平成最後の「初詣」は「猪」を祀る馬見岡綿向神社 | 芭蕉さんの旅講座

平成芭蕉の旅語録

平成最後の「初詣」は「猪」を祀る馬見岡綿向神社

更新日:

Pocket

人気ブログランキングへ

平成最後の年には「開運」をテーマとした旅

平成芭蕉が継承する「平成」の意味と芭蕉さんの思い

本日、「平成」最後の新年を迎えましたが、「平成」という言葉は、中国の歴史書からの引用で

『内平外成(内平らかに外成る)』

『地平天成(地平らかに天成る)』

という「平穏で周囲と仲良くする」といった想いが込められています。

私も「旅で出会った人と良い関係を築き、同じ時間を過ごすことによって、感動を共有したい」と考え、この「平成」という元号の趣旨と芭蕉さんの「旅に生きた姿勢」を継承すべく、昨年より『平成芭蕉』のペンネームで旅の情報発信を始めました。

旅行にテーマを求める私は、これまで「街道」や「歴史」を中心に各種のテーマ旅行を企画実践してきましたが、今年は改元の年に相応しい「開運」をテーマとした旅に取り組みたいと思います。

すなわち、旅行で「元気」を回復し、いつまでも心身共に健康で自らの運命を切り開くという意味での「開運」です。

「開運」の旅の心得

「可愛い子には旅をさせよ」という言葉があるように、元気で人生を豊かに過ごすには、大いに旅に出るべきなのですが、目的のない旅であれば学びも少なく、旅行の満足度も上がりません。

しかし、旅するにはまずは健康で、気力も充実させておく必要があります。そこで、今年は私自身がこれまで実践してきた旅行で「元気」を回復する開運旅行についてもご紹介します。

開運の心得の第一は、やはり自分自身の歴史を振り返ることだと思います。すなわち、先祖伝来の氏神様やご先祖様が大切にしてきた物だけでなく思想的なことを見直すことです。

そこで、私は大晦日より自身の氏神様である奈良県桜井市の大神神社と皇室ゆかりの伊勢の神宮(正宮と別宮)、そして今年の干支であるを祀った滋賀県日野に鎮座する馬見岡綿向神社に「おかげ参り」と「初詣」に行ってきました。

「おかげ参り」と「初詣」

つまり、旧年を無事に終えることができたことに対する感謝を捧げ、2019年が良い年になるように氏神様に願掛けをしてきたのです。

なぜ、開運のために初詣という旅行が必要かと言えば、家で行う正月飾りやお雑煮を食べたりする行為は、先祖の霊とみなされる「歳神様」に対するものであり、初詣は同じ地域や国に住む人々にとって大切にされてきた「氏神様」に対する行為で、家にいては氏神様に対してのご挨拶ができないからです。

「イノシシ」を祀った馬見岡綿向神社

干支や恵方に関する神社については、その年によって異なりますが、今年の干支であるイノシシは私のような猪突猛進型の人間には親しみもあり、猪を祀る馬見岡綿向神社ではエネルギーを感じると同時に天地の神と一心同体になった気がしました。

この神社には古くからイノシシの焼き印が伝わり、12年に一度の亥年にのみ「焼き印入り特製絵馬」を奉製授与され、かつて司馬遼太郎の『街道をゆく』でも紹介され話題となりました。

壮大な境内には滋賀県指定文化財の本殿をはじめ、日野商人が寄進した立派な拝殿や絵馬殿、石橋などがありますが、狛犬ならぬ猪の像もあって、突進するような強い力、高い気を発しています。

まだ今年の方針が定まっていない人には、自分がどこに着地し、いかに根を張るべきかを教えてくれそうな神社です。

日本人であれば、開運の旅はまずは初詣という神社参りから始めるのが常道だと思います。 by 【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-平成芭蕉の旅語録

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.