令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産 ヴァティカン市国~サン・ピエトロ大聖堂と聖ペトロ

更新日:

Pocket

教皇領とカトリックの総本山「ヴァティカン市国」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

平成芭蕉の「世界遺産への旅」

潜伏キリシタン憧れの地、ローマ

ヴィットリオ・エマヌエル2世記念堂

バーレーンのマナマで開かれたユネスコの会議で日本の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が正式に世界文化遺産として登録されました。

そこで、今回は彼ら潜伏キリシタンにとって憧れの地であったローマのヴァティカンについてご紹介します。

ヴァティカン市国のあるイタリアは、西ローマ帝国が滅んでからはいくつもの国に分裂し、ナポリやフィレンツェそしてヴェネツィアなどの都市も19世紀以前はそれぞれが独立した国家でした。

それが1860年代にサルディニア王国のヴィットリオ・エマヌエル2世のもとで再統一されたのですが、中世以来ローマを中心に広い面積を占めていた教皇領の編入については、これを認めないローマ教皇(法王)と新しく生まれたイタリア王国との間に気まずい冷戦状態が続いたのです。

これを解決したのは独裁者ムッソリーニで、彼は1929年にラテラーノ条約を結んで境界線を決めると同時に教皇の法的地位も明確にしました。

その結果生まれたのが、ローマ教皇(法王)を首長とする世界最小の独立国であるヴァティカン市国で、ローマ教皇庁が置かれるカトリック教会の聖地です。ローマ教皇が国家元首を務め、国全体が世界遺産登録されている世界で唯一の場所です。

サン・ピエトロ大聖堂と聖ペトロ

カトリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」

そこでムッソリーニが造ったサン・ピエトロ広場に続く大通りの名前コンチリアツィオーネは両者の「和解」という意味です。

荘厳なるカソリック総本山であるヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂は、イエス・キリスト最初の弟子、聖ペトロ(イタリア語ではピエトロ)の墓の上に建てられた4世紀のバジリカ(集会堂)が起源で、キリスト教徒を味方につけて天下を取ったコンスタンティヌス大帝が寄進したとされています。

ペトロ(本名はシモン)はラテン語で「岩」を意味しますが、彼は岩のように意思も強く、統率力もあったので、イエスが「あなたは岩、私はこの岩の上に教会を建てよう。あなたに天の国の鍵を授けよう」と後事をペトロに託したのです。以来、「鍵」は使徒ペトロ、そしてペトロの後継者であるローマ教皇(法王)のシンボルとなったのです。

重要な人物を「鍵を握る人」と言いますが、ローマ教皇(法王)はキリスト教の信者のみならず宗教界のリーダーであり、世界平和の鍵を握る存在なのです。

サン・ピエトロ大聖堂は、宗教建築としては世界最大級の大きさを誇り、15世紀にドナート・ブラマンテを主任建築家として始まった改築工事を、ミケランジェロが引き継いで1626年に完成しました。ミケランジェロはまた、システィーナ礼拝堂『最後の審判』のフレスコ画も描きました。

信徒発見と教皇による26殉教者の列聖

今回、世界遺産登録された大浦天主堂における「信徒発見」は、世界宗教史上の奇跡とされ、当時の教皇ピオ9世は日本の26人の殉教者を聖人の位にあげる列聖を行い、世界中の信者に「日本の教会の事を考えて祈りを捧げよう」と呼びかけたと言われています。

しかし私はプチジャン神父が潜伏していた信徒を発見したというより、建てられて間もない長崎の大浦天主堂で「サンタ・マリア様のご像はどこ?」と尋ねた潜伏キリシタンたちによる神父発見という表現の方か正しいように思えます。

祝!日本の縄文文化「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産登録

「北海道と北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されたことを記念して、私はみちのくを旅した芭蕉の研究本『松尾芭蕉の旅に学ぶ』と共に『縄文人からのメッセージ』というタイトルで縄文文化を語り、平成芭蕉の『令和の旅指南』シリーズ(Kindle電子本)として出版しました。人生100歳時代を楽しく旅するために縄文人の精神世界に触れていただければ幸いです。

また、日本人の心に灯をつける『日本遺産の教科書』、長生きして人生を楽しむための指南書『人生は旅行が9割』、感情の老化を防ぐ私の旅日記である『生まれ変わりの一人旅』とともにご一読下さい。

★平成芭蕉ブックス
 ①『人生は旅行が9割 令和の旅指南Ⅰ』: 長生きして人生を楽しむために 旅行の質が人生を決める
 『縄文人からのメッセージ 令和の旅指南Ⅱ』: 縄文人の精神世界に触れる 日本遺産と世界遺産の旅
 『松尾芭蕉の旅に学ぶ 令和の旅指南Ⅲ』:芭蕉に学ぶテーマ旅 「奥の深い細道」の旅
 ④『生まれ変わりの一人旅 令和の旅指南Ⅳ』: 感動を味わう一人旅のススメ
 ⑤『日本遺産の教科書 令和の旅指南』: 日本人の心に灯をつける 日本遺産ストーリーの旅

平成芭蕉「令和の旅指南」シリーズ

参考記事:世界遺産の旅における「へー、そうだったの」

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

世界遺産とは地球の成り立ちと人類の歴史によって生み出された全人類が共有すべき宝物で、その内容によって①文化遺産②自然遺産③複合遺産に分類されます。この「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.