スペインの世界遺産 セビリアの大聖堂と慶長遣欧使節 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の世界遺産

スペインの世界遺産 セビリアの大聖堂と慶長遣欧使節

更新日:

Pocket

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って世界遺産を旅しています。

平成芭蕉の世界遺産

平成芭蕉の世界遺産

世界遺産とは地球の成り立ちと人類の歴史によって生み出された全人類が共有すべき宝物で、その内容によって①文化遺産②自然遺産③複合遺産に分類されます。この「平成芭蕉の世界遺産」はその世界遺産についての単なる解説ではなく、私が実際に現地に赴いてその土地に生きる人たちと交流した際に感じた感動の記録です。

スペインの歴史薫る世界遺産の街セビリアと慶長遣欧使節

仙台藩主政宗の“伊達”な功績「慶長遣欧使節」ゆかりの地

セビリアのアルカサル

セビリアのアルカサル

私は世界遺産の講座もさることながら、最近は地方創生に関連した日本遺産についての講演をする機会も増えたのですが、日本遺産の講演では海外との関係にも触れて話すようにしています。

例えば、宮城県の「政宗が育んだ“伊達”な文化」では、伊達政宗が派遣した支倉常長「慶長遣欧使節」ゆかりの街セビリアについてもご紹介させていただくのです。

慶長遣欧使節は慶長18(1613)年、仙台藩主伊達政宗がセビリア出身のフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を福使として、スペイン国王フェリペ3世およびローマ教皇パウルス5世のもとへ派遣した使節です。

その主目的はスペインとの通商交渉であったと言われていますが、一行はメキシコを経由し、1614年10月23日にルイス・ソテロ神父の生地セビリアで熱狂的な歓迎を受け、アルハンブラを連想させるスペイン王室のアルカサル宮殿に宿泊しました。

世界遺産の街セビリア繁栄の象徴 カテドラル

カテドラルとヒエルダの塔

カテドラルとヒエルダの塔

セビリアはスペイン南部アンダルシア州の州都で、現在はマドリード、バルセロナ、バレンシアに次ぐ第4の都市です。

古代ローマ時代、「ヒスパリス」と呼ばれていたセビリアは、1958年に黄金製装身具などの「カラムボロの宝物」が発見されたことから、非常に古くから高度の文化が発達していたことが明らかになりました。

しかし、8世紀にはイスラムに征服され、800年近くイスラムの支配を受けました。

そして15世紀後半、スペイン王国が成立した後の大航海時代に、新大陸との交易の拠点となって繁栄しました。

海に面していないながらも大西洋へ注ぐグアダルキビール川が流れており、新大陸を発見したコロンブスがこの地から出発して貿易港となったことから、17世紀頃にはスペインで最も栄えていました。

当時の繁栄を記した文書やコロンブスの日記は、ルネサンス様式のインディアス総合文書館に収められています。

セビリアの世界遺産の目玉であるセビリア大聖堂(カテドラル)は、世界で三番目に大きく、世界最大規模のゴシック建築であり、外観も荘厳ですが、内部にはゴヤムリーリョなどの宗教画、探検家コロンブスの墓などもあり、その精巧さには圧倒されます。

コロンブスの棺は4人のスペイン王によって担がれていますが、王様が棺を担ぐほどにコロンブスの偉業はスペインに繁栄をもたらしたのです。

大聖堂内にあるコロンブスの墓

大聖堂内にあるコロンブスの墓

この大聖堂に隣接するヒラルダの塔はセビリアの象徴とも言える鐘楼ですが、これはイスラム建築のミナレットを活用したものです。

一方、「慶長遣欧使節関係資料」は2013年にユネスコ記憶遺産に登録されましたが、私は400年以上も前に、当時の大国スペインと通商を結ぼうとした政宗の慧眼と国際性、斬新で伊達な文化も日本人が世界にアピールすべき遺産であると思います。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.