ハンガリーの世界遺産「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラシー通り」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

ハンガリーの世界遺産「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラシー通り」

更新日:

Pocket

人気ブログランキングへ

「ドナウの真珠」と呼ばれるブダペスト

「美しき青きドナウ」が流れるブダペストの街並

私は夕陽鑑賞も好きですが、太陽が沈んだ後の夜景鑑賞も大好きです。そしてヨーロッパの夜景と言えば、「ドナウの真珠」と呼ばれるハンガリーのブダペストの夜景を思い出します。

そこで、今回はハンガリーの世界遺産であるブダペストの「ドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラシー通り」をご紹介します。

ヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」で知られるドナウ河が、街の中央を北から南へと流れ、ブダ側とペスト側に分けており、合わせてブダペストの街が成り立っています。

西のブダ側は小高い丘に取り囲まれ、ブダ城(かつての王宮)などの歴史的建造物があり、東のペスト側は平らな地域で、商人の市場で賑わう経済的拠点でした。

ツィタデッラと呼ばれる城塞の残るゲッレールトの丘に登るとこの美しい街並を一望することができ、ここからの夜景は本当に美しくうっとりします。

誇り高きマジャール人の国、ハンガリー

眼下に見えるセーチェーニ鎖橋は、ブダとペストを結んだ最初の橋で、ブダペストの象徴の一つとされる美しい橋です。今ではハンガリー全土に延びる道路の0キロメートル地点としても重要な役割を果たしています。

このヨーロッパの中央に位置するハンガリーは、もともとウラル山脈方面から移住してきた誇り高きマジャール人の国で、東洋的な文化と西洋的な文化が交差する独特な雰囲気を持っています。

民族的にも非常に優秀で、人口に対するノーベル賞受賞者の割合は世界一と言われています。

しかし、歴史的には13世紀にモンゴル帝国の侵略で甚大な打撃を被り、14世紀以降はトルコ系のオスマン帝国やハプスブルク帝国の支配を受け、また、2度の大戦においても辛酸をなめています。

特にモンゴル軍が通過した後は略奪と虐殺により街も荒廃し、時のハンガリー王ベーラ4世がブダに王宮を築き、街を再建したと伝えられています。

マルギット島からの夜景と温泉(スパ)

そのベーラ4世の息女マルギットが「二度とモンゴルの襲来が来ないように」と祈りを捧げた場所がマルギット島ですが、ここから眺めるブダペストの夜景もまた素晴らしく、かつて壊滅的に打撃を受けたことを思えば、阪神大震災で復興した神戸の夜景と重なり、感無量です。

また、ブダペストは温泉(スパ)の街としても知られることから、夕食後は夜景鑑賞と温泉入浴もお薦めです。ハンガリーの国民は日本人と同じアジア系でとても親近感があります。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.