令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産 ヨルダン~映画『インディ・ジョーンズ』ロケ地、ペトラ遺跡

更新日:

Pocket

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』のロケ地、ヨルダンの世界遺産「ペトラ遺跡」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

私は007シリーズをはじめとする映画のロケ地を巡る旅にしばしば同行しましたが、中でも『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』のロケ地となったペトラ遺跡は、私が最も感銘を受けた場所の一つです。

特に水の浸食によってできた高さ80mの絶壁が聳える「シーク(峡谷)」と呼ばれる巨大な岩の裂け目にできた細道を抜け、映画で聖杯の安置場所とされていた「エル・カズネ」が細長い裂け目の間に見えた時には、ハリソン・フォード演じる考古学者インディアナ・ジョーンズのごとく、宝物を探して冒険している気分でワクワクしました。

シークから覗くエル・カズネ

映画の中の非現実が現実のものとして自分の目の前に現れるスペクタクルは、一生に一度は体験すべきかと思います。

このシークには「訪れる人を魂の内部に導く」という宗教的な意味があり、両側の壁には運河の跡とともに祈祷用の碑や彫刻、霊石なども残っていて、岩肌も陽の当たる角度によって刻々と色が変わるので、シークは細い通路というより、幻想的な参道でした。

幻想的な参道「シーク」

ペトラ遺跡は中東のヨルダンにある世界遺産で、ペトラとは、ギリシャ語で『崖』を意味しており、2000年以上も前に、この地に定住したアラブ人の一族ナバテア人が切り立つ岩壁を削って造った隊商都市遺跡です。

この地は東西の古代文明を結ぶ要衝の地で、キャラバンの貿易中継地として栄え、その交易で得た富で様々な建物が造られたのです。赤褐色の巨大な岩を彫り抜いて造られた「エル・カズネ」も、一見すると古代ギリシャ・ローマ風の神殿ですが、どこかエキゾチックな東方文化とヘレニズム的要素が感じられます。

「カズネ・ファルウン(ファラオの宝物庫)」

「エル・カズネ」は地元では、エジプトのファラオの宝物が隠されていると信じられていたため、「カズネ・ファルウン(ファラオの宝物庫)」と呼ばれていましたが、実際は内部に何も残っていないため、神殿として使われたのか、王の墓だったのか分かっていません。

ナバテア王国は紀元前9年から紀元後39年にかけてのアレタス4世の時代に最盛期を迎え、エル・カズネやカスル・アル・ビントといった岩窟墓などは彼の時代に造られたと言われています。

その後、106年にペトラがトラヤヌス帝によってローマに併合されたことにより、ナバテア王国は幕を閉じました。そしてローマの支配を受けるようになってからは、円形競技場や浴場などが建設され、ローマ風の街並みへと変化し、ナバテア文化時代の遺跡は減り始め、栄華を極めた頃の姿も見られなくなりました。

しかし、今日のペトラ遺跡にはナバテア人独特の階段模様をもつ墳墓群や犠牲祭壇、ローマ時代に造られた劇場、そして山の上に神々しい修道院「エドディル」もあって興味はつきません。

墳墓群や犠牲祭壇

「エドディル」は、「エル・カズネ」より一回り大きく、ペトラがローマ帝国に併合された後、キリスト教の修道士が住んでいたことから「修道院」と命名されましたが、今では神殿(葬祭殿)だったことが分かっています。

神殿の遺跡からは香を焚く台が発見されており、ナバテア人は宗教儀式として香木を焚いて太陽を祀っていたことがストラボンの『地理誌』にも記されていることから、ナバテア王国の宗教儀式では香木が使われていたと考えられています。

エドディル

ペトラ遺跡最大の建造物「エドディル」の迫力に加え、約800段の急な石の階段を上る途上で、ふと後ろを振り返れば、時の流れを忘れさせる世界にはっと息をのむ瞬間があります。「死ぬまでに行きたい世界の絶景」では、必ず名前があがるペトラ遺跡ですが、私は特に冒険心を忘れつつある人に訪れていただきたい場所だと思います。

なぜなら、ペトラ遺跡は、訪れる人のなかに潜む冒険心を焚きつける、古代人の技力が結集した唯一無二のテーマパークだからです。

祝!日本の縄文文化「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産登録

「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたことを記念して、私はみちのくを旅した芭蕉の研究本『松尾芭蕉の旅に学ぶ』と共に『縄文人からのメッセージ』というタイトルで縄文文化を語り、平成芭蕉の『令和の旅指南』シリーズ(Kindle電子本)として出版しました。人生100歳時代を楽しく旅するために縄文人の精神世界に触れていただければ幸いです。

また、日本人の心に灯をつける『日本遺産の教科書』、長生きして人生を楽しむための指南書『人生は旅行が9割』、感情の老化を防ぐ私の旅日記である『生まれ変わりの一人旅』とともにご一読下さい。

★平成芭蕉ブックス
 ①『人生は旅行が9割 令和の旅指南Ⅰ』: 長生きして人生を楽しむために 旅行の質が人生を決める
 『縄文人からのメッセージ 令和の旅指南Ⅱ』: 縄文人の精神世界に触れる 日本遺産と世界遺産の旅
 『松尾芭蕉の旅に学ぶ 令和の旅指南Ⅲ』:芭蕉に学ぶテーマ旅 「奥の深い細道」の旅
 ④『生まれ変わりの一人旅 令和の旅指南Ⅳ』: 感動を味わう一人旅のススメ
 ⑤『日本遺産の教科書 令和の旅指南』: 日本人の心に灯をつける 日本遺産ストーリーの旅

平成芭蕉「令和の旅指南」シリーズ

参考記事:世界遺産の旅における「へー、そうだったの」

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.