ミラノの世界遺産 ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』鑑賞法 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の世界遺産

ミラノの世界遺産 ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』鑑賞法

更新日:

Pocket

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

レオナルド・ダ・ヴィンチの名作『最後の晩餐』は、もちろんミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会で本物を鑑賞するのが一番ですが、イタリアに行かなくても徳島県鳴門市の大塚国際美術館で修復前と修復後の絵をじっくりと鑑賞することができます。




イタリアの世界遺産『最後の晩餐』で有名なミラノの教会 

大塚国際美術館で修復前後の『最後の晩餐』を鑑賞

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

私は毎月、旅の文化カレッジで海外旅行参加者特典の「目からウロコのヨーロッパ歴史講座」を担当していますが、最近はキリスト教絵画に関する質問を受ける機会が増えました。
そこで、私はレオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとする著名な画家の西洋絵画をしっかりと鑑賞する目的で徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきました。
この美術館は世界中の至宝の名画1000余点をオリジナルと同じ大きさに複製した「陶版名画美術館」です。
今回の私の目的はレオナルド・ダ・ヴィンチの有名な『モナ・リザ』ではなく、同じ彼の作品でも今では見られない修復前の『最後の晩餐』でした。
イエスによる衝撃の告白により、動揺する弟子たちに自らの肉と血としてパンと葡萄酒を与える緊迫のドラマをとらえた大壁画です。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の壁画『最後の晩餐』

修復前の『最後の晩餐』

修復前のイエス・キリスト

この絵画は、彼のパトロンであったミラノのスフォルツァ公の依頼で1498年に完成させた作品で、現在は「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドミニコ会修道院」として世界遺産に登録されています。
絵画は当時食堂だった部屋の壁面にフレスコ画ではなく、テンペラ画の技法で描かれました。
フレスコ画は漆喰を塗ってから乾ききるまでに絵を仕上げる手法で、重ね塗りや描き直しは基本的にできません。
レオナルドはこの作業時間の制約を嫌い、完全に乾いた漆喰の上に薄い膜を作った上で、卵・ニカワ・植物性油等を溶剤として顔料を溶き、白黒で陰影を描いた後に色を重ね塗りして写実的に描きました。
しかし、このテンペラ画は温度や湿度の変化に弱く、食堂という環境から激しい浸食と損傷が進み、そのため、16世紀から19世紀にかけてこの損傷や剥離部分について複数回の修復や書き足しが行われ、20世紀後半にはレオナルド自身の絵がどの程度残っているのかわからなくなってしまいました。

ピニン・ブランビッラによる完璧な修復で蘇った『最後の晩餐』

修復後の『最後の晩餐』

修復後のイエス・キリスト

そこで、1977年から20年以上の歳月をかけて大規模な修復作業が行われましたが、この大事業は修復家ピニン・ブランビッラが一人で行い、レオナルドのオリジナルの線と色彩を見事によみがえらせました。
その結果、壁のタペストリーが花柄であり、キリストの口は閉じていないことや、テーブルには魚の切り身が並んでおり、裏切者のユダの顔だけが陰になっていることなどがはっきりと分かるようになりました。
これは、修復家であるピニン・ブランビッラが従来の一時的な補修ではなく、本当の「修復」というプロの仕事をこなしてくれたおかげかと思います。
ミラノでの見学は予約制でしかも15分足らずしか鑑賞できないので、ルネサンス期の天才レオナルドとプロの修復家ブランビッラの偉業を理解するためには、事前に大塚国際美術館で修復前と修復後の作品を見比べてから本物を見に行かれることをお勧めします。

レオナルド・ダ・ヴィンチの斬新な構図と天才的な人物描写

レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』

レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』

じっくりと鑑賞すればこの絵の斬新な構図とレオナルド・ダ・ヴィンチの天才的な人物描写が見てとれます。
すなわち、イエスが裏切り者の存在を告げたその瞬間、ある者は立ち上がり、自分ではないと訴える者、顔を見合わせて議論を始める者など、まるで演劇のクライマックスを見ているかのようです。
ここには同じ表情や動きをしている者は一人もいないのです。
従来、裏切り者のユダはテーブルの反対側に描かれていましたが、この絵ではペテロヨハネというイエスにとって重要な使徒と一緒に描かれているので、私には何とも言えない緊張感を感じるのです。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

Follow me!

Pocket




-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.