令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の旅語録

平成芭蕉の旅語録~長野県上田市の日本遺産「信州の鎌倉」散策

更新日:

Pocket

上田市の日本遺産ガイド研修で散策した「信州の学海」

上田市日本遺産推進協議会が主催する日本遺産ガイド研修に同行し、「信州の学海」と呼ばれる塩田の地を歩いて来ました。

「信州の学海」の中禅寺

上田市の日本遺産は、大日如来を安置する「信濃国分寺」(=太陽)、国土を御神体とする「生島足島神社」(=大地)、夫神岳(おがみだけ)のふもとにある信州最古の温泉といわれる塩田平の「別所温泉」(=聖地)が、1本の直線状に配置され、レイラインをつないでいるというストーリーです。

上田市塩田の里交流館「とっこ館」

集合場所は弘法大師ゆかりの独鈷山(とっこざん)の麓にある上田市塩田の里交流館「とっこ館」でしたが、この玄関脇には、信濃源氏の旭将軍、木曽義仲挙兵に従った上田出身の手塚太郎金刺光盛が乗った駒の足型が残る石橋がありました。

手塚太郎金刺光盛が乗った駒の足型説明

光盛は1183年の「篠原の戦い」という合戦において平家方の老将「斎藤実盛」を討ち取った名将ですが、「漫画の神様」手塚治虫の先祖でもあります。

多太神社の斎藤実盛像

多太神社の斎藤実盛像

木曽義仲が戦死した後、実権を握った源頼朝は、自分が最も信頼していた惟宗(これむね)忠久を塩田庄の地頭に任命してこの地方を支配させ、源氏は三代で滅びましたが、代わって実権を握った北条氏もこの地を重要な場所と考え、北条重時が信濃守護になった頃から、塩田平は学問や文化の一大中心地となったのです。

「信州の学海」を散策

鎌倉時代、信濃出身の無関普門(大明国師)という南禅寺を開山した高僧が書いた経歴書「塔銘」によれば、当時「塩田は、”信州の学海”といわれ、学問・宗教に志すものは、からかさや本箱を背負って、遠方からたくさんやって来た」と記されており、上田市立塩田中学校の門前にはその大明国師の書かれた「塔銘」の一説を刻んだ石碑が立っています。

ソース画像を表示

「信州の鎌倉」と呼ばれた塩田平

今回の研修ではその学問道場となっていたと推定される神社仏閣を歩いて巡りました。最初に訪れた常楽寺は別所温泉にある北向(きたむき)観音をお守りする天台宗の寺で、常楽・安楽・長楽という「別所三楽寺」の一つです。

天台宗の別格本山「常楽寺」本堂

天台宗や真言宗の古刹では、参道の突き当りに塔やお堂がありますが、常楽寺でも奥地は観音出現の霊場とされ、多宝塔が信仰の中心だったと考えられます。多宝塔は上下二重の屋根がある塔ですが、石造りで国指定重要文化財は滋賀県の「少菩提寺塔」とこの常楽寺の多宝塔だけです。

常楽寺の国指定重要文化財「多宝塔」

隣接する別所神社は、熊野本宮大社(紀州)の分霊により、鎌倉時代に「熊野社」として創建されました。別所神社に改称されたのは、明治11年のことで、本殿背面には3つの木造の祠があり、「男石・女石・子種石」が祀られていて、昔から縁結び、子宝のご利益があるとされ、入り口の木製鳥居には、「本朝縁結大神(ほんちょうえんむすびおおかみ)」と掲げられています。

別所神社鳥居「本朝縁結大神」の額

また、夫神岳(おがみだけ)の神様に雨乞いをする「岳の幟(たけののぼり)」と呼ばれる祭りが奉納される神社でもあります。

別所神社に奉納される「岳の幟」解説

「未完成の三重塔」で知られる前山寺

三重塔で知られる弘法大師ゆかりの前山寺(ぜんさんじ)へは、「黒門」から参道を歩いて参拝しましたが、やはり参道は仏を拝む心を養う場所で、この参道を歩いてこそ厳かな心で塔を拝めるような気がしました。

前山寺参道入り口の「黒門」

因みに仏様の骨(仏舎利)は塔の上にある「伏鉢(ふくばち)」に入れられていたので、前山寺で一番大切なものは本堂ではなく、塔だったのです。

弘法大師ゆかりの前山寺本堂

その前山寺の木造三重塔ですが、2階、3階には窓も扉もなく、縁を付けるための「貫(ぬき)」はあっても「勾欄(手すり)」もありません。このように未完成のところが多いのですが、逆にすっきりしているとの評価で、「未完成の完成塔」と呼ばれています。

前山寺の未完の三重塔

かつての鎌倉街道「あじさい小道」

前山寺から塩田平を代表する名刹・中禅寺までは、塩田城跡や塩野池などを通る約1.2kmの「あじさい小道」を歩きましたが、この道はかつて鎌倉街道と呼ばれ、歴史と自然を同時に楽しめる「信州の鎌倉」と呼ぶにふさわしい場所です。

「あじさいの小径」を歩く

気持ちのいい小川のせせらぎを聞きながら歩いていくと、やがて「塩田城跡」にたどり着きますが、青い見事な「がくあじさい」に彩られた塩田城跡の碑の前からは塩田平が一望できました。

