タイの世界遺産「スコータイ王朝と周辺の古都」 | 芭蕉さんの旅講座

世界遺産旅行講座

タイの世界遺産「スコータイ王朝と周辺の古都」

更新日:

Pocket

タイ族最初の統一国家スコータイ

「幸福の夜明け」を意味するスコータイ王朝の遊行仏

壬申の乱における大海人皇子の足跡を訪ね、宇治に立ち寄った際、「宇治橋の守り寺」と呼ばれる放生院(橋寺)でご本尊の「地蔵菩薩立像」を拝観する機会を得ました。

つややかな顔と所々に残る鮮やかな緑に彩色された衣が美しく、親しみ易さもあってとても感動を覚えました。しかしこの仏像をよくよく観察すれば、これは立像ではなく、前傾姿勢で右足を少し前に出した歩く姿の仏像でした。

歩く姿の仏像と言えば、やはりスコータイ美術の代表とされる遊行仏(プラ・リラー)が連想されます。そこで今回は「幸福の夜明け」を意味するタイ族による最初の統一国家スコータイの遺跡をご紹介します。

スコータイ王朝の対芸術文化

スコータイ王朝(13~15世紀)は第3代ラムカムヘン大王の時代に最盛期を迎え、クメール文字を改良してタイ独自の文字をつくり、陶芸を奨励し、南方上座部仏教を取り入れて今日のタイ芸術文化の礎を築きました。

遺跡の中心は東西1800m、南北1600mの城壁に囲まれた都城で、中には巨大なチェディ(仏塔)をもつ王室寺院ワット・マハータートなど多くの仏教寺院があり、スコータイ美術を代表する各種の仏像が残っています。また、その東側に隣接する宮殿跡からは玉座や最古のタイ文字が記された石碑なども見つかっています。

4つの態勢(アリヤーボット)と釈迦遊行仏(プラ・リラー)

タイでは生活の基本となる4つの体勢をアリヤーボット・シーと言いますが、これは人が生まれて最初の横になる体勢、第2に座る体勢、第3に立つ体勢、そして第4の歩く体勢を指し、この4つの体勢(アリヤーボット)がタイの仏陀像に反映されているのです。プラ・ノーン(横になった仏陀像)、プラ・ナン(座った仏陀像)、プラ・ユーン(立った仏陀像)、プラ・リラー(優雅に歩く仏陀像)という4大ポーズはスコータイ王朝時代に成立し、仏像はこの4大ポーズをベースに発展してきたのです。

しかし、数ある仏像の中でもやはり歩く姿の仏像が一番美しいとされ、スコータイ遺跡のワット・サスィー境内にある青銅製の釈迦遊行仏(プラ・リラー)こそがスコータイ文化のシンボルなのです。

私はタイで少年僧の托鉢行に出会った際、その歩く姿からプラ・リラーを連想しましたが、同時にタイの未来への躍動を感じました。

やはり美しい「歩く姿」は前進、向上、発展を示唆するのでしょう。

橋寺の「歩く地蔵菩薩像」を拝観し、改めて立ち止まることなく挑戦を続けたいと思いました。by【平成芭蕉

Follow me!

Pocket

-世界遺産旅行講座

Copyright© 芭蕉さんの旅講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.