福澤諭吉先生の出身地中津の日本遺産「耶馬渓」 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

福澤諭吉先生の出身地中津の日本遺産「耶馬渓」

更新日:

Pocket


世界遺産ランキング

耶馬渓の競秀峰を守った自然保護運動の先駆者、福澤諭吉先生

福沢諭吉先生ゆかりの大分県中津と日本遺産の「耶馬渓」

中津駅前の福沢諭吉像

わが母校の創立者、福澤諭吉先生ゆかりの地である大分県中津に行ってきました。
慶応義塾において先生と言えば福沢諭吉先生であり、先生は慶応大学の敷地内に居を構えていたため、慶應義塾大学三田キャンパスに諭吉の終焉の地を示した石碑が設置されています。
戒名は「大観院独立自尊居士」で、麻布山善福寺にその墓があり、先生の命日の2月3日は雪池忌(ゆきちき)と呼ばれ、私も在学中に墓参したことがあります。
聞くところによると2018年は福澤諭吉先生が一万円札の肖像になって30周年で、福沢先生ゆかりの中津を訪ねるにはいい機会でした。
しかし、今回の中津訪問は昨年、日本遺産に認定された「耶馬渓」の現地案内人さんを対象とした講演が目的です。

日本遺産「耶馬渓」と命名者の頼山陽

福沢諭吉先生が守った耶馬渓の競秀峰

中津市と玖珠町にまたがる景勝地の歴史や文化を語る

「やばけい遊覧~大地に描いた山水絵巻の道をゆく~」

というストーリーが日本遺産として認定されたのです。
そして今年は頼山陽が「耶馬渓」と命名してからちょうど200年にあたる記念すべき年なのです。
しかし、頼山陽が命名した「耶馬渓」の自然を守る行動を起こさせた、今日のナショナルトラスト運動の先駆けは福沢諭吉先生でした。
明治27年(1894年)2月、 中津に20年ぶりに帰郷した福沢諭吉先生は、旧中津藩主奥平家の別荘を建てたいと耶馬溪を散策した際、競秀峰の山々が売却されることを耳にして 「万一、心ない人に渡り天下の絶景が損なわれては取り返しがつかない」 と一帯の土地を購入する決心をし、自分の名を表に出さず、複数の土地所有者から一帯の土地約1.3ヘクタール(13,000㎡)ほどを少しずつ目立たないように3年がかりで購入したと言われています。
もし、この福沢諭吉先生の先見の明と行動力がなければ、今の美しい耶馬渓を代表す競秀峰はなかったと思います。

『学問のすすめ』にある一節

私は講演に先立ち、福澤諭吉先生の『学問のすすめ』にある一節
「そもそも事をなすにあたっては、命令するより諭した方がよく、諭すよりも自ら実際の手本を見せる方がよい」という言葉を思い出して、案内の仕方というノウハウよりもメンタルな心構えを中心に話をしました。
これまで、案内人さんはボランティアガイドとして無償で仕事をされていましたが、私は、「ホスピタリティは無償でもガイドとしてのサービス提供は有償にするべきである」と主張しました。
なぜなら、「究極の学びは教える」ことであり、その教えることには責任を持つ必要があります。
よって、お客様に説明するガイド料は有償にして案内人としてプロ意識を持つべきだと思うのです。
これこそが、福澤諭吉先生の「独立自尊」の精神ではないでしょうか。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】


世界遺産ランキング

旅を楽しみ旅で学ぶ「平成芭蕉倶楽部」通信のご案内

いよいよ「平成」も残すところわずか数か月となりました。
そこで、旅を楽しみ旅で学ぶ「平成芭蕉倶楽部」では、このブログでは語れない「人生100歳時代」を楽しく生きる「芭蕉さんの旅行術」のノウハウ平成期間限定無料公開します。
この機会に平成芭蕉倶楽部通信にご登録下さい! 登録は無料です。
ご登録いただきますと、私が実践している「芭蕉さんの旅行術」「旅で元気を回復する方法」など、有益な資料を平成芭蕉倶楽部通信で配信します。
先着500名様には平成芭蕉ことシャーロッキアン黒田尚嗣「シャーロックホームズに学ぶ 旅を楽しむ旅行術」をプレゼントします。

ご希望の方は今すぐ下記よりお申込み下さい。

お申込みはこちら

 

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。