アメリカの世界遺産 自然保護を目的としたヨセミテ国立公園 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の世界遺産

アメリカの世界遺産 自然保護を目的としたヨセミテ国立公園

更新日:

Pocket

国立公園の発展に中心的役割を果たした世界遺産「ヨセミテ国立公園」

最近の世界情勢を伝えるニュースでは、「偉大なるアメリカ復活」を標語に掲げるアメリカ大統領トランプ氏の報道が多く、各方面で今後の動向が注目されるアメリカですが、今回は大統領が交代しても変わらないアメリカの偉大な自然公園、ヨセミテ国立公園をご紹介します。

アメリカにおける国立公園の理想は「万人に開かれた公園として後世に残す」というもので、「平等」を掲げたアメリカ独立宣言にも通じると言われています。

このヨセミテ国立公園は「ありのままの自然」を残そうと、ヨセミテ渓谷を新大陸における『カテドラル』と命名、神聖にして犯されざるものとして開発と闘った「自然保護の父」ジョン・ミューアの功績によって雄大な景観が残されているのです。

国立公園の父ジョン・ミューア

国立公園の父ジョン・ミューア

また、この公園は世界自然遺産ですが、ミューアの世界に先駆けて生まれた「国立公園」の発想の原点が、ここヨセミテにあるので、アメリカ文化の側面からするとヨセミテは文化遺産の要素もあると考えられます。

実際、時の大統領セオドア・ルーズベルトは母と妻を病気で亡くし、その深い悲しみを救ってくれた自然の力を認め、その自然への思いを同じくするミューアとヨセミテで3日間キャンプして会談、その後はミューアの理想を実現させるべく各地に国立公園を設けたのです。

ヨセミテ国立公園が国立公園に指定されたのは1890年 と、実に130年近くも前のことで日本は明治23年、まだ教育勅語が発布されたばかりの頃です。

ヨセミテ国立公園のビューポイント

ヨセミテ国立公園は、年間を通してオープンしており、春は雪解け水の豊富な滝、夏は鮮やかな緑の木々、秋は燃えるような紅葉、冬は静寂に包まれた雪景色と、アメリカならではのスケールの大きな四季を楽しむことができますが、私はやはり夏のグレイシャーポイントから眺めるハーフドームが一番お勧めです。

ヨセミテ国立公園のハーフドーム

ヨセミテ国立公園のハーフドーム

これは標高2693mのヨセミテを象徴する岩山で、このポイントから見ると岩が半分に割れているように見えることからハーフドームと命名されました。

また、一枚岩の花崗岩としては世界最大で、ロッククライマーの聖地とされるエル・キャピタンも外せません。

「エル・キャピタン」という名前の由来は、アメリカ先住民がこの岩を「岩の族長(キャプテン)」と呼んでいたことから名付けられたそうですが、特に冬は岩肌を雪が多い、幻想的な美しさを堪能できます。

エル・キャピタン

エル・キャピタン

このエル・キャピタンの対側にあるのが、新大陸の教会と称される「カテドラルロック」で、氷河が造り上げた巨大な彫刻美は、ヨセミテ渓谷のなりたちを思い起こさせてくれる風景です。

5月から6月の雪解けシーズンであれば、ヨセミテ滝も水量が豊富で迫力があります。

なお、ミューアの理想を具現化した「トンネル・ビュー」からの眺めは、道路などの人工物が見えないように工夫されており、ヨセミテ国立公園の自然パノラマを満喫するにはベストポジションです。

私はこの偉大なアメリカの自然に触れると「我々を偉大な国民にならしめるのは、何を所有しているかではなく、所有しているものを我々がどのように用いるかである」と言ったセオドア・ルーズベルト大統領の言葉を思い出します。

おすすめのトンネルビュー

おすすめのトンネルビュー

アメリカでの主な観光地というと、ニューヨークやラスベガスなどの都市に目が行きがちですが、アメリカは日本とは比べ物にならないワイルドな大自然という大きな観光資源も持ち合わせており、私たち日本人もこの偉大な自然からいろいろと学ぶべきだと思いました。

ヨセミテ滝

ヨセミテ滝

 

★関連記事:平成曽良の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.