スペインの世界遺産「グラナダのアルハンブラ」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

スペインの世界遺産「グラナダのアルハンブラ」

更新日:

Pocket

スペイン・イスラム建築の粋を集めた「アルハンブラ宮殿」

ワシントン・アーヴィングの「アルハンブラ物語」

今日の世界遺産の中には映画や旅行記で紹介されて有名になったものが数多く存在しますが、その中でも1832年、アメリカ人作家のワシントン・アーヴィングが発表した「アルハンブラ物語」は、それまでさほど知られていなかったグラナダのアルハンブラ宮殿を広く世界に知らしめた著作として有名です。

これは彼がアルハンブラ宮殿に滞在した経験とそこにまつわる伝説や歴史を綴った紀行文ですが、読めば一度は行ってみたいと思わずにはいられない名著です。

なかでも「毎日仕事などせずにぶらぶらしている貧困家庭の人たちが、祝祭日になると精一杯の晴れ着を着て街に繰り出す」というエピソードなどは、今日のアンダルシア人の性格をも伝えており、興味深い内容です。

レコンキスタとアルハンブラ宮殿

現在では「アルハンブラ宮殿」に加えて王族の夏の離宮「ヘネラリーフェ」およびグラナダ最古の居住地「アルバイシン」が世界文化遺産として登録されていますが、今回はその中でもスペイン・イスラム芸術の粋を集めた最高傑作とされるアルハンブラ宮殿をご紹介します。

宮殿は8世紀から約800年続いたイスラム教徒の王族たちの栄華を今に伝えていますが、キリスト教徒による国土回復(レコンキスタ)後の16世紀、スペイン王でもあった神聖ローマ皇帝カルロス5世は、この宮殿にルネッサンス様式の宮殿やサンタ・マリア教会を作らせたため、イスラム教とキリスト教の融合した建築物とも言えます。

イスラムの教理と「ライオンの泉」

しかし、この宮殿はイスラム建築の大きな特徴である空間を自然と調和させ、偶像崇拝禁止というイスラムの教理に従い、壁や天井のモチーフには人物や動物はいっさい使われておらず、幾何学文様やアラビア文字を装飾した繊細緻密なアラベスク模様が中心です。

特にこの宮殿内では「アッラーだけが勝者」というコーランの一節が繰り返し使われています。

最大の見所はやはり「ライオンの泉」と呼ばれる12頭のライオンに支えられたイスラムには珍しい噴水でしょう。

イスラム教徒にとって水は大変貴重で、その貴重な水を室内に引いて噴水を設けることは最高の贅沢でした。

コーランには「天国は清らかな小川がさらさらと流れている所」と書かれていますが、童謡「春の小川」の歌詞が生まれた頃の日本はイスラム教徒にとっては天国そのものだったのかもしれません。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.