幕末日本の外交を支えた長崎通詞「森山栄之助」 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

幕末日本の外交を支えた長崎通詞「森山栄之助」

更新日:

Pocket

人気ブログランキングへ

幕末外交を陰で支えた長崎通詞「森山栄之助」

今年は幕末150年で大河ドラマの西郷隆盛や大久保利通が明治維新のヒーローとして話題を呼んでいます。

しかし、1853年の日本開国以降、幕末の外交を陰で支えた人物の存在も話題にすべきかと思います。その人物は1820年に長崎のオランダ通詞の家に生まれた森山栄之助(太吉郎)です。

オランダ通詞とは長崎の出島でオランダ人を相手に通訳・翻訳する地役人で、彼はオランダ人以上に流暢なオランダ語を話したと言われています。

また、外国の文献には、もし彼がいなければ、諸外国との条約締結は難しかったであろうとも書かれています。

日本人に初めて生きた英語を教えたアメリカ人「ラナルド・マクドナルド」

彼はオランダ語に加えて独学で英語も勉強していましたが、ちょうど彼が23歳の時、アメリカインディアンの血を引くラナルド・マクドナルドが漂流民を装って北海道に上陸、捕らえられて長崎に送られてきた際、彼に対する奉行の尋問を通訳する機会に恵まれました。

ラナルド・マクドナルドはイギリス領時代のカナダで生まれ、子供の頃、インディアンの親戚に自分たちのルーツは日本人であると教えられたため、日本に憧れて、捕鯨船に乗り込み、やってきたのです。

そして森山は奉行に願い出て、座敷牢の格子越しにそのマクドナルドから日本人として初めてネイティブ英語を学ぶ許可を得たのです。

そして彼はその身に付けた英語力を活かし、外国人に臆することなく、幕府要人たちの不安を取り除きつつ、励ましながら、ポジティブに交渉に当たったと言われていましす。

また、彼は仲間の柴田昌吉らと英語の辞書編纂も行っており、日本で初めてfreedomworldという大切な言葉をそれぞれ「自由」「世界」という言葉に翻訳したのです。

正しい「事挙(ことあ)げ」の重要性

日本においては自分の意志をはっきりと声に出して言うことを「言挙(ことあ)げ」と呼び、それが自分の慢心によるものであった場合は、悪い結果をもたらしますが、

(例としては『古事記』における日本武尊が伊吹山で慢心した言挙げをし、傷ついて亡くなった)

森山栄之助のように英語、日本語を問わず、前向きで適切な言葉を発した場合は良い結果をもたらすと言えるでしょう。

私は戦後に自分の信条を貫いて生きた白洲次郎と共に、幕末に生きた森山栄之助は、ポジティブな言葉で日本をリードした真の国際人だと思います。by【平成芭蕉

 

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.