[2ページ目] 著者: heiseibasho | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

「 投稿者アーカイブ:heiseibasho 」 一覧

一度は乗りたい豪華列車 ロボスでアフリカ大陸横断

2019/05/12   -平成芭蕉同行の旅

豪華列車ロボスで走る アフリカ大陸横断鉄道の旅 15日間 ロボス・レイルのPride of Africa号は、Rohan Vos氏が個人で所有する豪華列車で、15両編成からなり、豪華コンパートメントに ...

オーバーアマガウの象徴コーフェル山

10年に一度オーバーアマガウのキリスト受難劇旅行記

2019/05/10   -平成芭蕉同行の旅

p> PASSIONSSPIELE 2010 受難劇鑑賞と中欧の旅 9日間 2020年は東京オリンピックの都市ですが、ドイツのオーバーアマガウでは10年に一度のキリスト受難劇の第42回めの講演が ...

The Empire Country Club

ブルネイで悟った ゴルファーにとってのドライバー飛距離

2019/05/09   -平成芭蕉の旅語録

先日、写真を整理していたら、懐かしいブルネイのでの写真と当時のゴルフ日記を見つけました。 ブルネイはアジアで一番豊かで平和な国で、首都のバンダル・スリ・ブガワンには有名な7つ星ホテルがあり、それが当時 ...

アントニヌスの浴場跡

チュニジアの世界遺産 カルタゴはなぜ滅びたか

令和の時代を迎えて、昭和の時代は歴史となり、日本が敗戦国であったことを認識する人も少なくなってきています。 1945年の敗戦によって日本は軍隊・交戦権を奪われ、神道や神話の教育も禁止されましたが、有難 ...

草原の教会「ヴィース教会」

ドイツの世界遺産 ロココ建築の傑作ヴィース教会

ドイツのロココ様式建築最高傑作と称されるヴィース教会は、ヨ-ロッパで最も美しいい巡礼教会です。ドミニコ会と洗礼者聖ヨハネ会の修道士たちが建てた教会で、祭壇の涙を流したという伝説の「鞭打たれるキリスト」 ...

若狭路への万葉の旅

「万葉集」をテーマとした旅⑤~令和元年に訪ねる若狭路

古今東西、人は美味しいものや美しいものを求めて旅をし、歴史を重ねてきました。 人も町も自然もすべてが美しい土地こそ不易の文化が光を放っています。 そこで伊勢志摩と同様に美味しい食材と美しい風景を誇る「 ...

ドゥブロヴニク旧市街

一度は行きたいドゥブロヴニク クロアチアの世界遺産

2019/05/04   -平成芭蕉同行の旅

p> イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海沿岸には、歴史に翻弄されながらも中世の薫りを色濃く残し、奇跡のように美しい街が紺碧の海にちりばめられたように点在しています。 その代表が「アド ...

志摩の万葉故地

「万葉集」をテーマとした旅④~令和元年に訪ねる伊勢志摩

神々の中の神に挨拶するために伊勢の神宮を参拝した後は、倭姫命の巡行地をめざしてもうひとつの伊勢路を旅しました。 すなわち、万葉集に歌われた御食(みけ)つ国、海の幸に満たされたうまし国の伊勢志摩めぐりで ...

ガイランゲルフィヨルド

一度は行きたいフィヨルド観光 北欧珠玉の世界遺産巡り

2019/05/01   -平成芭蕉同行の旅

p> このツアーでは北欧三ヶ国の主要都市オスロ、ストックホルム、ヘルシンキを巡るだけでなく、主要な世界遺産とフィヨルドの中でも人気のあるガイランゲルフィヨルドを観光します。 特にガイランゲルのユ ...

中尊寺の金色堂

松尾芭蕉も讃えた平泉の世界遺産 中尊寺金色堂と浄土庭園

俳聖松尾芭蕉の句でも有名な平泉の中尊寺金色堂は、訪れる人に光り輝くロマンを与えてくれます。 なぜなら、マルコ・ポーロが東方見聞録に「ジパング(日本)には黄金に輝く家がある」と紹介したことから、コロンブ ...

