日本の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

日本の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」

更新日:

Pocket

人気ブログランキングへ

古より続く信仰の熊野古道

熊野古道と伊勢神宮

世界遺産の「紀伊山地の霊場と参詣道」は、三重県・奈良県・和歌山県にまたがる3つの霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を対象としていますが、熊野古道と言えば、

・紀伊路(渡辺津ー田辺)
・小辺路(高野山ー熊野三山、約70㎞)
・中辺路(田辺ー熊野三山)
・大辺路(田辺ー串本ー熊野三山、約120㎞)
・伊勢路(伊勢神宮ー熊野三山、約160㎞)
・大峯奥駈道(吉野ー熊野三山)

の6つの道を指します。

さる平成25年には、20年に一度行われる式年遷宮年で、お伊勢さんへ多くの人が参詣しました。

本来ならばこの伊勢の神宮およびこの神宮で行われる種々の行事こそ、日本を代表する世界遺産かと思いますが、神宮司庁は世界遺産の登録を辞退したと聞いています。

そこで、今回は伊勢神宮に続く熊野古道の「伊勢路」と神々が眠る日本最古の神社「花の窟神社」をご紹介します。

伊勢路は「伊勢へ七度、熊野へ三度」と呼ばれた信仰の道

花の窟(いわや)は、日本書紀に記される神々の母、イザナミノミコトの御陵であり、熊野三山の根源地として、わが国の信仰上、伊勢の神宮と共に非常に重要な神域でした。

そのため、熊野古道(伊勢路)は「伊勢へ七度、熊野へ三度」と呼ばれる信仰の道だったのです。

イザナミの埋葬地であり、古来「黄泉の国」と呼ばれた熊野は、平安時代に浄土信仰が広まった際に「現世の浄土」とされ、穢れを清め、新たな自分へと再生する「蘇(よみがえ)りの地」(黄泉から返る)と見なされました。

そこで、平安時代には法皇や公家が多数参詣し、江戸時代には伊勢のお陰参りと共に「蟻の熊野詣」で賑わいました。

自然崇拝と日本最古の神社「花の窟神社」

そもそも熊野信仰は、巨岩や滝などに神が宿るとする自然崇拝を起源としており、女人禁制だった高野山などとは異なり、熊野は男女を問わず、貴賎に関わらず、すべての参詣客を優しく受け入れてくれました。

熊野古道の両脇の木々は精気に満ち溢れ、たたずむ石仏は素朴で参詣客の心を和ませてくれました。

花の窟神社も社殿はなく、高さ約45mの窟がご神体であり、熊野三山や伊勢神宮成立前の太古の自然崇拝を漂わせています。

花の窟の謂(いわ)れは、季節の花々で神をお祀りし、古くから「花祭り」という珍しい祭礼を行っていたことに由来します。

健康五浴と熊野セラピーを体験

熊野は森林、河川、海、滝、温泉など自然のもつさまざまなエネルギーを享受できる霊場であり、私が提唱する五浴(日光浴・森林浴・海水浴・温泉浴・イオン浴)の旅にも最適です。

和歌山県でも今、世界遺産となった熊野を舞台に熊野地形療法(熊野セラピー)を提唱しています。

私たちの心の故郷である伊勢の神宮に参拝した後、熊野の精気に満ちた自然で心と体を癒す旅は日本人にとって究極の世界遺産を訪ねる旅かと思います。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.