ミャンマーの世界遺産「ピュー古代遺跡」と幻の「パガン遺跡」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

ミャンマーの世界遺産「ピュー古代遺跡」と幻の「パガン遺跡」

更新日:

Pocket

ミャンマーの世界遺産「ピュー古代遺跡」と世界三大仏教遺跡「パガン」

ミャンマー初にして唯一無二の世界遺産「ピュー古代遺跡」

2014年に世界遺産として登録されたピュー古代遺跡は、ミャンマー初にして唯一無二の世界遺産です。ピュー族は9世紀頃までエーヤワディー川沿いに栄え、ビルマ族に滅ぼされた古代民族で、この時代に造られた仏塔の形が現代のパゴダの始まりと考えられています。

遺跡はハリン、ベイクタノ、スリ・クセトラの3都市で仏塔以外にレンガ造りの砦や灌漑施設なども残っていますが、やはり、ミャンマーの遺跡と言えば、世界三大仏教遺跡の一つであるのパガン遺跡が有名です。

「ビルマの竪琴」で知られる国のパガン王朝

ミャンマーは「ビルマの竪琴」で知られる敬虔な仏教徒の国で、パガンはそのミャンマー中部、イワラジ川沿いの約40平方kmの平原に広がる仏教聖地です。

大小さまざまなパゴダ(仏塔)や寺院が林立しており、規模から言えばアンコールワットやボロブドゥールを凌ぐ世界ナンバーワンの仏教遺跡で、特に夕陽に浮かぶ光景は筆舌に尽くしがたい美しさです。

しかし、遺跡の管理や修復方法に問題があり、また、時の軍事政権が世界遺産の登録は、海外から観光客を呼び込む一方で国際社会の干渉を受けることから敬遠し、隠れた世界遺産となっています。

パガンは11世紀から13世紀にかけて栄えたパガン王朝の都であり、黄金の仏像やレンガ造りの仏塔などは往時の栄華を伝えています。
大きさも形も異なるこれらのパゴダの多くは、王侯貴族など特権階級が寄進して建立したものです。

生きている世界遺産「パガン」

寄進することで徳を積み、輪廻転生を願い、極楽への道を歩んでいることを示そうとしたのです。

しかし、徳は一代限りなので、後の世代の人は新たに仏塔を追加したり、手を加えたりして、今日でも先祖が建立したパゴダへお参りする信者の姿が絶えません。

すなわち、上座部仏教の信仰で徳を積むという考え方は、『ガダウ』と呼ばれる五宝(仏・法・僧・師・先祖)を敬うミャンマー国民の生活の中に深く根付いており、パガン遺跡に手を加えて修復することもその延長線なのでしょう。

しかし、このパガン遺跡が世界遺産に登録されるかどうかは、「オーセンティティ(真実性)」すなわち、遺跡に手が加えられていないかの是非が問われますので、パガン遺跡は幻の世界遺産になるかもしれません。

しかし、パガンが歴史的にも貴重な仏教遺跡であると同時に、今なお地域の人たちにとって神聖な信仰の場である以上、ピュー古代遺跡に加えて真に「生きている世界遺産」として認識すべきかと思います。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.