信州上田・塩田平の日本遺産「レイラインがつなぐ聖地」 | 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

平成芭蕉の日本遺産

信州上田・塩田平の日本遺産「レイラインがつなぐ聖地」

更新日:

Pocket

信州上田・塩田平における聖地の「レイライン(妖精の鎖)」

信州最古の温泉別所温泉

関東の東国三社(香取神宮、鹿島神宮、息栖神社)は直角二等辺三角形を描いていましたが、今回訪れた信濃の古社、生島足島神社から信州最古の温泉とされる別所温泉にかけては、塩田平の前山寺、中禅寺などの古社寺が、ほぼ1本の直線上(レイライン)に並んでいます。

信州の鎌倉 塩田平のレイライン

すなわち、信州の上田・塩田平は、古来「聖地」として、多くの神社仏閣が建てられており、2020年、文化庁より「レイラインがつなぐ“太陽と大地の聖地”~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~」というストーリーで日本遺産に認定されました。

日本遺産「太陽と大地の聖地」

認定されたストーリーは「信州の学海」「神宿る『山』への祈り」「祈りの言葉は『アメ フラセタンマイナ』」「未来への懸け橋」の4節からなり、構成文化財は信濃国分寺跡、生島足島神社本殿、泥宮、前山寺三重塔、中禅寺薬師堂など市内の35件となっています。

レイラインと言えば、千葉県の玉前(たまさき)神社から竹生島元伊勢を経由して出雲大社に至る「太陽の道」が有名ですが、レイライン(ley line)とは、本来、古代遺跡などが直線的に並ぶように建造されているという仮説の上で、遺跡群が描く直線のことです。

聖地出雲に沈む夕日

聖地出雲に沈む夕日「太陽の道」

私はイギリスの古代文化に関心があって、ストーンヘンジや古代ブリトン人の遺跡を訪ねましたが、現地ではレイとは「妖精の鎖」を意味しています。イギリスが深い森に覆われていた古代においては、村と村とはこの直線状の道(レイ)が織り成すネットワークによって繋がっており、巨石や小高い丘は案内板の役目を果たしていたと言うのです。

信濃国分寺(八日堂)

信濃国分寺から生島足島神社を結ぶレイライン

私はまず、信濃国分寺に参拝しましたが、国分寺の本尊の多くが釈迦如来であるのに対して、信濃国分寺の本尊は薬師如来で、1月8日の縁日にちなんだ「八日堂のお薬師さん」の名で知られています。

信濃国分寺境内の芭蕉句碑

境内には芭蕉句碑「春もや々けしきと々のふ月と梅」も建っており、また、歴史に関心のある人には、関ケ原の戦いに臨む徳川秀忠の使者に対して真田昌幸がこの国分寺境内で会見し、和平を結んだと思わせ、油断した秀忠を破ったことも思い起こされます。

生島足島神社

信濃の古社、生島足島(いくしまたるしま)神社では、生きとし生きるもの万物に生命力を与える神「生島大神」と生きとし生けるもの万物を満ち足らしめる神「足島大神」の二柱が祀られています。

神島に鎮座する本社(上宮)

神島に鎮座する本社(上宮)

境内には、池に囲まれた神島に本社(上宮)が正面を北側に向けて建ち、それに向かい合うように諏訪神社(下宮)が建っています。神島にかかる橋は2つありますが、参拝するには左手にかかる石橋の参橋を渡っていきます。もう一つの朱色の橋は、「御神橋」といってこちらは神様の通る橋で、下宮の諏訪神が上宮に遷座する時のみ開かれるそうです。

諏訪神が渡る「御神橋」

真田信之が寄進したと伝わる諏訪神社の横には歌舞伎舞台があり、この中には、川中島での決戦を前に武田信玄が必勝を祈った「願文」や真田昌幸・信幸父子の「朱印状」など、数多くの文書が展示されており、歴史好きの私には興味深い場所でもあります。

信玄の「願文」が展示されている歌舞伎舞台

生島足島神社の次は、その旧跡とされる泥宮(泥をご神体とする宮)を参拝し、雪が降る寒い日でしたが、やはり「未完成の完成の塔」と呼ばれる前山寺の三重塔は見ておきたいと独鈷山(とつこざん)方面へ向かいました。

