平成芭蕉の世界遺産 ブラジル~カーニバルで有名な「リオデジャネイロ」 | 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産 ブラジル~カーニバルで有名な「リオデジャネイロ」

更新日:

Pocket

カーニバルで世界的に有名な世界遺産 リオデジャネイロ

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

リオのカーニバルで有名なブラジル最大の国際観光都市で、ボサノバの名曲『イパネマの娘』の発祥地でもあります。

リオのカーニバルは、パレードの山車、派手な衣装に身をまとったサンバのダンサーが特徴的で、世界最大のカーニバルと言われています。

イパネバビーチはリオデジャネイロでも人気のビーチで隣接するコパカバーナ海岸より洗練されています。

「リオのカーニバル」で世界的に有名な太陽の楽園

ブラジルの世界遺産「リオデジャネイロ、山と海との間のカリオカの景観群」

三大美港のリオデジャネイロ

三大美港のリオデジャネイロ

2014年のワールドカップ・ブラジル大会は、7月14日にドイツの優勝で幕を閉じました。残念ながら開催国のブラジルは準々決勝でエースのネイマールが負傷するというアクシデントもあり、準決勝でドイツに大敗しました。

そこで今回はサッカー王国ブラジルの再起を祈念してブラジルの世界遺産「リオデジャネイロ、山海に挟まれたカリオカの景観群」をご紹介します。

リオ・デ・ジャネイロはワールドカップ決勝戦が行われたマラカナン・スタジアムで有名ですが、世界三大美港の一つで、天然の良港グアナバラ湾と湾岸のすぐそばまで迫っているいくつもの丘、そしてその間を埋めるような高層ビル群が並ぶ、自然と都会が共存している美しい街です。

リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroとはポルトガル語で「1月の川」という意味ですが、これは1502年、ポルトガル人探検家がこの地グアナバラ湾に到達したのが1月で、この湾を大きな川と勘違いしたことから命名されました。

また、この街やこの街で生まれ育った人とのことを「カリオカ」と呼びますが、これは当時のポルトガル人が皆、白壁の家を建て、それらの「白い家」を先住民トゥピ族の言葉で「カリオカ」と呼んだことが由来です。

サンバのカーニバルと「ポン・デ・アスーカル」

ポン・デ・アスーカル

リオと言えばやはりサンバのカーニバルが有名ですが、「カリオカ」たちには「リオを見て生き永らえよ」という言葉もあって、このカーニバルを見ていると生きることの素晴らしさを感じさせてくれます。

観光では市街を見下ろす標高710mのコルコバードの丘に立つキリスト像や「砂糖のパン」という意味の「ポン・デ・アスーカル」頂上からの眺めは見逃せません。

また、ブラジルは南米で唯一のポルトガル領だった国で、そのポルトガル統治時代の面影を残すセントロ地区のサン・ベント修道院やサン・ホセ教会等を巡ると歴史を感じることもできます。

目の保養をしながらのんびり過ごすのであれば、カリオカたちにも人気のイパネマ・レブロン海岸コパカバーナ海岸がお薦めで、ヤシの実を割ったジュースやマテ・コン・リモという名物のドリンクを飲みながら、太陽の楽園を満喫できます。

「サンパウロの人は仕事で忙しく、リオの人は遊びで忙しい」と言われますが、この陽気で楽天的な人たちに囲まれているとカーニバルを見ずとも生きる活力が湧いてきます。

祝!日本の縄文文化「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産

「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されることを記念して、私はこのたび『縄文人からのメッセージ』というタイトルで令和の旅を語り、Amazonの電子本として出版しました。人生100歳時代を楽しく旅するために縄文人の精神世界に触れていただければ幸いです。日本人の心に灯をつける『日本遺産の教科書』、長生きして人生を楽しむための指南書『人生は旅行が9割』とともにご一読下さい。

★平成芭蕉ブックス
 ①『日本遺産の教科書 令和の旅指南』: 日本人の心に灯をつける 日本遺産ストーリーの旅
 ②『人生は旅行が9割 令和の旅指南Ⅰ』: 長生きして人生を楽しむために 旅行の質が人生を決める
 『縄文人からのメッセージ 令和の旅指南Ⅱ』: 縄文人の精神世界に触れる 日本遺産と世界遺産の旅 

平成芭蕉ブックス『令和の旅指南』

参考記事:世界遺産の旅における「へー、そうだったの」

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

世界遺産とは地球の成り立ちと人類の歴史によって生み出された全人類が共有すべき宝物で、その内容によって①文化遺産②自然遺産③複合遺産に分類されます。この「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.