「ハガネの街」島根県安来に人魚姫の像!? | 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の旅語録

「ハガネの街」島根県安来に人魚姫の像!?

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って「共感」する旅をしています

平成芭蕉のテーマ旅行

平成芭蕉の旅語録

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

島根県安来の人魚姫像と「はがねの街」散策

安来市観光協会での観光動向セミナー

安来市観光協会のお招きで「ウィズ・アフターコロナの観光動向セミナー」と題した講演の機会があり、安来市内のレトロな街並みや話題の列車「銀河」を見学し、また月山富田城(がっさんとだじょう)に登り、奥出雲のたたら風土記の里も巡ってきました。

安来市の観光動向セミナー紹介記事

私は各地で観光業界の意識改革と「観光客が来るのは当たり前ではなく、今後は地元側でも受け入れ態勢を整え、努力しなければならない」と主張してきましたが、今回は加えて「繋ぐ育てる」をテーマとした現地案内人の育成についても熱く語りました。

安来と言えば、「アラエッサッサァー」の掛け声で始まる安来節のどじょうすくいや横山大観など日本有数のコレクションで知られる足立美術館が有名ですが、鉄の流通拠点としても栄えた場所で、当時の賑わいは「割烹山常楼」やそば「志ばらく」などのレトロな建物から連想できます。

国の有形文化財「山常楼」

山常楼は国の有形文化財に登録されており、凝った造りと七十七畳の大広間を持つ料亭です。また、「志ばらく」は土蔵造りの民家で2階の座敷部屋には安来生まれの陶芸家、河井寛次郎さんの作品など貴重な骨董品が展示されています。

「志ばらく」2階の骨董品

今なお独特のレトロな雰囲気を伝える「はがねの街」安来市は、「安来千軒 名の出たところ 社日桜に十神山」という、安来節の一節に謳われ、たたら製鉄の港町として発展してきたのです。

安来のレトロな街並

日本が世界に誇る「たたら製鉄」の歴史を伝える和鋼博物館前のSL機関車もその名残で、安来港に注ぐ木戸川に架かる橋には引き込み線跡も残っています。

和鋼博物館前広場のSL

安来の人魚姫「語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)の毘売(ひめ)像」

しかし、今回の安来訪問で印象に残ったのは、安来のシンボル十神山(とかみやま)「港の公園」との中間地点にあるコペンハーゲンの人魚姫像に似たモニュメントでした。

安来の人魚姫像「語臣猪麻呂の毘売像」

コペンハーゲンの人魚姫は王立劇場のプリマドンナがモデルですが、安来港の女性像は「語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)の毘売(ひめ)像」と呼ばれ、『出雲風土記』に娘をワニ(サメ)に殺された語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)がワニ(サメ)を退治した伝説が記されおり、鮫に殺された姫がモデルです。

語臣猪麻呂の毘売像

また、今日まで伝わる「月の輪神事」は、安来郷の長であった語臣猪麻呂のこのワニ(サメ)退治の故事に因んだもので、安来駅南の丘にある前方後円墳は彼の娘を埋葬した墓とも言われています。

「安来」の由来と語臣猪麻呂

アンデルセンの人魚姫像で知られるデンマークには「居心地が良い空間」を意味する「ヒュッゲ(HYGGE)」という言葉があります。これはデンマーク人が大切にしている時間の過ごし方や心の持ち方を表す言葉です。

デンマークの人魚姫像

*デンマークのヒュッゲとは?

「語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)の毘売(ひめ)像」の立つ安来港の「安来」という地も、スサノオによって「安来く(やすけく)地」と命名されており、私はデンマークの「ヒュッゲ」に通じるものを感じました。

安来郷の長「語臣猪麻呂像」

かつてひと時の安らぎを求めて上陸した船乗りたちの気分が今なお味わえる街です。

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.