トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地域」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地域」

更新日:

Pocket

ヨーロッパとアジアの架け橋イスタンブール

日本びいきの親日国トルコ

どこの国でも言えることですが、その国の言葉を知ることは、現地の人と仲良くなる一番の近道です。特にトルコでは挨拶の言葉だけでも覚えておくとトルコでの旅行が楽しくなること請け合いです。トルコ語は発音がローマ字読みをすればよく、また語順も日本語と同じで文法も似ていることから日本人が覚え易い言語の一つです。

トルコ人は親日的で、間違いにも寛容なので例えば「メルハバ」と挨拶の言葉をかけるだけで、仮にその発音やアクセントが違っていても笑顔で話しかけてきます。そもそも日本人はトルコでは絶大な人気があるのです。私自身、トルコに行くと癒されるだけでなく、元気を取り戻すことができます。

その理由として宿敵ロシアを破ったとか、初代大統領のアタチュルクが日本びいきであったとか言われ、日本とトルコは中央アジアの同じ民族を祖先に持つと信じられています。

ビザンツ帝国、オスマントルコ帝国の都

そこで今回は「ヨーロッパとアジアの架け橋」と呼ばれるビザンツ、オスマントルコ帝国の都として繁栄したイスタンブールの世界遺産をご紹介します。この街はボスポラス海峡によってヨーロッパ側とアジア側に分かれており、ヨーロッパ側は金角湾を隔ててさらに旧市街と新市街に分けられます。そして世界遺産「イスタンブール歴史地区」の登録物件は、ほとんどが旧市街に集中しています。

その中でもお薦めはオスマン帝国時代の君主(スルタン)が暮らしたトプカプ宮殿で、宝物館、謁見の間、有名なハレムなど当時の華麗な生活を偲ぶことができます。また、この宮殿は3方を海に囲まれた丘の上にたっているので、眺めも最高です。

そしてトプカプ宮殿の南にあるアヤソフィアとスルタンアフメット・ジャミィ、通称ブルーモスクも必見です。アヤソフィアはビザンツ帝国の中心でさらにはローマ・カトリックと並ぶ正教会の核でしたが、1453年、メフメット2世がこの地を征服した際、キリスト教の大聖堂からイスラム教のモスクへと変貌しました。

シルクロードの終点で東西文化の交流拠点

330年、ローマ帝国のコンスタンティヌス大帝がこの地を都に定めて以来、この街はシルクロードの終着地として東西文化の交流拠点となり、さらにはキリスト教とイスラム教が融合したという歴史的経緯から、私はこのイスタンブールが「アジアとヨーロッパの地理的な架け橋」というだけでなく、「政治文化や宗教を超えた民族の架け橋」になって欲しいと思います。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.