塩田平が一望できる塩田城跡の碑

弘法山の山麓にあった塩田城は、1333年塩田北条氏が滅亡した後、信濃の豪族村上氏が統治したとされており、現在は村上氏の居館跡の石碑が立っています。

さらに進むと、北条国時の開基と伝わる塩田北条氏の菩提寺「龍光院」の参道に出会いますが、黒門と樹齢600年を誇る欅の古木が堂々たる風格を感じさせ、本堂の棟には北条氏の紋所「三ツ鱗」も刻まれています。

塩田北条氏の菩提寺「龍光院」

途中、“蚕都上田”をイメージした建物の「塩田の館」で休憩しましたが、ここでは地元の食材を使ったおやきや手打ちそばが味わえる食事処「北条庵」が併設されており、また、塩田城跡からの出土品も展示されていました。

「塩田の館」周辺の観光案内図

「塩田の館」から塩野池を横目に進むと、塩田平で一番深い森に包まれた塩野神社に着きます。

深い森に包まれた塩野神社

二の鳥居をくぐって杉並木をぬけると、太鼓橋があり、この橋を渡った右手には神様がおくだりになる「磐座(いわくら)」がありました。

神様がおくだりになる「磐座(いわくら)」

また、正面には「勅使殿」と書かれた額のある拝殿が建っていますが、これは間口と奥行きが同じ長さの「楼閣造り」と呼ばれる2階建ての珍しい建物です。

「楼閣造り」の塩野神社拝殿

塩野神社本殿の彫刻には、脇障子の上の木を飲み込む珍しい龍が彫られていますが、龍の目玉がないのは、夜ごと悪さをする龍の目玉をくりぬいたからと言われています。

塩野神社本殿の「龍の彫刻」

「定朝様」の薬師如来坐像を祀る中禅寺薬師堂

最後は国指定重要文化財の中禅寺薬師堂を参拝しましたが、ご住職のご厚意でご本尊の薬師如来坐像を間近に拝むことができました。

国指定重要文化財の中禅寺薬師堂

高さ97.7㎝の寄木造の坐像ですが、右手はひじを曲げて手のひらを前にする「施無畏(せむい)の印」、左手は手のひらを上にして膝の上に置く「与願(よがん)の印」をとり、左手の手のひらの上には薬師如来の「薬のつぼ」がのっており、脇には1体の「神将」が立っていますが、残念ながら両腕はなくなっています。

神将と薬師如来坐像

さらに間近で見ると薬師如来の頭の螺髪(らはつ)の上は、丸くふくれており、これは如来様の尊さを示す「肉髻(にくけい)」です。また、薬師如来のおられる四天柱に囲まれた天井も格子(こうし)を組んだ特別な「格天井(ごうてんじょう)」になっていました。

中禅寺の薬師如来坐像

薬師如来像を拝観した後、外から「方三間の阿弥陀堂形式」と呼ばれる薬師堂を眺めると、東西南北どちらから見ても同じ形の屋根に見えて「宝形(ほうぎょう)造り」の特徴がよく理解できました。

「宝形(ほうぎょう)造り」の薬師堂

今回の研修では、上田市の日本遺産である『レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平』における塩田平の構成文化財を尋ねましたが、「文化財」を大切にするには、やはりその文化財がなぜ重要であるかというストーリーを知る必要があることを私は痛感しました。

上田市の日本遺産「太陽と大地の聖地」

そして「文化財」を通じて日本遺産のストーリーを知ることは、「ふるさと」を愛する心につながるのではないかと思いました。

日本の縄文文化「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産!

「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたことを記念して、私はみちのくを旅した芭蕉の研究本『松尾芭蕉の旅に学ぶ』と共に『縄文人からのメッセージ』というタイトルで縄文文化を語り、平成芭蕉の『令和の旅指南』シリーズ(Kindle電子本)として出版しました。人生100歳時代を楽しく旅するために縄文人の精神世界に触れていただければ幸いです。

また、日本人の心に灯をつける『日本遺産の教科書』、長生きして人生を楽しむための指南書『人生は旅行が9割』、感情の老化を防ぐ私の旅日記である『生まれ変わりの一人旅』とともにご一読下さい。

★平成芭蕉ブックス
 ①『人生は旅行が9割 令和の旅指南Ⅰ』: 長生きして人生を楽しむために 旅行の質が人生を決める
 『縄文人からのメッセージ 令和の旅指南Ⅱ』: 縄文人の精神世界に触れる 日本遺産と世界遺産の旅
 『松尾芭蕉の旅に学ぶ 令和の旅指南Ⅲ』:芭蕉に学ぶテーマ旅 「奥の深い細道」の旅
 ④『生まれ変わりの一人旅 令和の旅指南Ⅳ』: 感動を味わう一人旅のススメ
 ⑤『日本遺産の教科書 令和の旅指南』: 日本人の心に灯をつける 日本遺産ストーリーの旅

平成芭蕉「令和の旅指南」シリーズ

私は平成芭蕉、自分の足と自分の五感を駆使して旅しています。

平成芭蕉のテーマ旅行

平成芭蕉の旅語録

平成芭蕉は「検索すればわかる情報」より「五感を揺さぶる情報」を提供します。旅とは日常から離れ、いつもと違う風、光、臭いなど五感を通じて自分を見つめ直す機会です。そしていつもと違う人に会い、いつもと違う食事をとることで、考え方や感じ方が変わります。すなわち、いい旅をすると人も変わり、生き方も変わり、人生も変わるのです。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の旅語録

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.