[2ページ目] 2018年6月 | 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座

「 月別アーカイブ:2018年06月 」 一覧

文化庁認定日本遺産「ストーリー」旅の楽しみ方

日本遺産の旅は「ストーリー」を追体験する「試住の旅」 旅に出る理由は「人生がただ一度であることへの抗議」 人生は一度限りなので無限の可能性の中から1つしか生きることができません。 よって私は別の土地に ...

ウズベキスタンの世界遺産は美しい青の都 「サマルカンド」

シルクロードの要衝として文化が交差したサマルカンドは「地球上でもっとも美しい」と歌われたティムールが築いた都です。 一年を通じて青空の日が多く、平和を象徴する青いタイルで装飾されたモスクなどの歴史的建 ...

女王陛下の国イギリスおすすめの世界遺産はロンドン塔

ロンドン観光のハイライトとなっているロンドン塔は1000年以上の歴史があり、世界最大級のカットダイヤモンド「カナリン」でも有名ですが、たくさんの人が処刑された中世の城塞でもあります。 正式には「女王陛 ...

ザンビア、ジンバブのエ世界遺産「ヴィクトリアの滝」

探検家リヴィングストンが讃えた「ヴィクトリアの滝」 世界三大瀑布の1つ「ヴィクトリアの滝」 ヴィクトリアの滝は南アメリカのブラジルとアルゼンチンにまたがるイグアスの滝、北アメリカのアメリカとカナダにま ...

フランスの世界遺産「パリのセーヌ河岸」

今日の美しいいパリ市街は、凱旋門を建てたナポレオンの甥であるルイ・ナポレオン(ナポレオン3世)が、ジョルジュ・オスマンをセーヌ県知事に任命し、その原型を作らせたものです。 しかし、今やパリはフランスの ...

中欧チェコの世界遺産 「チェスキークルムロフ」

珠玉のように美しいボヘミアの町 チェスキー・クルムロフ ヨーロッパ有数の美しい町「チェスキー・クルムロフ」 5月から6月にかけてのヨーロッパは、花が咲き始め、新緑とのコントラストが非常に美しく、とりわ ...

世界遺産スイスアルプスの牧草地とユングフラウ鉄道

「アルプスの少女ハイジ」の世界が広がる美しい牧草地、ユングフラウヨッホやアレッチ氷河といった雄大なスイスアルプスの自然を満喫できるのは「五月祭」以降です。 標高4158mの「ユングフラウ」はアルプスの ...

タージ・マハル廟

インドおすすめの世界遺産「タージ・マハル」

行くと人生観が変わると言われるインドですが、ひとつの国というよりは、色とりどりの魅力を持つ変化に富んだ小さな国の集合体です。 日本ではありえないことがインドでは当たり前のように行われています。そんなイ ...

エジプトおすすめの世界遺産 ピラミッドとアブ・シンベル神殿

アブ・シンベル神殿は、アスワン・ハイ・ダムの建設により、ナイル川の底に沈む運命でしたが、ユネスコが世界に呼びかけた結果、丘の上に移され、この価値ある遺跡が守られたことから世界遺産の概念が生まれました。 ...

「港」をテーマとした旅~北前船で賑わった江差と引揚船の舞鶴

「江差追分」と「岸壁の母」の舞台となった港を巡る 世界三大美港と日本の港の歴史 「港」といえば世界三大美港と称されるオーストラリアのシドニー、ブラジルのリオデジャネイロそしてアメリカのサンフランシスコ ...

芭蕉さんの「おそれ」と西行法師の「かたじけなさ」

2018/06/08   -芭蕉さんの旅行術

「おそれ」を克服した芭蕉さんの旅 西行法師の「かたじけなさ」と「畏れ(おそれ)」 私には「おそれ」という言葉から連想される歌があります。それは西行法師が伊勢神宮で詠んだと伝わる次の歌です。 「なにごと ...

「再訪」をテーマとした旅~旅する人の特権は「再訪」の想い

平成芭蕉の旅における究極のテーマは「再訪」 旅は一度限りの人生への挑戦 「人はなぜ旅に出るのか」と問われれば、私は「人生がただ一度であることに対する挑戦」と答えたいと思います。 すなわち、人生は一度限 ...

「あの世」をテーマとした旅~「黄泉の国」と日本のピラミッド

平成芭蕉の「死後の世界」をイメージする旅 「常世の国」と「黄泉の国」 「あの世」すなわち霊や死後の世界という概念が最初に歴史に登場したのは、古代エジプトの「死者の書」です。 古代エジプトでは霊魂は死後 ...

「地図」をテーマとした旅~伊能忠敬と松浦武四郎の足跡巡り

貴重な「地図」と旅行案内書を残してくれた伊能忠敬と松浦武四郎 地図こそが国の重要機密 2018年は江戸時代に正確な日本地図を描いたことで有名な伊能忠敬の没後200年に当たります。 彼は佐原の伊能家の跡 ...

「空」をテーマとした旅~ナスカの地上絵とテカポ湖の星空

快適な空の旅は城達也「ジェットストリーム」と「兼高かおる世界の旅」 空の旅を広めた城達也さんと「兼高かおる世界の旅」 今日、機内で「快適な空の旅をお楽しみ下さい」とアナウンスがあれば、音楽を聴きながら ...

「万葉集」をテーマとした旅①~額田王「熟田津」と防人の太宰府

犬養孝先生に学んだ「万葉集」の旅 「万葉集」の歌は心の音楽 『万葉集』は一般庶民から貴族、天皇に至るあらゆる階層の人が見事に謳いあげた民族詩の金字塔で、日本人の心の古典でもあります。 そして「万葉」と ...

「巡礼」をテーマとした旅~伊勢のおかげ参りと四国遍路

平成芭蕉の旅の原点は「巡礼」 「巡礼」という言葉の意味 「巡礼」といえばイスラム教徒のメッカへの巡礼(ハッジ)やキリスト教徒が目指すエルサレム、サンチャゴ・デ・コンポステーラなどへの巡礼を思い浮かべま ...

Copyright© 【黒田尚嗣】芭蕉さんの旅講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.