ベトナムの世界遺産 絶景の「ハロン湾」と「チャンアン」 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の世界遺産

ベトナムの世界遺産 絶景の「ハロン湾」と「チャンアン」

更新日:

Pocket

ハノイから日帰りで行ける風光明媚な2つの世界遺産

近年アジアで最も注目されている国のひとつはベトナムかと思います。

ベトナムは1000年以上にわたって中国の支配を受けてきましたが、今日のベトナムの方向を決定づけたのは、フランスの統治です。

そのため、料理も高級レストランでのフランス料理から屋台で食べるフォー(ベトナム風麺料理)まで、バラエティに富んでいます。

しかし、この国の魅力は喧噪と静寂といった相反するものが混然となった独特の雰囲気にあります。そこで、今回は喧噪のハノイから日帰り圏内で静寂の「ハロン湾」「チャンアン」という2か所の世界遺産をご紹介します。

ハロン湾とチャンアンのいずれか1か所を選ぶとすれば、大型客船に乗って自然風景を眺めたいならばハロン湾、手漕ぎボートでゆっくりと散策したいならチャンアンと考えるといいでしょう。

チャンアンの風景

チャンアンの風景

「陸のハロン湾」と呼ばれる世界複合遺産チャンアン

チャンアンは「陸のハロン湾」とも呼ばれ、ハロン湾同様に石灰岩が作り出す特徴的な景観と、仙人が住んでいそうな古いお寺が複合遺産として認められ、その景観関連遺産は大きく分けて「古都ホアルー」「タムコック=ビックドン景勝地」「チャンアン景勝地」の3つのエリアに分けられます。

古都ホアルーは中国から独立したベトナム最初の王朝の都で、せり立つ数々の岩山を自然の要塞とし、豊かな自然に囲まれています。

唐の都の長安にならって設計されており、中国を彷彿させる雰囲気が漂っており、特に初代皇帝ディン・ティエンホアン廟は歴史を感じます。

ベトナム初代王朝の都ホアルー

ベトナム初代王朝の都ホアルー

タムコックは「3つの洞窟」を意味するベトナム語で、ボートツアーでは、その名の通り、3箇所の洞窟をくぐり抜けます。

気の遠くなるほどの昔にできあがったチャンアンの景観はは、息を呑むほど美しく「ハロン湾以上の風景」かと思います。

「海の桂林」と呼ばれる世界自然遺産ハロン湾

一方、世界自然遺産のハロン湾は、翡翠色の水と見事な奇岩が並ぶベトナム随一の景勝地で、水墨画で有名な中国の山水第一の「桂林」に対して「海の桂林」と呼ばれています。

ハ(降りる)ロン(龍)、つまり「龍が降り立つ」という勇ましい名称は、中国が侵攻してきた時、天空から舞い降りた龍の親子が現れて敵を追い払い、口から吐き出した宝石が湾内の奇岩となってずっと湾を守っているという、龍の伝説が由来です。

地質学的には中国の桂林と同じ石灰岩台地の一部で、この石灰岩台地が沈降し、浸食作用が進んで今日のような風光明媚な景勝地となったのです。

20万ドン札のディンフォン島

20万ドン札のディンフォン島

海面から突き出す奇岩群は、龍の伝説さながら湾を守る防壁の様相で、水墨画から抜き出したような穏やかな風景から、青空に岩がそそり立つダイナミックな景観まで、多彩な表情を見せています。

私は、特にベトナムの20万ドン札に描かれている奇岩ディンフォン島「闘鶏岩」と呼ばれる2羽の鶏が愛をささやきあうように見える奇岩が印象に残っています。

しかし、ハロン湾の楽しみは奇岩だけではありません。ティエン・クン鍾乳洞などの洞窟探検や海に浮かぶ漁村で水上生活をする地元の人々との触れ合いも魅力です。

入り江の周囲は切り立った岩になっているため、悪天候でも岩陰に隠れて生活をすることが可能なのですが、水上で生活していても、税金を払っている点は感心します。

このハロン湾クルーズは日帰りもありますが、私は船で一泊することをお勧めします。

ジャンク船と呼ばれる昔の木製大型船から、月に照らされる神秘的なハロン湾を眺める静寂のひとときは格別です。

ハロン湾の静寂

ハロン湾の静寂

★関連記事:平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.