デンマーク王国のスヴェイネ駐日大使にご挨拶 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

デンマーク王国のスヴェイネ駐日大使にご挨拶

更新日:

Pocket

人気ブログランキングへ

デンマーク王国のスヴェイネ駐日大使公邸訪問

デンマーク王国のスヴェイネ駐日大使夫人より「ヒュッゲ」について学ぶ

12 月20 日はデンマーク大使公邸を訪ね、フレディ・スヴェイネ駐日大使夫人より、デンマークの伝統的な習慣である「ヒュッゲ」に関する講義を拝聴した後、スヴェイネ大使にもご挨拶させていただきました。

私は20代から30代にかけてVOLVO関連のツアーを担当し、VOLVO本社のあるスウェーデンのイヨテボリを訪ねた際、スカンジナビア航空を利用していた関係で必ずコペンハーゲンに立ち寄っていました。

そのため、デンマークは私にとって馴染みの国の一つで、チボリTivoli公園人魚姫の像ゲフィオンの泉などの光景は、今でも鮮明に覚えています。

しかし、デンマークでの一番の想い出は、世界遺産旅行講座の「クロンボー城」の記事でもご紹介しましたが、現地の人と過ごした「ヒュッゲ」のひとときです。

すなわち、デンマークの友人宅に招かれて、ろうそくの灯された食卓でスモーブロー(オープンサンドウィッチ)を食べながら、デンマーク人が大切にしている「ヒュッゲ」の時間を体験したことが、その後の私にとって大きな学びとなりました。

この「ヒュッゲHygge」とは「居心地の良い空間や時間」を大切にするデンマーク特有の習慣で、他人と比較することなく、自身が仲間や家族と心地よいひとときを楽しむ生き方です。

この習慣を知ったおかげで、私は日本人でありながら他人のことは気にせずに、自分の信念で人生を楽しむコツをつかむことができたのです。

デンマークは世界で一番幸福な国

実際、デンマークでは「人生がつらい」と感じている人はわずかに1%と言われており、2016年に国連が行った幸福度調査でもデンマークが第1位です。

すなわち、デンマークこそ世界で一番幸福な国と認められているわけですが、私はこのヒュッゲの習慣が人に幸福感を感じさせているのではないかと思います。

魅力的な大使夫人から改めてヒュッゲの話を聞かせていただき、元気をもらった後は、”TEN”という2人兄弟のジャズ演奏も楽しませていただきました。

ジャズと言えば、私はナベサダこと渡辺貞夫さんの曲はよく聴くのですが、今回のTENの演奏はサックス・フルートではなく、4弦と6弦ギター(グループ名のTENはこの4弦と6弦を足した10から命名されたそうです)による演奏で、北欧神話を感じさせる優雅な調べでした。

デンマークの中の日本庭園で記念撮影

デンマーク料理のランチの前には、大使自ら公邸の庭を案内していただきましたが、デンマークの中の日本を感じました。

デンマークの王室は、日本と共に現存する王室の中では、最も長い歴史を誇ると聞いた記憶がありますが、この庭を見ていると親近感がわいてきます。

そこで、この庭園をバックにスヴェイネ大使のご家族TENのメンバーお二人と共に記念写真を撮っていただきました。

デンマークは「福祉先進国」で消費税率も25%という日本と比較して高い税率ですが、教育や医療費は無料で、高齢者に対する福祉サービスも充実しており、人々の暮らしはとても豊かです。

これは経済的な豊かさだけでなく、ヒュッゲという習慣から時間的余裕がもたらす精神衛生上の豊かさもあるのでしょう。

日本も消費税率が上がりますが、デンマークのように使途を明確にして、真に豊かな国造りに役立ててもらいたいものです。

by 【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.