西宮神社の伊勢神宮遙拝所

「平成」から「令和」への改元は天からの贈り物

2019/04/30   -平成芭蕉の旅語録

いよいよ平成から新しい「令和」の時代を迎えます。私、平成芭蕉は「令和芭蕉」と改名はしませんが、この改元の儀式は天からの「贈り物」と考えています。 去っていく「平成」から新しい「令和」の時代を迎える今P ...

ギアナ高地のテーブルマウンテン

ベネズエラの世界遺産 ギアナ高地のカナイマ国立公園

「失われた世界」の舞台ギアナ高地のカナイマ国立公園には、数多くのテーブルマウンテンがそびえ立っています。 そしてその中のアウヤンテプイと名のつくテーブルマウンテンには、979メートルという世界最大の落 ...

五香宮から見た牛窓灯籠

「万葉集」のテーマ旅行~瀬戸内海の万葉故地を訪ねる

2019/04/29   -平成芭蕉同行の旅

日本との関係が深かった百済救援のために斉明天皇一行は瀬戸内海を九州に向けて航海をしていました。 当時の航海は風向きや潮の流れに大きく左右されたため、鞆の浦をはじめとする港で風待ち、潮待ちをしていました ...

兼好法師が眠る「兼好塚」

平静芭蕉令和の旅 吉田兼好「徒然草」ゆかりの兼好塚

2019/04/29   -平成芭蕉の旅語録

新緑がまぶしく、薫風吹きわたる5月はツツジや藤などの花も次々に見ごろを迎える季節ですが、芭蕉さんにとっては行く春を惜しむ旅立ちの時期でもありました。 今年は「平成」の時代が去って「令和」元年にあたりま ...

スイスアルプスとユンフラウ鉄道

一度は行きたいスイスアルプス スイス珠玉の世界遺産巡り

2019/04/27   -平成芭蕉同行の旅

スイス旅行でのアルプス4名峰展望台は、ユングフラウのスフィンクス展望台、モンブランのエギーユ・デュ・ミディ展望台、マッターホルンのゴルナーグラート展望台とこのピッツベルニナのディアボレッツァ展望台です ...

キンデルダイクの風車群

一度は行きたいアムステルダム オランダ・ベルギー8日間

2019/04/27   -平成芭蕉同行の旅

鎖国時代にも通商関係のあったオランダは日本と関係の深い国です。今回のツアーではアムステルダムはもちろんですが、オランダのヴェネツィアと呼ばれる小村ヒートホールンへやオランダらしいキンデルダイクの風車な ...

ノートルダム大聖堂

一度は行きたい花の都パリ フランスと魅力ある中欧9日間

2019/04/27   -平成芭蕉同行の旅

  さる4月15日に起きたパリ発祥のシテ島にあるノートルダム大聖堂の大火災は、フランス人やカトリック信者だけでなく全世界の人に衝撃を与えました。 「我らが貴婦人」ノートルダムは、ゴシック建築 ...

サン・フランチェスコ大聖堂

一度は行きたいイタリア イタリア珠玉の世界遺産巡り8日間

2019/04/26   -平成芭蕉同行の旅

「全ての道はローマへ通ず」の言葉通り、イタリアはもとよりヨーロッパ各地からローマへの道は整備されています。 これは古代ローマ帝国において道路政策が非常に重視されたことに由来しますが、人と物流がローマに ...

エメラルドレイクのロッジ

一度は行きたいカナディアン・ロッキー カナダ周遊7日間

2019/04/26   -平成芭蕉同行の旅

今回のカナダ周遊の旅は、ナイアガラの滝とカナディアン・ロッキーという大自然に触れる旅でした。 英国の女性探検家イザベラ・バードが自分の健康回復のための療養で最初に訪れた地でもあります。 すなわち、この ...

アンデスの風物詩リャマ

一度は行きたいウユニ塩湖 アンデスのチリ・ボリビア11日間

2019/04/25   -平成芭蕉同行の旅

チリ北部のアタカマ高地から世界一大きな平原、ウユニ塩湖を訪ねるツアーで、憧れのウユニ湖畔の塩のホテルに連泊します。 標高3000m以上の高地にあるため、高山病等に注意しながら、まぶしいほどに輝く白の世 ...

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.