美しい平戸のキリスト教関連世界遺産「春日集落」と棚田 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

美しい平戸のキリスト教関連世界遺産「春日集落」と棚田

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

平戸を護る霊山の安満岳麓に位置する春日集落は表向きは神仏信仰を掲げながらキリシタン信仰をひそかにまもりぬいた棚田のある村落です。
キリスト教が解禁されてからもカトリックに復帰する村民がいなかったため、教会堂はありませんが、夕暮れ時の安満岳断崖に西日があたる棚田の風景は絶景です。

美しい平戸のキリスト教関連世界遺産「春日集落」の棚田

日本独自の宗教文化「かくれキリシタン」と「潜伏キリシタン」

春日集落の案内所「かたりな」

来年はいよいよ10年に1度のオーバーアマガウ「キリスト受難劇」鑑賞の旅に出かける年です。そこで改元の今年は神武東征だけでなく、日本のキリスト教史も復習すべく、再び九州を訪れました。
日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルは最初、鹿児島に上陸しましたが、実際に布教を始めた場所は長崎県の平戸です。
当時、平戸を治めていた松浦氏は交易の上でもメリットがあると考え、家臣にキリスト教改宗を許したことから、平戸は日本における最初のキリスト教繁栄の地となったのです。
そして平戸市では1550年にキリスト教が伝えられてから、「伝来と繁栄」「禁教と密かな継承」「解禁と復帰」という歴史をたどる過程で「かくれキリシタン」という日本独自の宗教文化が生まれました。
しかし、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録されてからは、「かくれキリシタン」「潜伏キリシタン」は区別されるようになりました。
禁教時代にキリスト教信仰を密に続けた人々を「潜伏キリシタン」、禁教が解かれた後もカトリックに改宗することなく、従来の信仰を継続する人々を「かくれキリシタン」と呼ぶようになったのです。
私は、現在、堂々と旧来の信仰を守っている人々を「かくれ」と呼ぶのは失礼ではないと思っています。彼らは「かくれキリシタン」と呼ぶよりも「和風キリシタン」と呼んで、この信仰形態を後世に伝えていくべきだと考えます。

世界文化遺産登録された棚田で有名な「春日集落と安満岳」

春日の棚田と「丸尾さま」

実際、今回訪れた世界遺産の「春日集落と安満岳」には教会らしきものはなく、禁教時代も日本古来の精霊を信仰の対象としていました。
美しいい棚田と夕陽で知られる春日集落は、平戸の人々の信仰を集める安満岳を望み、清らかな水にに恵まれ、平戸地区でも最も早い時期に田植が行われる美味しいいお米の里です。
私は、地元の人に案内されて春日の人たちが「丸尾さま」と呼んでいる小さな丘の祠を尋ねました。
この丘は古いキリシタンの墓も埋まっているとされる聖地ですが、この丘から眺める棚田は多くの花びらが散らばるような美しい風景で、記憶に残る映画のワンシーンのようでした。
また、南方の山上には今にも倒れそうな「人の立ち姿」の巨岩が見えますが、この地が「潜伏キリシタン」の里であったとは信じがたい日本の原風景です。
当時の春日集落の中心であった春日バス停近くの「三界万霊碑」は、キリスト教が禁止されていた江戸時代、宗門改めの際に「私たちはこの世のあらゆる精霊を祀って供養しています」という証として建てられたそうです。
当時の潜伏キリシタンの人たちにとっては、この「あらゆる精霊」の中にキリスト教の精霊が含まれていたと考えれば、やはり「かくれキリシタン」と呼ぶよりも誇り高き「和風キリシタン」と名乗るべきかと思うのです。
また、私は山の精霊だけでなく、航海の神様にもご挨拶するべく、海辺の春日神社にも参拝して「ちから石」を持ち上げてみましたが、「丸尾さま」のおかげかとても軽く感じました。

美しい春日集落の棚田風景

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.