南米ボリビアの世界遺産 チチカカ湖畔の「ティワナク遺跡」 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の世界遺産

南米ボリビアの世界遺産 チチカカ湖畔の「ティワナク遺跡」

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています。

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

世界遺産とは地球の成り立ちと人類の歴史によって生み出された全人類が共有すべき宝物で、その内容によって①文化遺産②自然遺産③複合遺産に分類されます。この「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

チチカカ湖畔の巨石文化「ティワナク遺跡」 

1995年に刊行され、世界的なベストセラーとなったグラハム・ハンコックの名作『神々の指紋』を電子書籍で読みました。

彼はエジプトのスフィンクスをはじめ世界各地の古代遺跡を調査しましたが、今回はその中で南米ボリビアのティワナク遺跡について書いてみたいと思います。

抜けるような青い空に白い雲が浮かぶ、南米ボリビアの町ティワナクですが、この地には有名な世界遺産マチュピチュのインカ文明より先にあったプレ・インカ文明の遺跡が残っています。

標高の高いチチカカ湖近辺にあるティワナクは、当初は高地にあるため、人々が暮らすに必要な食物を生産出来ないので、国家など成り立つはずがない、と考えられていましたが、発掘調査の結果、排水設備多数の住居跡など多くの人々が生活していた跡が見つかっています。

ボリビアのティワナク遺跡

ボリビアのティワナク遺跡

ボリビアは多民族国家で豊富な天然資源を持っていますが、国民は貧しく、「黄金の玉座に座る乞食」と表現されてきました。

ティワナク遺跡はそのボリビアの首都ラパスの西方、チチカカ湖の南東にあり、プレ・インカ期の遺跡で、その起源は紀元前200年頃まで遡ると言われています。

特に石造技術に優れ、これは周辺地域や後世のインカ文明にも大きな影響を与えました。

現在の遺跡は1970年代に復元されたものですが、私の見る限りでは、いたっていい加減な復元で、残念ながら遺跡本来の姿とは思えません。

テイワナクを象徴する「太陽の門」と「半地下神殿」

しかし、遺跡の中心となるカラササーヤ広場に置かれた「太陽の門」や石の顔が壁面から突き出している「半地下神殿」などは見ごたえがあります。

特に縦約28m、横約26m、高さ約1.7mの半地下神殿には、石組みの間に180もの石の顔があり、驚くことに同じ顔は一つとしてありません。

半地下神殿の顔

半地下神殿の顔

地下に降りて周囲を見渡すと、たくさんの人に見つめられているように感じますが、中には東洋系の顔もあり、1000年も前に東洋と交易があったのかと謎が深まります。

一瞬瓦礫と土の山に見える丘は、アカパナのピラミッドですが、このピラミッドは底辺約210m、高さは約17mあって、頂上には貯水槽や食糧庫がありました。

アカパナのピラミッド

アカパナのピラミッド

しかしスペインの征服者によって徹底的に破壊され、町を作るために石材を持って行かれたため、現在は当時の面影はありませんが、頂上からはティワナクの他の遺跡をはっきりと見ることができます。

ティワナク遺跡の中心「カラササーヤ広場」

西側に立つモノリート「エル・フライレ」

西側に立つモノリート「エル・フライレ」

中心にあるカラササーヤ広場には、「太陽の門」以外に2体の石像(モノリート)が立っていますが、西側に立っている石像(モノリート)はエル・フライレ(修道士)と呼ばれ、カニの模様のベルトをしています。

東側に立つモノリート「ポンセ」

東側に立つモノリート「ポンセ」

東側に立つモノリートはポンセと呼ばれ、保存状態が良く、表面の彫刻も残っていますが、エル・フライレとは素材の石が異なっているようです。

そしてシンボルの「太陽の門」は、一枚岩を彫り出して作られたもので、正面上部にはビラコチャ神が彫られており、その両側には、鳥人および走る人とされる2種類の像が繰り返して浮き彫りになっています。

この「太陽の門」の使途は解明されていませんが、表面はツルツルに研磨されており、現代のダイヤモンド研磨技術で磨いたように滑らかで、高度な石の加工技術を持っていたと推察されます。

現代のボリビア政府もこのティワナク文明の技術を見習って、もう少し丁寧な修復作業を行えば、この遺跡を訪れる観光客も増えると思います。

ティワナク遺跡の「太陽の門」

ティワナク遺跡の「太陽の門」

★関連記事:平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.