平静芭蕉令和の旅 吉田兼好「徒然草」ゆかりの兼好塚 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の旅語録

平静芭蕉令和の旅 吉田兼好「徒然草」ゆかりの兼好塚

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

新緑がまぶしく、薫風吹きわたる5月はツツジや藤などの花も次々に見ごろを迎える季節ですが、芭蕉さんにとっては行く春を惜しむ旅立ちの時期でもありました。
今年は「平成」の時代が去って「令和」元年にあたります。
そこで、平成芭蕉は芭蕉さんの故郷を訪ねて挨拶する前に、平成最後の旅として徒然草の作者、吉田兼好ゆかりの伊賀国種生の国見山を訪ねました。

平成芭蕉の旅は令和の時代も続きます

「平成」の行く春を惜しむ旅は「おくの細道」に通じる

兼好法師ゆかりの国見山

兼好法師ゆかりの国見山

芭蕉さんが「おくの細道」の旅に出たのは1689(元禄2)年3月27日で、今の暦では5月16日です。
風光る春から風薫る初夏に移る5月は、自然の中に盛り上がってくるようなエネルギーを感じますが、芭蕉さんもその力を借りようとしたのでしょう。
今日、その5月初旬をゴールデンウィークとして国民の休日としているのは絶妙な配慮だと思います。
すなわち芭蕉さんは今の5月中旬に江戸深川を出発し、千住大橋で見送ってくれた弟子たちに次の別れの句を詠んだのです。

行く春や 鳥啼き魚の目は泪 (ゆくはるやとりなきうおのめはなみだ)
是を矢立の初として行道なをすゝまず。人々は途中に立ならびて後かげのみゆる迄はと見送なるべし。

離別の句としては
「鮎の子の白魚送る別れかな(若鮎が白魚の後を追って春の川をさかのぼる)」
(続春蓑)が知られていますが、芭蕉さんはこれに離別と春を惜しむ気持ちを加味するために「行く春や」を添えたのでしょう。
矢立てのはじめとは、「旅に出て最初に筆に墨をつけて書く」という意味ですが、昔の旅は現代と異なり、みちのく東北への旅ともなれば、死を覚悟して二度と会えないかもしれないと思って詠んだのだと思います。

松尾芭蕉「行く春や」の句

松尾芭蕉「行く春や」の句

中国唐の詩人、杜甫は

「時に感じては花にも涙をそそぎ、別れを惜しんでは鳥にも心を驚かす」

と詠んでいますが、芭蕉さんもこの句と陶淵明の

「鳥は旧林を恋い、池魚は故淵を思う」

を意識したと言われています。

平成最後の旅は芭蕉さんも敬愛した兼好法師ゆかりの国見山

服部土芳の句碑

服部土芳の句碑

私も平成芭蕉として令和の挨拶を兼ねて芭蕉さんの出身地である伊賀上野を訪ねようと旅立ちましたが、まずは同じ三重県伊賀市で芭蕉さんが敬愛していた吉田兼好が晩年過ごした種生(たなお)の国見山に立ち寄ることにしました。
国見山一帯は、織田信長が攻めてきた天正伊賀の乱で、伊賀者が強敵織田軍相手に最後まで抵抗した場所です。
芭蕉さんもこの地を訪ねたかったと言われていますが、思いはかなわず、弟子の服部土芳がその意思を継いで訪ね、

「月添いて悲しさこほる萩すすき」

と詠んでいます。
当時この国見山には国見寺という寺があって、その一室で吉田兼好が徒然草の草稿を練ったと言われています。その兼好法師は

「いづくにもあれ しばし旅立ちたるこそ目覚むる心地すれ」

とリフレッシュには旅が一番であると言っています。
そこで、、私は令和の時代も平成芭蕉として旅を続ける決意をしました。

p>by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.