令和の時代におすすめの「世界遺産ベスト5」 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の世界遺産

令和の時代におすすめの「世界遺産ベスト5」

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています。

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

世界遺産とは地球の成り立ちと人類の歴史によって生み出された全人類が共有すべき宝物で、その内容によって①文化遺産②自然遺産③複合遺産に分類されます。この「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

平成芭蕉おすすめの本当に行って良かった世界遺産

平成の2018年7月現在で世界遺産は1092件(文化遺産:845件、自然遺産:209件、複合遺産:38件)が登録されています。

一つの国からは原則として同じ種類のものを重複して登録しないことになっているため、現在登録されている世界遺産は世界各国の歴史や文化と自然を代表する価値あるものと言えます。

そこで、平成時代を振り返って新しい令和の時代におすすめの世界遺産を選んでみました。

1.エジプトのピラミッド

「メンフィスとその墓地遺跡~ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」参照

ピラミッドとスフィンクス

世界遺産誕生のきっかけとなったヌビア遺跡「アブ・シンベル神殿」も偉大な世界遺産ですが、おすすめの第一はやはり歴史の教科書には必ず紹介されている、世界一の観光資源、エジプトのピラミッドとピラミッドを守るように鎮座するスフィンクスです。

クフ、カフラー、メンカウラーの三大ピラミッドの立っている位置は、エジプト神話で再生の神「オシリス」が宿るオリオン座ベルトの三ツ星と同じ位置関係にあり、三つのピラミッドの四側面はすべて正確に東西南北を指していることも驚きです。

また、地球の平均温度は20度と言われていますが、砂漠の真ん中にあるピラミッド内部は日中でも快適な20度前後に保たれており、ピラミッドの興味はつきません。

エジプトまで行けない人は、奈良市高畑町にある「日本のピラミッド」と呼ばれるエキゾチックな「頭塔」がおすすめです。

2.カンボジアのアンコール遺跡

カンボジアの誇り「アンコールワット」

アンコール遺跡は一般的にアンコール・ワット(寺院都市)の名前で知られていますが、これはカンボジア王国シェムリアップ州にあるアンコール・トムなどの遺跡群の一部です。

インドネシアのボロブドゥールミャンマーのバガンと並ぶアジアの三大仏教遺跡の1つでもありますが、私はここアンコールではいつもデジャヴュ(既視感)を感じ、アジアに生きている自分を実感できるのです。

静かで不思議な感動を伝える信仰や風習は私たち日本人が忘れていたものか、それとも持ったことのないものかはわかりませんが、五感に新鮮な驚きが溢れてくるのです。

また、このアンコールは地球の反対の地にあるナスカの地上絵の線が交わる場所とも言われています。 

3.ペルーのマチュピチュ

「失われた都市」とも呼ばれるマチュ・ピチュ遺跡は、インカ帝国時代の遺跡の中でも保存状態がよく、周辺の自然環境も重要な動物相と植物相を含んでいることから複合遺産として登録されています。

自然石の上に建てられた石積みの見事な「太陽の神殿」や「太陽をつなぎとめる場所」を意味するインティワナ(日時計)など多くの遺構が残っていますが、私のおすすめは「インカ道」です。なぜなら、この高度な空中都市を支えたのは300年続いた日本の江戸時代の街道と同様に「インカ道」と呼ばれる街道であると考えられるからです。

また、今でこそ世界的に有名になったマチュピチュ遺跡ですが、その陰には遺跡のふもとにあるマチュピチュ村の発展に尽くした日本人、野内与吉氏の存在は知られていません。

実はマチュピチュ遺跡が世界遺産登録されたのはこの野内与吉氏の観光事業に対する先見の明があったからなのです。

マチュピチュの「インカ道」

マチュピチュの「インカ道」

 4.日本の参詣道「熊野古道」

巡礼の道「熊野古道」

「熊野古道」はスペインの「センティアゴ・エ・コンポステーラの巡礼路」と共に登録対象が参詣道です。

特に熊野古道の伊勢路「伊勢へ七度、熊野へ三度」と呼ばれる信仰の道で、今年は改元の年に当たっており、伊勢神宮参拝とともに熊野詣でもお勧めです。

古来、「黄泉の国」と呼ばれた熊野は、平安時代に浄土信仰が盛んになった際、「現世の浄土」とされ、穢れ(けがれ)を清め、新たな自分へと再生する「蘇り(よみがえり)の地」(黄泉から返る)と考えれれていたのです。

また、熊野は森林、海、温泉、河川、滝など、自然のもつ様々なエネルギーを享受できる場所でもあり、私が健康促進で提唱する五浴(日光浴・森林浴・海水浴・温泉浴・イオン浴)の旅にも最適です。

5.フランスの「モン・サン・ミシェル」

西洋の驚異「モン・サン・ミシェル」

ノルマンディーにある「モン・サン・ミシェル」大天使ミカエルが降り立ったと伝えられる聖なる山で、フランスで最も有名な巡礼地でもあります。

しかし、私は映画「ラストコンサート」のオープニングで、美しいメロディーとともに主人公の少女ステラとピアニストのリチャードが出会った場所として登場したモン・サン・ミシェルの印象が強く、ロマンチックなイメージを抱いています。

その「ラストコンサート」の映画は、懸命に生きようとする白血病の少女ステラが、人生に挫折したピアニストのリチャードを再起させるという内容でしたが、モン・サン・ミシェルは「挑戦する人間の偉大さ」を感じさせる聖地であるが故にこの映画のオープニングに使われたのかもしれません。

改元の2019年に新しいことに挑戦しようと考えている人には特におすすめの世界遺産です。 

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.