平成芭蕉の世界遺産 トルコ~トロイの木馬伝説の舞台「トロイの考古遺跡」 | 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産 トルコ~トロイの木馬伝説の舞台「トロイの考古遺跡」

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています。

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

この「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

シュリーマン発掘のトロイの考古遺跡

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

語学習得には毎日の継続的学習が必要ですが、18か国語を自在に操ったとされるドイツ人シュリーマンの6週間語学独習法は、「声を出して読み、訳さずに作文を書いては暗唱する」という繰り返し学習法でした。

この毎日コツコツと学ぶ姿勢は、何事にも一貫して取り組むシュリーマンの生きる姿勢そのもので、この信念が神話上の都市とされていたトルコの世界遺産トロイ遺跡発掘に繋がったのでしょう。

古代都市トロイは、ホメロスの叙事詩「イリアス」では海の近くにあるように描かれていますが、トロイの遺跡は実際には海からかなり離れた場所にあります。

「イリアス」のトロイ遺跡

「イリアス」のトロイ遺跡

シュリーマンは1870年から本格的な発掘調査を行い、その地層の違いから、トロイが紀元前3000年から何世紀にもわたって何回か都市が建設されてきたことを発見しました。

トロイ遺跡の年代層

トロイ遺跡の年代層

そして彼は、一番深い地層の部分を第一市と名付け、第2市では「プリアモス(トロイ最後の王)の財宝」を発掘し、第七市までを見極めました。

1882年からはドイツの若手考古学者ヴィルヘルム・デルプフェルトも加わって更に発掘が進み、シュリーマン亡きあとはデルプフェルトによって、ここがホメロスの「イリアス」に描かれたトロイであることが立証されました。

トロイ戦争と「トロイの木馬」

トロイ戦争はトロイの王子パリスがスパルタ王メネラオスの妃で絶世の美女ヘレネを奪ったことから始まり、メネラオスの兄アガメムノンを大将にギリシャ軍がトロイ軍を攻撃した戦いです。

そしてなかなか陥落できなかったトロイを破るためにギリシャ軍のオデュッセウスが考えた策が「トロイの木馬」作戦だったのです。

有名なトロイの木馬

有名なトロイの木馬

現在では紀元前3000年から400年頃までの9層(9都市)の遺構が確認されており、遺跡の入り口にはトロイ戦争の「トロイの木馬」にちなんだ巨大な木馬が建っています。

トロイ遺跡の構造

トロイ遺跡の構造

このトロイ遺跡発掘は後の考古学発展に大きな影響を与えましたが、当初、シュリーマンは考古学の専門家に相談することなく、不適切な発掘を進めたため、大切な遺跡に損傷を与えた面も指摘されています。

ホメロスの叙事詩では壮大な都市に描かれていたトロイの遺跡ですが、今日でも遺跡の中は乾燥した地面と硬い石壁だらけで、地図や解説書を見ながら歩いても知識がないと良く分からない遺跡です。

トロイが繁栄していた頃の第6市の城壁

トロイが繁栄していた頃の第6市の城壁

そこで有名なトロイ遺跡ですが『徒然草』第52段の「仁和寺にある法師」の教訓から、私たちだけでなくシュリーマンにも「先達(案内者)」が必要だったと思わせる遺跡です。

★zakzak「ライフ」:2020年3月28日夕刊フジ「世界遺産旅行講座」掲載

★関連記事:平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.