イスラムの聖地サウジアラビアの世界遺産 ディルイーヤとサウード家 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座




平成芭蕉の世界遺産

イスラムの聖地サウジアラビアの世界遺産 ディルイーヤとサウード家

更新日:

Pocket

イスラムの聖地サウジアラビアの世界遺産 ディルイーヤのトライフ地区

イスラム教の始祖ムハンマドの生まれたイスラムの聖地

ディルイーヤ遺跡入り口

ディルイーヤ遺跡入り口

2017年、世界屈指の産油国であるサウジアラビアの国王が、46年ぶりに来日、事前に持ち込まれていた専用の電動タラップで羽田空港に降り立たれました。

サウジアラビアはメッカメディナというイスラム2大聖地をかかえたイスラム教発祥の国で、絶対君主制を敷くサウード家が厳格なイスラム戒律に基づいた統治を行い、初代のアブドゥル・アジズ(一般にはイブン・サウードで知られる)国王の息子たちがサウード家のアラビア王国として国王の座を継いできました。来日されたサルマン国王はサウード家の6代目国王です。

現在、サウジアラビアは日本人の観光ビザ発給を停止しており、日本人にとっては世界で一番入国が難しい国で、日本人はイスラム教の人を除いて入国はできません。

しかし、そんなサウジアラビアですが、2017年9月4日~9日に行われた日本対サウジアラビアのサッカーワールドカップ予選試合の観戦ツアーに参加すれば入国できたのです。

その理由は、サッカーの公式戦では相手国サポーターの受け入れが許されているからで、サウジアラビアに関心のある人は、このサッカー公式戦の際に行かれることをおすすめします。

サウジアラビアは厳格なイスラム国家で、例えばテレビチャンネルの1番では朝から晩まで聖地メッカの映像が流されており、ホテルの部屋にいてもメッカに来ている気持ちでお祈りができるのです。

サウード王家が最初に都と定めた世界遺産のディルイーヤ

ディルイーヤ遺跡サウード宮殿

ディルイーヤ遺跡サウード宮殿

そこで、今回は親日国サウジアラビアのサウード王家が最初に都と定めたディルイーヤの遺跡についてご紹介します。

ディルイーヤはサウジアラビアの首都リャド郊外に位置し、1744年から1818年には第一次サウード王国の都が置かれ、ワッハーブ運動の拠点ともなった都市です。

ワッハーブ運動とはイスラムの多数派であるスンナ派に対抗して、アブドゥル・ワッハーブが唱えた極端な禁欲主義的原始イスラム教への復古改革運動を指します。

1740年代前半、ディルイーヤを支配していたサウード家のムハンマド・イブン・サウードは、このワッハーブに共鳴し、ワッハーブ派イスラム教の守護者として彼の宗教改革を推進、1744年、ディルイーヤを都とする第一次サウード王国(別名ワッハーブ王国)を樹立したのです。

しかし、このサウード王国がメッカやメディナといった紅海沿岸まで領土を拡大するようになると、このヘジャズ地方の宗主国であったオスマン帝国の怒りに触れ、ディルイーヤはオスマン帝国の侵攻によって廃墟と化し、王国は滅ぼされてしまったのです。

その後、サウード家はリャドに移り、現王国の基盤を整備することになったのですが、ディルイーヤのトライフ地区には当時の城壁や砦の一部が残り、サアド・ビン・サウード宮殿などの歴史的建造物が復元されています。

報道によればサルマン国王の訪日の際には、王族や政府関係者など約1000人が随行されたと言われていますが、サウジアラビア国内にはいたるところに王族の肖像画が飾られ、国民から大変敬愛されていることが実感できます。

by 【平成芭蕉こと黒田尚嗣】

 

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の世界遺産

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.