生島足島神社の旧跡「泥宮」

独鈷山山麓の名刹と信州の鎌倉「塩田平」

独鈷山は山頂に奇岩怪石が多く、妙義山に似ている事から「信州の妙義山」と呼ばれています。周辺は塩田平の水源地として古代より信仰の対象となり、独鈷山を信仰の起源とするのは前山寺だけでなく、中禅寺塩野神社も同様で信仰の深さと広がりを感じます。塩田平は年間降水量が1000ミリに満たない乾燥地で、水源地の源である独鈷山信仰は自然のなりゆきだったと思われます。

雪景色の前山寺

前山寺は独鈷山麓にあり、本尊は大日如来で、空海が護摩修行の霊場として開創した古刹です。私のお目当ての三重塔は、高さ19.5mで柿葺(こけらぶき)の立派な屋根はありますが、窓も扉もなく、また廻廊もないことから「未完成の完成の塔」と言われています。しかし、中央に須弥壇(しゅみだん)が置かれ、室町時代の和様・唐様の折衷様式で、雪化粧した姿からは自然と調和して完成する塔のように感じました。

前山寺三重塔「未完成の完成の塔」

近くの中禅寺も、空海が雨乞い祈祷のため、独鈷山山頂付近に草庵(護摩壇)を結んだのが始まりとされ、伝承では空海が独鈷杵(とっこしょ)を埋めた事から独鈷山と呼ばれるようになったとも言われています。

信州の鎌倉「中禅寺」

鎌倉時代に入ると中禅寺は、源頼朝や塩田地方で影響力のあった塩田北条氏の帰依により寺運が隆盛し、鎌倉時代初期に建てられた薬師堂は、中尊寺金色堂に類似する中部日本最古の御堂建築です。

中禅寺薬師堂

また、この周辺には前山寺の他に安楽寺や北向観音などの社寺が点在し、「信州の鎌倉」と呼ばれています。

レイラインという観点から古代遺跡を見るようになったのは、日本では数年前からですが、このレイラインという視点から古い神社仏閣を調べてみると、一見地味な信州上田・塩田平の古刹も海外の有名な遺跡にひけをとりません。

独鈷山の登山口に鎮座する塩野神社

特に生島足島神社のような木々に囲まれた静かで神秘的な雰囲気は、日本人だけでなく、海外から訪れた人々をもやさしく包み込むような包容力の深さを感じさせてくれます。

そして日本人がなぜ由緒ある神社仏閣に魅かれるのかがわかるような気がします。

レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~

日本遺産ストーリー 〔長野県: 上田市〕

信州最古の温泉といわれる別所温泉、国土・大地を祀る「生島足島神社」、大日如来・太陽を安置する「信濃国分寺」は1本の直線状に配置され、レイライン(夏至の朝、太陽が日の出の際に地上につくる光の線)を繋いでいる。

生島足島神社

生島足島神社は夏至には太陽が東の鳥居の真ん中から上がり、冬至には西の鳥居に沈む。太陽と大地は、この神秘的な光景をレイラインとして現代に遺した。

先人たちが、この地が特別であると後世に伝えようと遺した様々な仕掛けは、今も、訪れる人々にパワーをチャージさせる。

★関連記事:平成芭蕉の旅のアドバイス「旅して幸せになる~令和の旅」

私は平成芭蕉、自分の足で自分の五感を使って日本遺産を旅しています。

平成芭蕉の日本遺産

平成芭蕉の日本遺産

この「平成芭蕉の日本遺産」は、単なる日本遺産登録地の紹介や旅情報の提供ではなく、「平成芭蕉」を自称する私が、実際に現地を訪れて、地元の人と交流し、私が感じたことや認定されたストーリー対する私自身の所見を述べた記録です。

「令和の旅」へ挑む平成芭蕉

*「平成芭蕉の旅物語」サイトマップ参照

Follow me!

Pocket

令和の「平成芭蕉」

令和の「平成芭蕉」

-平成芭蕉の日本遺産

PAGE TOP

Copyright© 【黒田尚嗣】平成芭蕉の旅物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.