ブラジルの世界遺産「リオデジャネイロ」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

ブラジルの世界遺産「リオデジャネイロ」

更新日:

Pocket

「リオのカーニバル」で世界的に有名な太陽の楽園

山と海との間のカリオカの景観群

2014年のワールドカップ・ブラジル大会は、7月14日にドイツの優勝で幕を閉じました。残念ながら開催国のブラジルは準々決勝でエースのネイマールが負傷するというアクシデントもあり、準決勝でドイツに大敗しました。

そこで今回はサッカー王国ブラジルの再起を祈念してブラジルの世界遺産「リオデジャネイロ、山海に挟まれたカリオカの景観群」をご紹介します。

リオ・デ・ジャネイロはワールドカップ決勝戦が行われたマラカナン・スタジアムで有名ですが、世界三大美港の一つで、天然の良港グアナバラ湾と湾岸のすぐそばまで迫っているいくつもの丘、そしてその間を埋めるような高層ビル群が並ぶ、自然と都会が共存している美しい街です。

リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroとはポルトガル語で「1月の川」という意味ですが、これは1502年、ポルトガル人探検家がこの地グアナバラ湾に到達したのが1月で、この湾を大きな川と勘違いしたことから命名されました。

また、この街やこの街で生まれ育った人とのことを「カリオカ」と呼びますが、これは当時のポルトガル人が皆、白壁の家を建て、それらの「白い家」を先住民トゥピ族の言葉で「カリオカ」と呼んだことが由来です。

サンバのカーニバルと「ポン・デ・アスーカル」

リオと言えばやはりサンバのカーニバルが有名ですが、「カリオカ」たちには「リオを見て生き永らえよ」という言葉もあって、このカーニバルを見ていると生きることの素晴らしさを感じさせてくれます。

観光では市街を見下ろす標高710mのコルコバードの丘に立つキリスト像や「砂糖のパン」という意味の「ポン・デ・アスーカル」頂上からの眺めは見逃せません。

また、ブラジルは南米で唯一のポルトガル領だった国で、そのポルトガル統治時代の面影を残すセントロ地区のサン・ベント修道院やサン・ホセ教会等を巡ると歴史を感じることもできます。

目の保養をしながらのんびり過ごすのであれば、カリオカたちにも人気のイパネマ・レブロン海岸コパカバーナ海岸がお薦めで、ヤシの実を割ったジュースやマテ・コン・リモという名物のドリンクを飲みながら、太陽の楽園を満喫できます。

「サンパウロの人は仕事で忙しく、リオの人は遊びで忙しい」と言われますが、この陽気で楽天的な人たちに囲まれているとカーニバルを見ずとも生きる活力が湧いてきます。by【平成芭蕉

 

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.