国のグスクと首里城」 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

沖縄旅行の世界遺産「琉球王国のグスクと首里城」

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

沖縄の観光スポットと言えば、やはり琉球王国の首里城跡で、正殿のほかにも守礼門、園比嘉武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)などが「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録されました。
今回はこの世界遺産の中でも首里城と並んで重要な琉球王国最高の聖域「斎場御嶽」と久高島についてお話しします。

世界遺産認定された琉球王国最高の聖域「斎場御嶽」と久高島

御嶽と呼ばれる琉球信仰の形態

沖縄の世界遺産「斎場御嶽」

沖縄を旅行していると各地で香炉を見かけますが、これは「御嶽(うたき)」と呼ばれる琉球信仰の形態であり、神社、ガジュマルなどの木々、砂浜、湧き水、時には道沿いなどに祀られており、琉球王国時代には、いくつかの御嶽を巡って巡礼する聖地廻りとよばれる形態がありました。
その一つが「東御廻り(あがりうまーい)」と呼ばれるもので、沖縄では太陽の昇る東方のことを「あがり」と呼び、理想の世界・ニライカナイがあって、東御廻りとは、首里から見た「あがり」にあたる玉城、知念、佐敷周辺の御嶽を巡るものでした。
私もいくつかの御嶽を訪れましたが、「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」こそは写真にも目に見えないエネルギーが写っており、真の聖域かと思われます。
沖縄にはこの斎場御嶽を含めて9つの文化遺産が「琉球王国のグスクおよび関連遺跡群」として世界遺産登録されていますが、これらは琉球王国独自の文化を象徴する遺跡群です。
すなわち独特のグスク(城)の景観やすぐれた庭園、そして精神文化を伝える御嶽や陵墓が人類共有の文化遺産として認められたのです。

世界遺産の斎場御嶽と聞得大君

聖域「京のはな」への入り口

御嶽は琉球の信仰における祭祀などを行う施設で「拝み山」とも呼ばれています。
また斎場は「最高位」を意味することから斎場御嶽は「最高の御嶽」の意味です。
琉球開闢の神アマミキヨがつくった9つの御嶽の一つとされ、琉球王国最高の聖域として位置づけられています。
巨大な二枚の岩の空間にはパワーが満ち溢れ、その奥の三庫裏(さんぐーい)には「京のはな」という最も格式の高い拝所があり、神の島とされる久高島が遥拝できます。まさに大地の「気」を感じることのできる聖域です。
ここは古くは男子禁制で、琉球王国の神女組織の最高位・聞得大君(きこえのおおきみ)が就任する「お新下り(おあらおり)」の儀式が行われる場として重要な役割を果たしてきました。
琉球王国では神の声を聞くことの出来るのは女性であり、それも王の親族の女性と決まっていました。その女性が琉球王国最高神官、聞得大君だったのです。

琉球開闢の祖神が降り立った「神の島」久高島

「神の島」久高島の遙拝所

久高島へは斎場御嶽の近くにある安座真港より高速船に乗って行くことができます。
久高島は沖縄本島南部の東に浮かぶ長さ4km弱の細長い島で、沖縄本島が「癒しの島」と呼ばれるのに対し、久高島は「神の島」とされ、琉球開闢の祖神が降り立った所であり、島のあちこちに聖域があります。
そしてこの島の浜辺の聖なる白砂が御嶽に敷き詰められたと言われています。
この久高島の白砂と植物、そして空の色はとても美しく、心を和ませてくれますが、特に聖域の「生誕の穴」と呼ばれる岩場の穴は、今までの人生、意識、観念を無くして通ると生まれ変わった気持ちになるのでお薦めです。
そして私たちは自然から様々な恩恵を授かっていることを理解し、「すべてに有難う」という感謝の念も生まれます。
「地球にやさしい」と言ったコピーがありますが、私はこれまで「地球にやさしくされていた」ことに気付くべきかと思いました。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.